シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

筋膜へのアプローチで変形性膝関節症の方が1年ぶりに正座が出来るようになりました!

 
筋膜調整後の正座
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

青山で、筋膜調整による痛みの改善をメインに行っている理学療法士の資格を持ったパーソナルトレーナーの木城です。

 

今回はテニスが趣味の変形性膝関節症の50代女性の方

 

一年程前からテニス中に右膝が痛み出し、趣味のテニスをお休みしなければならなくなってしまったとのことでした。

 

正座はもう1年以上しておらず、膝を曲げて足を持ち上げる動きでも痛みを伴うという状態でした。

 

お話を聞いていくと、10年以上前に上腕骨外側上顆炎(テニス肘)になり、その少しあとからたびたび腰痛、4年程前から太腿の裏側と、ふくらはぎを何度か肉離れしているとのこと。

 

このお話をもとに、右肘、腰、右の下肢を中心に筋膜の動きの確認をしていきました。

 

すると、膝のお皿の上の内側、大腿の後面の外側、両側の骨盤の側面に筋膜の動きの悪い部分がありました。

 

ここの筋膜を何回かかけて調整していきました。

 

すると、膝を曲げて足を持ち上げる動きをしても痛みが出なくなりました。

 

試しに正座をしてもらうと、お尻が踵につくようになっていました。

 

しかし、まだ痛みがあり体重を全てかけることはできない状態でした。

 

そのため、再度筋膜の動きの確認をしていくと、上腕のちからこぶ、二の腕、大腿の前面、おへその横の筋膜に動きの悪い部分がみつかりました。

 

ここをまた調整していきました。

 

そして改めて正座をしてもらうと、

 

筋膜調整後の正座

 

体重を全てかけてもほとんど膝の痛みが出なくなりました。

 

この頃にはテニスを普通にしても痛みなくできるようになり、

 

「もっと早くお願いすればよかった」と、凄く喜んでくれました。

 

私も凄く嬉しかったです!

 

この方は今も月に1度、トレーニングや身体の調整をさせてもらっています。
 

正座や趣味の運動を膝の痛みで諦めてしまった方、もしかしたら力になれるかもしれません。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2016 All Rights Reserved.