シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

「他人とくらべて得た自信はただの優越感」

 
他人と比べて得た自信はただの優越感
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、青山筋膜整体理学BODYの木城拓也です。

 

先日私が尊敬する方が、

 

「他人とくらべて得た自信はただの優越感」

 

とおっしゃっていました。

 

この言葉にすごく共感したので、今回はそのことについて書いていきたいと思います。

 

理学療法士になったばかりの当時の私

理学療法士になって2年目ぐらいの私は、いま考えると技術的には大したことありませんが、それなりに勉強はしてはいました。

 

なにもわからなかった学生時代と比べると、臨床経験も積んで、少しずつ自信をつけていました。

 

でもやっぱり当時の職場の先輩や、セミナーで会う講師の先生達はみんな凄くて、その人達と症例検討や治療の話をすると、技術や知識のレベルの違いを感じて萎縮していました。

 

そんなまだまだ勉強中の2年目の頃から、以前学生時代に働いていたスポーツジムでパーソナルトレーナーのバイトをはじめました。

 

この時、当時ジムに在籍していたパーソナルトレーナーの方々や、スタッフの方々と、今までの学生としての視点ではなく、理学療法士になった自分として、仕事の話や人の体の話をする機会が増えました。

 

そこで正直パーソナルトレーナーってたいしたことないな、と感じてしまいました。

 

自分のいる職場の先輩達や、講師の先生達と比べると、知識が雲泥の差だし、こんなんで人の体触っていいのか。

 

と思ってました。
(※この時感じたたいしたことないという感情は完全に自分本位で、今考えると自分の得意なところを断片的に抜き出して比べているだけでした。)

 

と同時に、このスポーツジムという職場にいる時は、なぜか勝った気になって自信満々になりました。

 

今考えると、すごく恥ずかしい話です。

 

常勤として勤めている病院では、先輩達とのレベルの違いに萎縮しているのに、

 

バイト先のスポーツジムでは自信満々。

 

やっている仕事の内容は、人の体を治すというもので、どちらもほとんど変わらない内容なのにです。

 

これってめちゃめちゃかっこ悪いことですよね。

 

なぜ周りの環境次第で自分の自信が変わってしまうのか

理学療法士になりたての頃、常勤の病院で萎縮していたのって、やっぱり治すことができない患者さんが多かったからだと思います。

 

そして努力の量が足りなかったからだと思うんです。

 

もうこれ以上できないってぐらい努力して、目の前の患者さんがみんなちゃんと治っていれば、どんなに凄い人が周りに現れても、絶対萎縮はしないと思うんです。

 

「他人とくらべて得た自信はただの優越感」

 

こないだ尊敬する方が言っていたこの言葉を聞いた時、真っ先にこのことが思い出されました。

 

今の自分と、これからすべき考え方

今は自分にない技術や知識がある方と話す機会があっても、萎縮したりはしません。

 

自分の持っている技術で、しっかりと施術の時間を確保できれば、自分のやり方で目の前の患者さんの痛みを改善できると思っているからです。

 

私はいま、他の治療院と比べても痛い人の体を良くする自信があります。

 

ただ、この人の言葉を聞いた時、これってまた優越感に浸っているだけじゃないか?

 

と思い直しました。

(冷静に考えると、そもそもよそのところの治療なんて自分が受けてみないとわからないわけだし、そこと比べることなんてできないんですが。)

 

自分の施術に自信を持つ。まあこれはよしとしましょう。

 

でもその自信の源は、

 

他人と比べてどうとかではなくて、

 

自分がどれだけ目の前の人をよくできるのか。

 

過去の自分に治せなかった人をどれだけ治せるようになったのか。

 

以前までは5回通院してもらっていたところを、もっと少ない回数の通院で改善できるようになったのか。

 

というように、他人との対比ではなく、過去の自分と比べて、今の自分はどうなのか?という視点を大事にしていきたいです。

 

この仕事の成長に終わりはありません。

 

より症状を改善できる確率を100%に近づけられるように、

 

そしてできるだけ効率よく少ない回数で通院を終了に持っていけるように、

 

先月の自分よりも、先週の自分よりも、昨日の自分よりも、少しでも成長できるように、日々目の前のお客様に向き合って自己研鑽していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.