当院の新型コロナ対策

2週間でも脚やせが叶う!その秘訣とビフォーアフターを徹底解説

「脚やせ」は女性にとって、いつまでも叶えたい願望の1つです。

さらに脚やせを2週間という短期間で達成したいというのもリアルな願望です。

 

しかし、脚やせを2週間で目指そうとすると、それなりの知識が絶対に必要です。

なぜなら、脚やせの知識がないままでの実践は、非常にリスクが高いからです。

間違った方法を実践してしまうと、逆に脚は太くなる可能性があります。

 

そこで、2週間で脚やせが実現出来る知識を分かりやすく解説します。

また同時に、その知識を実践した脚やせビフォーアフターもご紹介します。

 

2週間でも脚やせ効果は出せる?

まず最初に知っておきたいのが、短期間で足を引き締めるのは難しいという点です。

なぜなら、筋肉を付けて、脂肪が減るのには2ヶ月ー3ヶ月は確実にかかります。

しかし、足全体の歪みを整えることで「見た目」は綺麗に変えられます。

見た目は短期間でも綺麗に変えられるので、2週間で脚やせも目指せます!

 

実際の足の太さを変えるのは難しい

まずは「足が細くなる流れ」をしっかりと知っておきましょう。

  1. 足の脂肪を燃焼させる為には、毎日20分以上の有酸素運動が必要
  2. 毎日有酸素運動を継続して、足の脂肪は2ヶ月ー3ヶ月かけて燃焼される

足の脂肪燃焼の為には、毎日有酸素運動を行わないと脂肪は減りません。

 

継続的に有酸素運動を行っていくことで、脂肪も徐々に燃焼します。

脂肪燃焼にも時間が必要ですので、この積み重ねが2ヶ月ー3ヶ月と必要です。

つまり、足の脂肪だけを取る「部分痩せ」は難しいという事も知っておきましょう。

 

しかし足の太さを細くする為にも、ある一定の脂肪を落とすことは必要です。

この場合、体脂肪率を目安にして「22%ー25%」を目指すとオススメです。

シンプルに体脂肪率が高すぎると、見た目が太って見えてしまうからです。

だからこそ、体脂肪率を目安に落とす事が大切です。

※体脂肪率を18%以下にすると月経が止まる場合があるので注意しましょう

 

「2週間で〇〇キロ減量!」など、体重を減らしてまで足を細くする必要はありません。

短期間で体重が落ちるのは、体内の水分量が大きく減っているだけです。

短期間で食事制限して痩せるのは非常に不健康なので、オススメしません。

 

脚やせ=脚の細さではない

上記で紹介した内容を踏まえて、脚やせで重要なのは、

  • 脚やせ=脚の細さではない

このポイントをちゃんと知ってお苦ことです。

 

脚やせと聞くと、どうしても脚の細さばかり注目されてしまいます。

脚が細ければ、全てOKという訳ではありません。

本当に美しい脚というのは、下記の内容をクリアしています。

  • 脚のラインに歪みがない
  • 脚の筋肉がバランス良く付いている

だからこそ、脚の細さばかりにこだわってはいけません。

 

例えば、足全体が内側に捻れた「内股」になると、お尻横が出っ張ります。

お尻横が出っ張ってしまうと、足全体が太く見えてしまう原因に繋がります。

逆に、足全体の捻れがなく正面に向くと、出っ張りがなくなり細く見せれます。

 

脚のラインを整えることで、綺麗な見た目に変えることが出来ます。

短期間で脚やせを実現する為にも、「細さ」よりも「見た目」にこだわりましょう。

 

2週間で結果を出すなら見せ方を変える

短期間で脚やせする為にも、「見た目」を変えることが重要だとお伝えしました。

特に脚やせの為にも徹底的に「脚の歪み」を絶対に無くしたいです。

 

脚の歪みでよくある項目が下記になります。

  • 骨盤の位置の歪み
  • 股関節の捻れによる歪み
  • 膝下の捻れによる歪み
  • 足首の捻れによる歪み
  • 上半身の姿勢の歪み

これらの歪みが起こると、脚の見た目は大きく崩れてしまい、太く見えます。

 

このような歪みが起こさない為にも、姿勢を正しく整える事が大切です。

  • 骨盤が前方に移動しないように、下腹を薄く凹ませてキープする
  • 左右のお尻を締めながら、股関節を外へ捻ってキープする
  • 土踏まずが潰れ過ぎないように、足首を外に傾けてキープする
  • 胸を軽く持ち上げて、首を引き伸ばしたままキープする

このように、姿勢の歪みを意識すると徐々に見た目が美しくなっていきます。

 

しかし、このように脚の歪みをご自身でチェックして見極めるのは非常に難しいです。

さらに、どのように歪みを修正するのか、根本的な運動方法も分かりません。

だからこそ、足の歪みが起きている根本的な原因をプロにしっかりと教えてもらいたいです。

専門家は、脚の歪みを正しくチェックして、正しい脚のラインを教えてくれます。

 

さらにエクササイズを行う際、正しいフォームの部分まで細かく指導してくれます。

間違ったフォームでのエクササイズは、脚を太くする原因に繋がるからです。

短期間で脚やせを実現する為にも、専門家からの適切な指導を受ける事をオススメします。

 

2週間で脚を美しくする5つの秘訣

2週間で脚やせする為にも「見た目」を変える事が大切だとお伝えしました。

そこで「見た目」を美しくする5つの秘訣をご紹介します。

  1. 脚が太く見える原因を知る
  2. 骨盤の歪みを整える
  3. 脚の使い方を見直す
  4. 上半身の使い方を見直す
  5. 専門家に見てもらう

1つずつチェックしてみましょう。

 

脚が太く見える原因を知る

まずは、ご自身の脚が太く見えてしまう原因を知る事が大切です。

意外にご自身の脚が太く見えてしまっている原因を知らない女性が多いです。

主に、脚が太く見える原因は下記になります。

  • 片足重心で立っている
  • 普段から内股で歩いている
  • 常につま先重心で過ごしている
  • 長時間、猫背姿勢で座っている

あなたも当てはまっている項目がありませんか?

 

脚が太く見えてしまう原因は「ライフスタイル」が大きく関係しています。

ライフスタイルは個人差がありますので、ご自身に当てはまる項目をチェックしましょう。

当てはまる項目が多いほど、脚が太く見えやすくなるので要注意です。

その為にも、普段からのライフスタイルでの「姿勢の歪み」を無くす事が大切です。

 

骨盤の歪みを整える

脚が太く見えてしまう原因に「骨盤の歪み」が挙げられます。

特に骨盤の歪みで多いのが「骨盤の前傾」です。

骨盤の前傾とは、骨盤が前に過剰に傾いてしまう姿勢です。(=反り腰)

 

骨盤が前傾してしまうと、骨盤全体の重心が前に移動しやすくなります。

骨盤全体の重心が前に移動すると、つま先重心にもなります。

つま先重心になると、太もも前・ふくらはぎが常に緊張して、脚が太くなる原因に繋がります。

 

脚やせの為にも、骨盤の歪みを正しく整える事は大切です。

骨盤の歪みを整える為にも、骨盤周りの筋肉をストレッチで柔らかくしましょう。

 

脚の使い方を見直す

脚の見た目は「ライフスタイル」の影響を大きく受けます。

つまり、普段からの脚の使い方をちゃんと見直すことが必要です。

 

よくある間違った脚の使い方の事例として挙げられるのが、

  • 座る時、足を組んで座っている
  • 立っている時、常に片足重心である
  • 歩いている時、内股姿勢である

主にこの3つが考えられます。

 

このような間違った方法を減らすためにも、普段から下記のように意識しましょう。

  • 座る時に脚を組む場合、脚を組まずに左右のお尻へ体重を乗せて座る
  • 常に片足重心で立っている場合、均等に両足へ体重を乗せて立つ
  • 内股で歩いている場合、つま先・膝を外へ向けて歩く

脚の使い方がクセになると、脚の見た目が崩れる原因になります。

1つでも当てはまっていたら、すぐに意識しながら習慣化しましょう。

 

上半身の使い方を見直す

上半身の使い方でクセになりやすいのが「猫背」です。

猫背は、背中から骨盤にかけて丸まった姿勢になる状態を指します。

 

実は猫背になると、お尻が全く使えない姿勢になります。

さらに普段から長時間座っていると、よりお尻が使えなくなります。

お尻が全く使えないと、お尻はどんどんたるんでしまい、大きくなります。

 

お尻が使えないと、代わりに太もも前・外が常に緊張して、脚が太くなる原因に繋がります。

猫背にならない為にも、お尻を鍛えて骨盤を正しい姿勢を保てるようにしましょう。

 

専門家に見てもらう

脚やせを短期間で実現する為にも「正しい脚やせの知識」が必要です。

その為にも、専門家に見てもらうのがオススメです。

 

専門家に見てもらうとオススメな理由は下記になります。

  • 現在の姿勢の歪みを細かくチェックしてくれる
  • 姿勢の歪みが起きている原因を明確にしてくれる
  • 原因を解決するエクササイズ方法を教えてくれる
  • 正しいフォームでエクササイズを指導してくれる
  • あなたのライフスタイルに合わせた運動を提案してくれる

専門家に見てもらう事で、これらの良い点があります。

 

特に、脚やせを短期間で実現する為にも「姿勢の歪み」の見極めはとても重要です。

専門家に見てもらうことで、姿勢の歪みを細かくチェックしてもらえます。

その結果、意外な部分に脚が太く見えてしまっていた原因が見つかります。

 

姿勢の歪みチェックは、専門家に見てもらわないと絶対に分かりません。

ご本人が鏡でチェックしても、なんとなく見た目の雰囲気でしか判断が出来ません。

専門家に見てもらえれば、ご自身でチェックが出来ない部分まで見てもらえます。

本気で短期間で脚やせを実現したい場合は、専門家から適切なアドバイスを貰いましょう。

 

2週間で脚やせ本気で目指すならミスリル

これまでご紹介した内容を踏まえて、短期間で脚やせを目指したい方は専門家に頼りましょう。

その中でもオススメなのが脚やせ専門スタジオの「ミスリル」です。

 

ミスリルは、脚やせ専門スタジオであり、マンツーマンにて指導を受けれます。

大きな特徴として、鍛えて脚やせを行うのではなく、骨格を整えて脚やせを行う点です。

骨格を整える為にも、脚の姿勢チェックも徹底的に行ってくれます。

細かい脚の捻れなどの歪みを整えながら、エクササイズ指導を行ってくれます。

 

また指導してくれる専門トレーナーも実績が豊富です。

これまでに、ミス・ユニバースなどでモデルの方々へのトレーニング指導も行っています。

モデルへの指導があるという事は、それだけトレーニング内容も支持されている証拠です。

短期間で脚やせを本気で目指したい方は、ミスリルでレッスンを受けられるのがオススメです。

 

ミスリルの脚やせビフォーアフターをチェック

上記でご紹介したミスリルでのビフォーアフター写真もご紹介します。

下記のお写真は、40代女性のお客様のビフォーアフター写真です。

 

変化しているポイントとして、

  • お尻ともも裏の境目が綺麗に引き締まった
  • お尻横の出っ張りがなくなってスッキリした
  • 内ももの隙間がくっついて、脚が真っ直ぐになった

これらが大きく変化している点です。

 

このビフォーアフターの特徴は、なんと60分でここまで変化したという点です。

主に、骨盤・股関節の捻れによる歪みを修正した事で見事に変化しております。

脚の歪みが引き起こると、どれだけ脚を太く見せてしまうのかを証明している写真です。

だからこそ短期間で脚やせする為にも、脚の歪みを無くす事が大切になります。

 

2週間で脚やせが叶う方法〜自宅編〜

ここでは自宅で簡単に行える「脚やせの為のストレッチ・トレーニング」をご紹介します。

あなたの目的に合わせた運動方法を選びましょう。

 

骨盤のストレッチ

こちらの種目は「骨盤の歪みを整える為のストレッチ」です。

普段から、骨盤が歪んでしまう姿勢を作っている方にオススメのストレッチです。

  1. 仰向けに寝る
  2. 両手で片足を抱える
  3. もう一方の足を伸ばしてキープ
  4. 5秒経ったら反対の足に組み替える

左右合わせて5秒×5セットずつ行います。

※ツールがない場合は、床の上で行ってOK

※足を抱えた時、お尻が床から浮きすぎないように注意します

 

お尻のトレーニング

こちらの種目は「お尻を引き締める為のエクササイズ」です。

普段から、姿勢が崩れたり、内股で歩いている方にオススメのエクササイズです。

  1. 膝の角度を45度で行うエクササイズ
  2. 膝の角度を90度で行うエクササイズ
  3. 上の足を伸ばしたまま上下するエクササイズ

※足を動かす際、骨盤が後ろへ倒れないように注意します

※骨盤が丸くならないように軽く反らせます

 

まとめ

今回は、短期間で脚やせを目指す為に必要な方法をご紹介しました。

少しリアルな内容もありましたが、本気で脚やせを目指す為には欠かせない部分でもあります。

短期間で脚やせを行う為にも「脚の歪み」をいかに解消出来るかが大きなポイントです。

本気で脚やせを目指したい方は、ぜひ専門家のアドバイスを貰いましょう。


私たちの経験から、あなたの症状を改善させるための動画をプレゼントしています。

完全無料ですが、痛み改善に効果的な方法をお伝えしていますので、ぜひお受け取りください!

 

理学ボディ店舗一覧・ご予約

エリアをクリック(タップ)すると展開します

北海道エリア

【北海道】

東北エリア

【福島県】

関東エリア

中部エリア

【愛知県】

【静岡県】

【岐阜県】

【三重県】

【石川県】

近畿エリア

中国エリア

【広島県】

九州エリア

【福岡県】

【鹿児島県】

改善動画アイキャッチ画像

【各店舗の住所や地図も確認できます】