シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

セミナーに参加してきました!

 
根城さんセミナー風景
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

青山で、筋膜調整による痛みの改善をメインに行っている理学療法士の資格を持ったパーソナルトレーナーの木城です。

 

昨日は身体の非対称性に関してのセミナーでATCの根城さんの話を聞いてきました。

 

根城さんセミナー資料

 

根城さんセミナー風景

 

ほとんどの人間の身体は左に心臓があります。(ごく稀に逆側にあるケースもあります)

 

右には肝臓があります。

 

心臓が両側にあったり、肝臓が真ん中にある人はいません。

 

他にも右の肺が3つに分かれているのに対して左の肺は2つにしか分かれていなかったり、左にしか脾臓がなかったり、、、
人間の内臓の位置や大きさは左右対称ではありません。

 

それに伴って、誰しも生まれた時から先天的に骨格や筋肉などにも左右差があります。

 

よく、『私の身体は歪んでいる』と悩んでいる方がいますが、多かれ少なかれ、身体に左右差があるのは、内臓器の位置が左右非対称である人間の構造上、当たり前のことなのです。

 

今回のセミナーでは、ここのところをアメリカの先進的な研究やデータを基に、掘り下げて話していくという内容でした。

 

私も理学療法士やパーソナルトレーナーとして、人の身体と向き合っている中で、以前から人間の身体の歪みや左右差にはパターンみたいなものがあるのではないかと感じていたので、今回のセミナーはすごく楽しみにしていました。

 

そして実際に話を深く聞いていくと、やはり人間の身体の左右差には、ある程度法則性があるようです。

 

そしてその左右差によって生じている機能障害(痛みや痺れ、パフォーマンスの低下など)も数多く存在し、この左右差を解消する方向へエクササイズや施術などをしていくことで、機能障害が改善するケースも多いようです。

 

講習会に参加すると毎回感じますが、人の身体は本当に奥が深いです。

 

もうこの仕事をはじめて何年もたちますが、全く終わりがみえません。

 

きっと一生続くのでしょう。

 

もっと1人でも多くの人の身体をよくできるように日々努力していきたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2016 All Rights Reserved.