シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

ランニングによるアキレス腱炎の痛みが治らない方の治療方法

 
アキレス腱の痛いランナーの方の改善報告
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら
  • 走ると踵の上が痛い
  • 最近は歩いたり階段を昇り降りするだけでアキレス腱が痛い
  • 病院に行くとアキレス腱周囲炎と診断されて、電気をかけたけど、全くよくならない
  • 来月ハーフマラソンなのに・・・

 

辛いですよね。

 

私も学生時代大会前に怪我をして、練習したいのにできなかった経験があるのでお気持ちよくわかります。

 

アキレス腱が痛い方からよく聞くのが、

 

「病院や整骨院で、アキレス腱のストレッチやマッサージを教わったので毎日やっています」

 

というお話。

 

でもストレッチやマッサージをしてもあまりよくならないですよね

 

ストレッチはむしろそれ自体が痛くないですか?

 

そうなんです。

 

ストレッチやマッサージはあくまで対症療法。

※対症療法とは、障害の原因を取り除くのではなく,病気によって起きている症状を一時的に和らげたり、なくしたりする治療法

 

その場では少し楽になっても結局また痛くなってしまいます。

 

じゃあどうしたらいいのー?

Aさん

 

アキレス腱の痛みの根本的な改善には、筋膜調整が非常に有効です。

 

私はアキレス腱の痛い方に対して筋膜の調整を日々行っており、概ね結果も良好です。

 

そこで、今回はアキレス腱の痛みが筋膜調整で改善したマラソンランナーの方の報告をさせていただきます。

 

ランニングによるアキレス腱炎の痛みにマッサージやストレッチなどの治療法は有効か?

 

アキレス腱が痛いときに、マッサージやストレッチを行うように指導されるケースが多いかと思いますが、まずこれについて説明させてください。

 

アキレス腱のマッサージ

 

結論から言うと、アキレス腱のマッサージは対症療法になってしまいますが、これはやってみた方がいいです。

 

アキレス腱周囲炎になると、アキレス腱が血行不良になってカチカチに硬まっています。

 

なのでここをマッサージすることで、1次的にはかなり効果があります。

 

ただしこのマッサージのやり方がとても大事なのでここで説明させていただきます。

 

アキレス腱マッサージ

 

▲の画像のようにアキレス腱を両手の親指と人差し指でつまんで、上下に引き離すように引っ張ります。

 

これ結構痛いです。

 

痛いですが、カチカチに硬まり血液循環が悪くなったアキレス腱の血行が回復して、そのあとかなり楽になるのでやってみてください。

※ただし、これでは根本的な原因は解消されていないので、これだけでは効果は一次的と思ってください。

 

アキレス腱のストレッチ

 

これは単刀直入に言うと、既にアキレス腱が痛い方はやらない方がいいです。

 

アキレス腱の痛みは、アキレス腱が引っ張られ続けて、その負荷に耐えられなくなって痛みが出ています。

 

アキレス腱のストレッチというのは、引っ張られ続けたアキレス腱をさらに引っ張ることになってしまうため、逆効果になってしまうことがあります。

 

また、▼の画像のように、アキレス腱の一部が固まってしまっていると、その固まった部分よりも下のアキレス腱は伸びません。

 

アキレス腱ストレッチ

 

なので、アキレス腱が既に痛い方は、まずマッサージの方を行ってください。

 

もちろん、まだアキレス腱が痛くない人が、予防のためにアキレス腱のストレッチをすることは良いことなので、治ったらやってみてください。

 

ランニングでアキレス腱炎の痛みが発生する原因

アキレス腱炎

 

アキレス腱の痛みは、すごく簡単に言うと、アキレス腱が引っ張られ続けて、その負荷に耐えられなくなって痛みが出ています。

 

ランニング中だと、足が着地してから蹴りだすまでの間に負荷がかかり続けます。

 

ランナーの方に限らず、スポーツをしている方はなりやすいです。

 

アキレス腱炎の痛みがある時にやってはいけないランニングフォーム

 

アキレス腱炎の痛みがある時に絶対にやってはいけないランニングフォームがあります。

 

それは・・・

 

つま先から地面に接地する、いわゆる『つま先走り』です。

 

つま先接地では、アキレス腱に力が入り縮んだ状態で足が接地しますが、次の瞬間体重によって思いっきり引き伸ばされます。

 

これが繰り返されるとアキレス腱は相当なダメージを受けます。

 

もしあなたがこのような走り方でアキレス腱が痛い状態だった場合、すぐにこの走り方を、かかと接地に変えてください。

 

このかかと接地の場合は、着地前からアキレス腱はある程度伸びているので、体重がかかってもつま先走りほどは深刻な影響はありません。

 

ランナーのアキレス腱の痛みを治すにはどうしたらいいの?

 

アキレス腱の痛みには、筋膜調整が非常に有効です。

 

アキレス腱を引っ張っている硬くなった筋膜を調整することで、アキレス腱への負荷がなくなり、痛みが改善します。

 

筋膜調整については▼の記事や動画に詳しく書いていますので、こちらをご覧ください。

 

 

筋膜調整とは?

 

ランニングによるアキレス炎の痛みが筋膜調整の治療によって改善したケースのご紹介

 

マラソンが趣味というランナーのUさん

以下、Uさん談

10/15にハーフマラソン、12/3にフルマラソンなんです。

 

なのに最近アキレス腱が痛くて走るどころか、階段の昇り降りでも痛みが出るようになってしまいました。

 

左のアキレス腱をかばっているせいか、最近は右の膝も走ると痛みが出ます。

 

来週のハーフは最悪あきらめてもいいけど、12月のフルは絶対出たいので、練習期間も考えるとなるべく11月までには完全に治したいです。

とおっしゃっていました。

 

実際にUさんのアキレス腱の状態を確認すると

 

アキレス腱腫れ

アキレス腱部分がぷっくっと腫れあがっていました。

 

画像だとわかりずらいですが、普段診るアキレス腱炎の中でもここまで腫れているケースはなかなか珍しかったので、これで来週ハーフマラソンに出ようとしていたことに驚きました。

 

痛い動きを伺うと、階段を降りる時が痛いとのことだったので、実際に動きを見させていただくと・・・

 

 

普通に降りると痛いので、最近は横向きで降りているとのことでした。

 

正直この状態で来週20Kmも走ろうとしている、Uさんのランナーとしての気持ちの強さに感服いたしました。

 

次にUさんの過去のケガの経験を細かく聞いていくと

 

10年以上前から慢性的に腰痛があり、半年前くらいに左膝を痛めているとのことでした。

 

筋膜の硬さは過去に痛めたところの周りにできやすいので、腰・左膝を中心に下肢の筋膜の硬さをチェックしていきました。

 

すると▼の図の位置に筋膜の硬さが見つかりました。

Uさん 筋膜

 

ここを入念に筋膜調整していきます。

 

すると・・・

 

アキレス腱腫れ消失

 

なんとアキレス腱部の腫れが消失しました。

 

1回の施術でここまで腫れが引くとは・・・。正直私も驚きました!

 

階段を普通に降りてもらっても

アキレス腱炎Uさん階段降り施術後

 

痛みがでなくなりました。

 

ひとまず筋膜調整は成功です。

 

ただし、まだ数日たってまた痛くなる可能性もあるので、後日1度軽く走ってみてから、来週のハーフマラソンをどうするかは決めましょう、ということでお話をさせていただきました。

 

1週間後・・・

 

Uさんから連絡がありました。

 

以下、内容

先日は大変お世話になりました。
施術していただきありがとうございました。
土、日、月と休んで水曜日に7キロを走り、特に問題はありませんでした。
そして今日、ハーフマラソン完走しました(≧∇≦)
少し、違和感はありましたが、腫れもなくペースもいい感じで走りきれました。
本当にありがとうございました。

 

なんと無事ハーフマラソン走れたそうです。

 

まだ少し違和感が出てしまったようですが、1回の施術でとりあえずハーフマラソン完走できたようでよかったです。

 

まとめ

しつこいようですが、アキレス腱の痛みには筋膜調整が有効です。

 

  • 自分でストレッチやマッサージをしてもなかなかアキレス腱の痛みが良くならない方
  • 病院や整骨院に行ってもまだ痛いという方
  • 来週のハーフマラソンや試合にどうしても出たいというスポーツ選手の方

 

力になれる自信があります。

 

ぜひ1度私の筋膜調整を受けてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.