シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

内股の原因は・・・② おねえさん座り(割座)をやめましょう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは。
理学療法士の資格を持ち、青山でパーソナルトレーナーとして活動している木城拓也です。

 

今日は前回の記事で書いた、内股についての記事の中で、後天的に内股になってしまう原因の一つをご紹介したいと思います。

 

前回の内股の記事

 

内股の原因の一つ、それは・・・

 

おねえさん座り(割座)です。

 

おねえさん座り(割座)とは、足を横に開いてそのままペタンとお尻を床に着く座り方のことです。

おねえさん座り(割座)

おねえさん座り(割座)

 

特に子供の頃にこの座り方ばかりしていると内股の大人になりやすいです。

 

それはなぜか?

 

この座り方を股関節にフォーカスして見てみると、股関節(大腿骨)を内側にねじる内旋という動きになっており、ここに自分自身の体重が長時間かかってきます。

 

この内側にねじる力(内旋)が、骨端成長軟骨閉鎖前の子供の股関節(大腿骨)にかかり続けると、子供の体はこれに適応しようとし、股関節を内向きに成長させてしまいます。

 

これが内股の原因の一つです。
ちなみにもう一つ女の子に多い座り方で横座りがあります。

 

横座り

横座り

 

これは、もっと厄介です。
片方には内側にねじれる力が、もう片方には外側にねじれる力が加わります。

 

これを続けていると、左右非対称の身体になってしまい、将来いろいろなところに弊害が出てきます。

 

ですので、これを読んでくれている方の中に、お子さんがいらっしゃる方がいたら、今すぐおねえさん座りと横座りをやめるように言ってください。

 

話を内股に戻します。

 

ここからは少し専門的な話をさせていただきます。

 

股関節には前捻角という角があります。

 

前捻角とは、股関節を上から見た時の、大腿骨のねじれのことを言います。

前捻角15°

前捻角15°

 

通常では、上の画像に赤線で示した角度が10°~15°になります。
(絵が手書きで汚くてごめんなさい。)

 

この角度が、おねえさん座りが習慣化している人ほど大きくなってしまう傾向にあります。

前捻角35°

前捻角35°

 

では、この角度が大きくなると何故内股なのか・・・

 

上の二つの画像の股関節を、足の向きは変えずに前捻角だけ一緒にすると

 

上の二つの画像の股関節を、足の向きは変えずに前捻角だけ一緒にすると

上の二つの画像の股関節を、足の向きは変えずに前捻角だけ一緒にすると

 

つま先の向きが内向きになっていることがわかりますね。

 

このように、この前捻角が大きくなるほど人間は内股になっていきます。

 

では、前捻角が大きな内股の人は、体にどのような弊害があるのでしょう?

 

前捻角が強いと、大転子といわれる外側の骨の隆起部分が通常より後ろに位置します。

 

そのため、このまま股関節を外に開こうとすると、この後方に位置する大転子が骨盤に当たってしまいます。

 

つまり、骨の衝突によって動きが制限されるのです。
なので、前捻角が大きくなった方はあぐらをかいたり、足を外に回すことがやりずらくなってしまいます。

 

また、前に出た骨頭も正常よりも外れるような状態になり違和感を感じます。場合によっては、関節の合わさっている部分が少なくなることで痛みを感じる方もいます。

 

これらの症状を治そうと思い、雑誌やテレビなどで紹介されているストレッチをしても、筋肉ではなく関節がねじれて生じている問題なので、改善できません。

 

むしろ無理やりやろうとすると悪化してしまいます。

 

残念ながら、大人になってからこの前捻角自体を正常に戻すことは非常に難しいです。

 

こういった方々の症状を軽減させるためには、股関節の周りの関節の可動域を広げたり、周囲の筋肉を強化することでこれらの症状を改善していかなければなりません。

 

ですので前回のブログでも書きましたが、その方の状態にあった正しいトレーニングや施術を行なうことがとても大切なのです。

 

今自分の体にあったトレーニングやストレッチをできていない方

 

運動をしたいけど何をしたらいいかわからない方

 

まずはメールや電話でも構いません。
是非気軽にご相談ください。

 

そして先ほども書きましたが、今回の話でもう一つ大事なことは、、

 

成長期の子供に、おねえさん座りや横座りをさせないこと、です。

 

是非周りのお父さんお母さんにも教えてあげてください。

 

友人の子ども

友人の子ども

 

画像は最近遊びに行った友人宅の子供です。
めっちゃかわいいです。
もう少し大きくなったら、この子にも正しい座り方を教えに行くつもりです(^ ^)

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2016 All Rights Reserved.