シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

バレエで股関節に痛みが出る原因と自分で治す方法を解説!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

バレエで股関節に痛みが出る人は多いです。

 

実際にバレエではパッセやアチチュードやその他の足を上げる動きを多くするため、股関節に負担がかかりやすくなっています。

 

バレエで股関節に痛みが出た人はまず病院や整体に行き、ストレッチやマッサージなどの治療を受けます。

 

しかし、多くの人は股関節の痛みが治らないです。

 

なぜでしょう?

 

それは、適切な治療ではないからです。

 

今までは、筋肉が硬い事や、筋力が弱い事が股関節の痛みの原因と考えられていました。

 

しかし、近年になって股関節の痛みには筋膜が関係している事がわかって来ています。

 

ですので、この記事ではバレエで股関節が痛む人に向けて、自分で治す方法や実際の改善例について解説をします。

 

バレエで股関節に痛みが出る原因

バレエ 股関節 痛み

バレエで股関節が痛い人は、以下のような動きの時に痛みを感じる事が多いです。

  1. パッセ
  2. アチチュード
  3. 足をあげる動き

 

言うまでもありませんが、これらの動きでは股関節に負担がかかりやすいです。

 

でも、人によっては股関節に痛みが出ない人もいます。

 

この違いは何なのでしょうか?

 

それは、2つの事が考えられます。

 

1.股関節自体の問題

まず先に確認しておきたいのは、臼蓋形成不全変形性股関節症ではないか?と言う事です。

 

これら2つに当てはまるケースは長期的にみた時に改善が難しくなってしまうため、確認しておく必要があります。

 

臼蓋形成不全を簡単に言うと、股関節が浅い関係で動きに問題が出ている状態です。

小児期の臼蓋形成不全は基本的には乳児の時に超音波やX線(レントゲン)で診断される画像上の診断名なので、臨床的に問題となるような症状はありません。

引用:日本整形外科学会 臼蓋形成不全

 

一方で、変形性股関節症は股関節が変形している関係で股関節の動きに問題が出ている状態です。

初めでは関節がきゃしゃであったり変形しているだけですが、関節症がすすんで初期関節症になると、関節の隙間が狭くなったり、軟骨下骨が硬くなったりします。

引用:日本整形外科学会 変形性股関節症

 

基本的にこれらはレントゲンを撮る事でわかるため、もしレントゲンを撮っていても何も言われない人はこれらに当てはまりません。

 

その場合は、次に解説する筋膜の問題であるケースがほとんどです。

 

2.筋膜の問題

バレエで股関節に痛みが出るケースでは、筋膜に問題があるケースが多いですが、今までは筋膜ではなく筋肉が問題と思われていました。

 

しかし、最近になりバレエの股関節の痛みは筋肉を包む筋膜である事がわかってきています。

 

筋膜はこのように全身の筋肉を包んでいるため、股関節が痛いからと言って股関節が原因とは限らず、人によっては足首の筋膜が原因だったりします。

走るとふくらはぎが痛い

 

しかし、人によって筋膜が硬くなる場所は違います。

 

なぜなら、筋膜には硬くなる原因がたくさんあるからです。

 

具体的には以下の内容です。

  1. 過去の怪我
  2. 過去の痛み
  3. 骨折、ヒビ
  4. 手術
  5. 内科的な不調

 

よくバレエ選手に多いのは、以下の内容です。

  1. 過去に捻挫をした
  2. 過去に膝を痛めた
  3. 過去に腰痛があった
  4. 過去に肉離れをした

 

バレエ 股関節 痛み

 

もちろんそれ以外にも過去に痛みや不調があった場合は、それが繋がっている股関節に影響している可能性があります。

 

もし、上記などに当てはまる場合は、その場所の筋膜をマッサージしてほぐす事が効果的ですので、解説をします。

 

バレエで股関節に痛みが出た時の対処法

バレエ 股関節 痛み

先ほどの内容に当てはまる内容がある人は、以下のマッサージをする事をオススメします。

 

股関節周辺のマッサージ

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

膝〜足首周りのマッサージ

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

足首周りのマッサージ

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

実際の改善例を紹介

バレエ 股関節 痛み

次は実際にバレエで股関節に痛みがある女性の例を解説します。

 

バレエで股関節を痛めたYさんのケース

バレエのレッスンで股関節を痛めてから、足を上げる際の可動域が狭くなり痛みも出てしまうYさんの話

 

以下、Yさん談

2年前くらいにバレエのレッスンで股関節に違和感を感じたのですが、その時は直ぐに治ると思っていました。

 

その後続けてレッスンをしていたのですが、1、2ヶ月経っても違和感が取れず、徐々に痛みが出てきたんです。

 

1年くらい経つと痛みで足が上げづらくなり、可動域も狭くなってしまいました。

 

バレエはやりたいのですが、痛みが強くなるのが不安です。

 

早く治してしっかりレッスンに参加したいのでよろしくお願いします。

 

とのことでした。

 

Yさんの痛みの状態をチェック

 

早速Yさんの股関節の痛みをチェックしていくことにしました。

 

ただYさんの場合、

「日常的にすごく痛いわけではなく、バレエの動きで痛みが出るので、その動きをやってみないと分からない」

 

とのことでした。

 

それでも施術の途中で、痛みがどう変わったか、施術の方針が正しいかどうか、の効果判定をしたかったので、動きを試しにやってもらいました。

 

すると・・・

 

片足で立って外側に足を挙げてもらうと股関節の前面に痛みが出ることがわかりました。

 

Yさんの筋膜の状態をチェック

次にYさんの筋膜の状態を調べていきました。

 

すると、痛いのは股関節ですが、筋膜が硬い場所は以下の部分にあります。

  1. 足首の外側
  2. 膝の内側、外側
  3. 臀部
  4. 腹筋

 

上の図を見ていただくとわかるのですが、股関節周囲以外にもたくさん悪いところがあるため、股関節だけを治療しても治らない理由がわかります。

 

次は、この硬い筋膜を1つずつほぐしていきました。

 

筋膜をほぐした結果

右足を中心に合計5箇所の筋膜をほぐしました。

 

すると、先ほど痛かった足を外側から挙げる動作で、股関節前面の痛みがなくなりました。

 

後日バレエのレッスンをしたところ若干違和感が残っていたため、念のためにもう一度施術を行わせてもらいました。

 

2回目の施術後

2回目の施術から数日後、Yさんから状態の報告メールが来ました。

 

 

以下、YさんからのLINE(原文のまま)

お世話になっております。

施術して頂き、前回と同じで翌日は筋肉痛のようになりましたが、2日後状態が良くなったのを感じ、その後レッスンでは股関節の痛みが出ませんでした!

痛みを気にせずレッスンできて嬉しいです!

また何かあったらご相談させて下さい!

よろしくお願い致します!

 

困っていた痛みが無くなったという報告は本当に嬉しくて、この仕事をやっててよかったと思える瞬間の一つです。

 

このように、バレエで股関節に痛みが出ているケースでは、筋膜をほぐす事でいい結果が得られる事が多いです。

 

実施に当院では股関節の痛みであれば、1〜3回以内の施術で痛みが改善する事が多いです。

 

股関節の痛みが治らない場合

バレエ 股関節 痛み

今回紹介したマッサージをしても股関節の痛みが治らない場合、自分でやるには限界があると思いますので、私たちプロに任せてください。

 

もちろん、あなたの股関節の痛みも1〜3回以内に必ず改善するとは言い切れませんが、一般的な整体よりは早く改善させる自信はあります。

 

あなたは股関節の痛みが改善したら、

  • 思いっきりバレエができそうですよね?
  • 気持ち的にも楽ですよね?

 

私たちがそれを実現させるために、全力でサポートさせていただきます。

 

少しでも気になる事がありましたら気軽にお問い合わせしてください!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.