シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

自費診療の厳しさを痛感しました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

私は人の体を治すこの仕事が大好きです。

でも、

辛いなと思う時

悔しいと思う時

もあります。

今まさにそういう気持ちなので今回はそんな話を書いていきます。

トレーナーと治療家

私は学生時代ずっと野球をしていたので、人の体の構造や動かし方などに昔から興味がありました。

そのためトレーニングやストレッチについてもそれなりに勉強してきました。

なのでもちろんトレーナーとして運動を指導することも好きだし、そこらへんのトレーナーには負けないぞっていう自信もあります。

でもどっちか選べと言われたら、やっぱり私はトレーナーとしてトレーニングを教えるよりも、治療家として人の痛みを治す方が好きなんです。

治療家として仕事が好きな理由

私は体の痛みに悩まされている方が、痛みがよくなって喜んでいるのを見るのが好きです。

どこに行っても治らなくて諦めていた人が、施術で想像以上の結果が出て感動しているのを見るのがもっと好きです。

「先生の治療で痛みがよくなって試合に出れました!」

なんて報告を受けたら本当に嬉しくて涙がでます。

この仕事やっててよかった。たくさん勉強してよかったって思うんです。

トレーニングで体が変わって喜んでくれるのも嬉しいですが、私の性格的には、困っている人を良くできた時の達成感の方が上回ります。

完全な自己満ではありますが、そんなことを生きがいにこの仕事をしています。

でも辛いこともあります

患者さんの痛みがよくならなかった時です。

これ、1年目の頃とかしょっちゅうで、もう毎日毎日申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

おそらくこれは誰しもがする経験で、それがあったから成長できた部分もあるので、今となっては必要な経験だったと思っています。

でももうそんな経験はしたくありませんでした。

ですが、今日してしまいました。

患者さんがよくなりませんでした。

その方は小学6年生の男の子で、今日で2回目でした。

1回目では症状が軽減し、今日来た時に聞いたら、

「前回を10としたら今は4ぐらいまでよくなった」

と教えてくれて、完治を期待してお母さんと一緒に今日私の施術を受けに来てくれていました。

それが今回はその場で症状は全く改善することができませんでした。

自費診療を開始して以来はじめてお客さんに全額返金しました。

正直、返金は絶対やめた方がいいと周りの仲間は言っていました。私も同意見でした。

経営目線で考えても、よくない選択だと思います。

でも、、全く症状が改善しない男の子とそれを見守る親御さんを目の前にして、申し訳なさすぎてお金をいただくことができませんでした。

これはたぶん病院勤務で保険診療なら、あまり深く考えずに、

「今回はこれがよくなかったから、次はこことここをもっとしっかり見よう」

とか、

「次はこれを試してみよう」

とか、前向きに次の良くするためのことを考えて終わりだったと思います。

今回のケースも技術的な反省点はあります。

・前回から順調に良くなっていたので、安易にその方向性で治療を進めていくことを決定してしまったこと。

・もう一度改めてボトムアップで再評価するべきだったな。

・その辺を踏まえて、次回はもう一度フラットな気持ちで見ていきたいな。

とか、いろいろ考えたりもしました。

でも、自費診療だとおそらく次はありません。

私は症状を毎回良くする自信があるので、1回15000円というそれなりの金額をいただいています。

この金額をもらっておいて変化がなければ、どんなに次で治す自信があっても、もう普通次は来ないです。

自費診療の厳しさを改めて実感しました。

今回の失敗を活かして今後どうするかが大切

正直今日は悔しくて今まで何もする気がおきませんでした。

こういうことがあると、

1回のセッションでは明確な結果がそこまで求められない、『トレーニング』の仕事をもっと増やそうか。

とか

痛み改善の仕事は治ったら終わってしまう上にリスクが高いから、ダイエットのお客さんのリピーターを増やした方が経営的にも安定するな。

とか考えてしまいます。

・・・

考えてはみたんですが、

でもやっぱり私は痛みを治すこの仕事をやめることができません。

患者さんを良くできなかった時の辛さを差し引いても、患者さんが良くなって喜んだり、驚いたり、感動している姿を見た時の達成感が上回ります。

だからって、

たまには治らなくてもしょうがない

ではなくて。

この確率を高めていくためにもっと技術を磨こう。

限りなく10割に近づくように努力しよう。

改めてそう思いました。

なんだかただの反省文のような記事になってしまいましたが、明日からまた切り替えて頑張ります!

 

~追記~

この記事を読んだお客様や友人達から、お金を返して痛みはそのままで返すのは冷たかったのでは?

その後どうなったか書いた方がいい、とご指摘を受けましたので記載させていただきます。

 

まずこの日は成果が出せなかったので、その時はお金をいただかない代わりに1週間後に予約を取らせていただきました。

なのでけっしてあきらめたり、見捨てたりはしていません。

そして1週間後に改めてもう一度施術を行ったところ、痛みは軽減しました。ですが、この時もまだわずかに痛みが残ってしまいました。

そのため、この日は普段外で履いている靴と、学校で履いている上履きに対してその場でインソールを処方させていただき、これで無事痛みは0となりました。

 

この一件以降返金になるようなことは起きていませんが、今後も限りなく10割に近い確率で患者さんを良くできるように日々精進していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.