シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

施術方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、青山で理学療法士の資格をもったパーソナルトレーナーとして活動しています木城です。

 

私は理学療法士になってから今まで、さまざまな施術方法を勉強してきました。

 
筋肉を緩めるマッサージやストレッチ、関節を直接動かす関節モビライゼーション、神経に働きかける神経モビライゼーション、皮膚運動学を基にした皮膚へのアプローチ、等の徒手療法。

 
アスリートへのトレーニングや、ピラティスやヨガ、コアトレーニング等の運動療法。

 

これ以外にも良いと思ったものは何でもやってみました。

 

その結果最近たどりついた施術方法が、『筋膜』へのアプローチです。
 
筋膜とは、簡単に言うと筋肉の表層で全身をウエットスーツの様に覆っている膜のことです。
最近テレビ等でもよく特集されているので、知っている方も多いのではないでしょうか?
 
この『筋膜』、人間の身体にとって凄く大切な役割をしていて、実はここへのアプローチを行うことで、痛みや痺れは飛躍的に改善します。
今まで病院や接骨院等、どこに行っても治らないとあきらめてしまっていた方に、このことを知ってもらいたい。

 
そう強く思うようになったので、
これから筋膜に関することを中心に、ブログを更新していきたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2016 All Rights Reserved.