シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

足首捻挫の後遺症がなかなか治らない方の治療方法

 
捻挫後の痛みは筋膜施術で改善します
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

 

「バレーボールをしていたら着地に失敗して足首がグッキっと捻挫してしまったんですよねー。結構派手にやってしまったんで、すごく腫れました。」

 

「ただ、それからもう3カ月以上経つんですけど、未だにしゃがんだりすると足首の外側が痛むんです・・・、ほっといても治ると思ってたんですけど」

 

「捻挫ってどれくらいで治るんですか?」

 

「早く治すための良い治療方法ってありませんかね?」

 

捻挫をして数カ月たったのに未だに足首が痛い、もしくは違和感がなくならない。

 

実はそんな方のほとんどが、捻挫した靭帯自体はすでに治っています。

 

じゃあなんでまだ痛いんですか?

Aさん

 

今回は靭帯は治っているのに足首の痛みが治らない理由と、その痛みの治療方法を整形外科で長年働いてきた理学療法士の視点から解説していきたいと思います。

 

足首捻挫(靭帯損傷)の後遺症とは

 

捻挫とは、字のごとく関節を捻って挫いてクジいて発生する障害です。

 

足首を捻じって挫くと、骨と骨の間に急激に激しい外力が加わるため、その骨と骨の間をつないでいる靭帯を損傷してしまいます。

 

この靭帯の損傷は、だいたい1ヶ月ほどで治ります。

 

ですから、それ以上経っても痛みがなかなか治らないケースを、ここでは『足首捻挫の後遺症』と定義し、話を進めていきます。

 

どの靭帯を捻挫しても完治しないことはない

足首の靭帯

ひとことで足首の靭帯といっても実はいろいろな種類があります。

 

足首を捻った時に痛めやすいのは、足首の外側にある5つの靭帯になります。

  1. 前距腓靭帯ゼンキョヒジンタイ
  2. 踵腓靭帯ショウヒジンタイ
  3. 後距腓靭帯コウキョヒジンタイ
  4. 前脛腓靭帯ゼンケイヒジンタイ
  5. 二分靭帯ニブンジンタイ

 

ちなみにその中でも、特に多いのが前距腓靭帯ゼンキョヒジンタイです。

 

あなたの痛めた靭帯はどの靭帯でしょうか?

 

ただ、どの靭帯にも共通して言えることは、捻挫してから何カ月も経っているのにまだ痛いという場合は、それはもう靭帯の痛みではない可能性が高いです。

 

完全損傷と不全損傷、どちらにしても捻挫の痛みが治らないことはない

 

損傷というとすごく大げさな感じがしてしまいますが、

 

足首の捻挫=靭帯損傷

 

と思ってもらって大丈夫です。

 

その中でも、靭帯が完全に切れてしまった完全損傷と呼ばれるものと、靭帯の一部が少し切れただけだったり、傷がついたり、伸びてしまったりの、不全損傷と呼ばれるものがあります。

 

そして足首の捻挫の多くは、後者の不全損傷です。

 

捻挫の痛みが一ヶ月以上治らずにずっと痛い場合は、靭帯ではなく二次的な痛み

 

靭帯損傷 治癒期間

理学療法ハンドブック 第3巻 改訂第3版 p326 から引用

 

靭帯はかさぶたのような状態を経て、次第に再生していき、▲の図からもわかる通り完全断裂していなければ基本的に遅くても1ヶ月程度で修復すると言れています。

 

この修復が完全に済む前のかさぶたの状態の靭帯を押したり、引っ張られる体勢になったりすると、痛みが発生します。

 

ただ、修復期間が終わった靭帯は、押したり引っ張ったりしても痛みは出なくなくなります。

 

つまり、足首を捻挫してから2カ月以上痛いという方は、それはもう捻挫した靭帯の痛みではなく、足首の靭帯以外のところで2次的に生じている痛みの可能性が高いです。

 

靭帯は治っているのになぜ足首に捻挫の後遺症が残るのでしょう?

 

おそらく捻挫をした際の炎症や腫れ、またはテーピングやギプスなどの固定期間により、足首回りの筋肉や筋膜が凝り固まったり癒着を起こしたりします。

 

そして、それに伴って筋膜や筋肉が正しく働かなくなってしまうため、足首が不安定になったり、固有受容器コユウジュヨウキと呼ばれる痛みを感じるセンサーが過敏に反応してしまい、痛みが発生しています。

 

靭帯損傷や骨折は1〜2ヶ月で自然に治るが、2次的な後遺症は放置では治らない

 

痛みは時間の経過で治るものと、いくら時間が経過しても根本が改善しないと治らないものがあります。

 

時間の経過(1〜2ヶ月)で治る痛み

 

これは、ほっておいても治るけれど、逆にいえば私たちが外からどんなことをしてもその場ではどうしようもない痛みです。

 

例をあげると・・・

  • 骨折
  • 肉離れ
  • 靭帯損傷

などが挙げられます。

 

1番最初に挙げた骨折を思い浮かべていただけるとわかやすいと思うのですが、1度折れた骨は、骨がくっつくまでに時間がかかります。

 

でもそのかわり、時間さえ経過すれば自然と治ります。

 

捻挫の靭帯損傷も本来はこれにあたります。

 

捻挫後の後遺症はいくら安静にしても根本が改善しないと治らない痛み

 

これは上記3つ以外のほとんどの痛みがこれです。

 

もちろんほっといても良くなるケースもありますが、骨折のように1~2か月後に確実に骨がくっついて痛みがなくなる、ということが事前にわかっているなんてことはありません。

 

でも逆に1~2か月待たずして外からの治療によってその場ですぐに治せてしまうケースだってあります。

 

私が主に取り組んでいる仕事は、後者のようなほっておいても治るかどうかわからない痛みを、施術によって改善することです。

 

そして捻挫から2か月以上たってるのに痛いというケースも後者で、ほっておいても治るかどうかわからない痛みです。

 

捻挫後2か月以上経ってしまった2次的な痛み(後遺症)を改善するには

 

私の経験上、こういう時、筋膜の治療がもっとも効果を発揮します。

 

特にギプスやテーピングで固定していた期間がある方は、動かさないことによる筋膜の凝りがかなり高い確率でできると言われています。

 

そのため、なかなか治らない捻挫後の後遺症には私は筋膜の施術を第一選択として行っています。

 

筋膜の施術に関しては▼の記事と動画に詳しく書いてありますので興味のある方はそちらを読んでいただけると嬉しいです。

 

筋膜の施術とは?

 

足関節捻挫の後ずっと治らなかった足首の痛みと違和感が筋膜の施術によって改善した事例

 

ちょうど先日みさせていただいた、Aさんの話です。

 

以下、Aさん談

半年前のママさんバレーの大会で、着地の際に足首をけっこう激しく捻りました。

 

その時は試合中で腫れも痛みも強かったため、すぐにトレーナーさんにガチガチにテーピングをしてもらいました。

 

それでその時はなんとかなったんですけど...、

 

半年経った今でも、痛くてしゃがむことができず、足首を深く曲げるだけで痛みが出ます。

 

正座もできるにはできるけど、体重をかけると外側が痛くて辛いです。

 

 

 

捻挫の後遺症の痛み

次に、Aさんの過去の痛みの経験を聞いていくと、高校生の時に膝の鵞足炎を繰り返されていたとのことでした。

 

この過去の膝のケガを参考にして、Aさんの足の筋膜を調べました。

 

すると、ふくらはぎの内側と外側、ふとももと膝の内側2ヵ所に筋膜の凝り固まった部分が確認できました。

筋膜の凝り 捻挫のAさん

 

そのためここの筋膜を念入りに施術していくと・・・

 

 

しゃがみ込みも、正座も痛みなくできるようになりました!

 

残念ながら画像や動画を撮るのを忘れてしまいましたが、

 

「またおもいっきりバレーができる!」

 

と喜んでおられました。

 

そして今日お礼のメールをいただきました。

 

捻挫後の痛み Aさんお礼メール

 

以下、内容

 

木城 先生

 

先日はありがとうございました。

 

おかげさまであれから、正座をしても、しゃがんでも、全く痛くありません。

 

今までどこに行ってもほとんど変わらなかったのに、本当に驚いています。感動です!

 

もっと早くここに来れば良かったです。

 

また何かあったら必ず連絡させていただきますので、今後とも宜しくお願いいたします。

 

こうして私の施術で喜んでいただき、良い報告をもらえることは本当に嬉しいです。

 

足首の捻挫後の後遺症に悩まされている方へ

 

足首の捻挫による靭帯の痛みは、ほとんどの場合自然に1カ月もすればなくなります。

 

なのにまだ痛い、という方。

 

それは靭帯の痛みではない可能性が高いので、そのまま安静にしていても治りづらいです。

 

私は筋膜の施術で捻挫後の痛みが改善したケースを何度も経験してきました。

 

それも概ね1~3回の施術で通院終了となるケースがほとんどでした。

 

参考までに、▼は捻挫後なかなか治らない痛みが筋膜調整で改善した方の記事になります。

 

 

なかなか治らない捻挫後の痛みの改善には、筋膜調整が最も適しています。

 

 

自信があります。だまされたと思って、一度筋膜調整を受けてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2016 All Rights Reserved.