シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

バレエで多いアキレス腱の痛みの原因と対処法をプロが解説

 
バレエ アキレス腱 の 痛み
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

  • バレエでアキレス腱の痛みが治らない・・

 

バレエをやっている人で、アキレス腱の痛みで悩む人は多いです。

 

バレエでは、プリエやポワント、様々なジャンプによってアキレス腱にかなりの負担がかかる関係で、アキレス腱が痛くなりやすい運動の1つです。

 

バレエでアキレス腱が痛くなった人は、病院に行ったりバレエ専門整体に行ったりしますが、多くの人が治らずに悩んでいます。

 

アキレス腱が痛いと思うようにバレエができないので、早く治したいですよね、、

 

そんな事もあって、この記事ではバレエでアキレス腱に痛みが出ている人向けに、原因や対処法について解説をしていきます。

 

実際に自分でできるマッサージ方法も解説をしますので、実際にやってみて効果を実感していただければと思います。

 

バレエで多いアキレス腱の痛み

バレエ アキレス腱 の 痛み

バレエでは、以下の動作などでアキレス腱に痛みを訴えるケースが多いです。

  1. プリエ
  2. ポワント
  3. ジャンプ

 

これらの動作はアキレス腱に負担がかかるので、確かに痛くなるのはわかる気もします。

 

バレエ アキレス腱 の 痛み

 

基本的にアキレス腱が痛いケースでは、アキレス腱炎と診断をされる事が多いです。

 

アキレス腱のどこが痛むかによって診断名は変わったりもしますが、そこまで気にする必要はありません。

バレエ アキレス腱 の 痛み

 

アキレス腱の痛みがある場合、一般的には以下のような治療がされます。

  1. 安静にする
  2. 冷やす
  3. 筋トレ
  4. マッサージ
  5. ストレッチ
  6. テーピング

 

しかし、これらの治療でもアキレス腱の痛みが治らないバレエ選手が多くいるのが現状です。

 

でも、なぜ、アキレス腱の痛みは治らないのでしょうか?

 

原因から解説をしていきます。

 

バレエでアキレス腱の痛みが出る3つの原因

バレエ アキレス腱 の 痛み

バレエでアキレス腱に痛みが出る原因は3つあります。

 

1.使いすぎ

バレエは他の運動と違ってアキレス腱に負担がかかる動きが多いです。

  1. プリエ
  2. ポワント
  3. ジャンプ

など

 

これらの動きでは、アキレス腱と繋がっているふくらはぎの筋肉が使われます。

 

バレエ アキレス腱 の 痛み

 

ふくらはぎの筋肉は、以下の動きで負担がかかりやすいため、特にバレエでは負担がかかります。

  1. つま先立ち
  2. 足首を曲げる
  3. ジャンプの着地

 

バレエではアキレス腱に負担がかかる動作を頻回に行うため、大前提としてアキレス腱に痛みが出やすい運動なんです。

 

2.筋肉が硬い

バレエをやっている人は体が柔らかい人が多いです。

 

しかし、筋肉は使えば使うほど硬くなってしまいます。

 

なので、体が柔らかいバレエ選手でもアキレス腱などが硬くなりやすいんです。

 

3.筋膜が硬い

バレエでは筋肉だけでなく、筋肉を包んでいる筋膜も硬くなりやすいです。

 

特にバレエでは体の後ろにある筋肉を使いやすいので、ふくらはぎの筋肉を包んでる筋膜が硬くなる人が多いです。

 

実際に筋膜は以下のように全身繋がっており、ふくらはぎの筋膜は頭のてっぺんまで繋がっています。

走るとふくらはぎが痛い

 

走るとふくらはぎが痛い

引用:トリガーポイント

さらにそれだけではなく、筋膜は過去の怪我などでも硬くなってしまいます。

 

ですので、過去に以下のような怪我があったりすると、アキレス腱と繋がっている筋膜が硬くなってしまいます。

  1. 足首の捻挫
  2. 肉離れ
  3. 膝の痛み
  4. 股関節の痛み
  5. 腰の痛み
  6. 骨折、ヒビ
  7. 手術

 

バレエ アキレス腱 の 痛み

 

なので、過去にどこかに不調があったケースでは、その硬くなってしまった筋膜をほぐす事が効果的である事が多いです。

 

バレエでアキレス腱が痛い時の対処法2つ

バレエ アキレス腱 の 痛み

バレエでアキレス腱が痛い時の対処法は2つあります。

 

1.ストレッチ

多くの人はこのようなストレッチをやった事があるのではないでしょうか?

 

 

このストレッチでアキレス腱の痛みが軽減する人もいますが、このストレッチでは治らない人もたくさんいます。

 

そのようなケースでは、ストレッチよりも硬くなった筋膜をほぐす方が効果的なケースが多いです。

 

2.マッサージ

筋膜をマッサージするときは、過去に痛みや不調があった場所の周りをほぐす事が効果的である事が多いです。

 

この中で、過去に何か思い当たる痛みがなかったか思い出してみてください。

  1. 足首の捻挫
  2. 肉離れ
  3. 膝の痛み
  4. 股関節の痛み
  5. 腰の痛み
  6. 骨折、ヒビ
  7. 手術

 

もし、何かしらの不調があれば、その周りをマッサージします。

 

筋膜をほぐす方法と場所については、以下の動画を参考にしてやってみてください。

 

これから紹介するマッサージは、アキレス腱の裏側外側が痛いケースで有効なマッサージポイントです。

マッサージは2〜3分程度やると筋膜がほぐれてきます。

 

アキレス腱の内側が痛い時の対処法はその次で解説をします。

 

足首のマッサージ

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

膝のマッサージ

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

股関節や腰のマッサージ

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

次は、アキレス腱の内側が痛いケースに有効なマッサージ動画です。

足首のマッサージ

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

膝のマッサージ

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

これらのマッサージで痛みが少しでも減るようであれば、硬くなった筋膜がアキレス腱の痛みに影響している可能性が高いです。

 

それでもならない場合は

バレエ アキレス腱 の 痛み

これらのマッサージをやってみて、アキレス腱の痛みが治ればいいですが、治らない人もいます。

その場合は、自分でやるのに限界があると思いますので、私たちプロを頼ってください!

 

当院では、アキレス腱に痛みが出ているケースでは、1〜3回以内の施術で改善するケースが多いです。

 

もちろん、あなたのアキレス腱の痛みも1〜3回以内に必ず改善するとは言い切れませんが、一般的な整体よりは早く改善させる自信はあります。

 

あなたはアキレス腱の痛みが改善したら、

  • 思いっきりバレエができますよね?
  • ストレスも減ると思います
  • バレエができて嬉しいと思います

 

私たちがそれを実現させるために、全力でサポートさせていただきます。

 

少しでも気になる事がありましたら気軽にお問い合わせしてください!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.