シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

アキレス腱に靴があたって歩くと痛い方の原因がわかりました

 
アキレス腱に靴あたって痛い方へ
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

 

歩くとアキレス腱に靴が当たって痛いんです。

Yさん

 

最初これを聞いた時、靴ズレかな?と思いました。

 

でもお話を聞いていくとどうも違うみたいなんです。

 

皮膚がスレて痛いとかではなくて、踵の上あたり?アキレス腱っていうのかな?その辺りが靴に当たってズキズキ痛いんですよ。それ以外は、飛んでも跳ねても痛くないし、裸足なら何しても痛くないんです。

Yさん

 

ん?そんなことってある??

 

正直、最初私も戸惑いました。

 

病院に行っても、お医者さんにはなんともないですね。わかりません。とりあえず湿布出しときますね。と言われるだけでよくわからないんです。これは何なんでしょう?

Yさん

 

確かにこれは医者も困るだろうなー。と思いました。

 

通常のアキレス腱炎やアキレス腱周囲炎であれば、ジャンプしたり走ったり何かしらの動きで痛いはずなのです。なのに靴さえ履かなければ何をしても痛くない。

 

それなのに靴があたっただけで痛い。というのはあまりないケースです。

 

案の定、

 

どこに行っても原因はわからないけど、とりあえず湿布貼って安静にしておきましょう。

 

になってしまうとのことでした。

 

 

ん〜〜〜困った。

 

 

私も最初焦りました。

 

 

 

ですが結論から言うと、

 

 

この症状、筋膜調整で治りました!

 

なので、今回は同じように『靴を履いて歩くと靴があたってアキレス腱あたりが痛い』悩みを抱えている方に、この改善したケースを知っていただきたくて、今記事を書いています。

 

アキレス腱に靴があたって歩くだけで痛い方の痛みの原因は何だったの?

 

まずこのYさん、病院や整骨院、鍼灸院などどこに行かれても、『原因はよくわからない』と言われていたそうです。

 

正直私も最初はわかりませんでした。

 

なぜなら、アキレス腱自体はそれほど硬いわけでもなく、腫れてもいません。

 

特別普段スポーツをやっているわけでもありません。

 

  • ジャンプをしても
  • 小走り(裸足で)しても
  • アキレス腱を伸ばすよな体勢をとっても

 

全く痛みはありません。

 

 

ただ靴を履いて歩いた時だけ、アキレス腱のあたりが靴とあたって痛いのです。

 

 

正直私もよくわかりませんでしたが、治療を終えて痛みが改善した今はこう考えています。

 

やっぱり、アキレス腱炎の一種なのかな。

木城

 

 

何らかの理由で、アキレス腱のテンション(張力・ハリ・緊張のようなニュアンス)が強くなりすぎていて、そこに靴による物理的な刺激が加わることで痛みを出していた。

 

アキレス腱に靴あたって痛い

※Yさんの写真は撮ってないので、これは私の靴と足です。

 

良くなった結果を見てからの後付けにはなってしまいますが、こう考えるのが1番妥当かなと考えています。

 

アキレス腱に靴があたって歩くだけで痛いYさんに対して私がしたこと

 

私はYさんに対して、筋膜調整をしました。

 

この時点では明確な原因は特定できていませんでしたが、筋膜のバランスが整うことで、この痛みも改善できるかもしれない。

 

そう考えました。

 

アキレス腱に靴があたって歩くだけで痛いYさんの筋膜の状況

 

 

早速Yさんの筋膜の状況をチェックしていきました。

 

アキレス腱に靴あたって痛いYさんの筋膜の状態

 

後面の外側の筋膜のラインに硬さが見られました。

 

このラインはよくアキレス腱炎の方が硬くなりやすいラインです。

 

アキレス腱に靴あたって痛いYさん

 

この硬くなった後面外側の筋膜に対して、筋膜調整を行なっていくことにしました。

 

筋膜調整の詳しいやり方や理論を知りたい方は、▼をご覧ください。

 

 

実際にYさんに対しても筋膜調整を行なっていくと・・・

 

 

 

靴を履いて歩いても痛みがなくなりました!

 

お話を聞いてアキレス腱を診させてもらった段階では、一見アキレス腱炎ではなさそうな状況でしたが、

 

やはり、後面かつ外側の筋膜が硬くなったことでアキレス腱を上方に引っ張る力がかかり続け、アキレス腱のテンション(張力・ハリ・緊張のようなニュアンス)が強くなりすぎていた。

 

そして、そこに靴による物理的な刺激が加わることで痛みを出していた。

 

ということが言えると思います。

 

 

〜4日後〜

 

Yさんからメールをいただきました。

 

アキレス腱に靴があたって痛いY様から連絡

 

以下、Yさんからのメール(原文のまま)

こんばんは。クリスマスイブに施術を受けたYです。
その後の足の調子ですが、3日くらいから靴を履いても痛くなくなりました。ただ、先生にゴリゴリされたところがまだ痛いので完治したかは判断しかねますが…。まだヒールは履いていませんが、スニーカーは履けてます。ありがとうございました!

 

とのことでした。

 

 

※筋膜調整は、先ほどのアニメーション動画を見ていただけるとわかる通り、1度炎症反応を起こさせるため、治療した部位が数日痛いです(揉み返しのような触れば痛い感じ)。

だいたい72時間ぐらいで炎症反応が治まってくると言われています。そのため72時間は炎症反応による熱でヒアルロン酸の分子が小さくなっていっている期間となり、この期間も治療中と思っていただければいいと思います。

 

まとめ

 

歩くとアキレス腱らへんに靴があたって痛い方

 

どこに行っても

 

「原因はわからない」

 

「とにかく安静にするように」

 

「湿布を貼るように」

 

と言われていると思います。

 

でもなかなか良くなりませんよね?

 

 

これの原因は実は筋膜でした。

 

筋膜を調整することで、この靴があたって痛い状態は改善できます。

 

お役に立ちたいです。

 

原因不明で諦めてしまう前に、1度ご相談ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2018 All Rights Reserved.