シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

頸肩腕症候群の症状と原因にあった治療方法とは

 
頸肩腕症候群の男性
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、理学療法士の資格を持った青山のパーソナルトレーナー木城拓也です。

「肩こりは数年前からありました。でも最近様子がおかしいんです。」

「肩こりとかいうレベルじゃなく首~肩にかけて痛くて、頭痛も出るし、ひどい時は手の方までしびれます。」

こんな方が最近私のサロンに来られました。

この方、病院に行ったら『頸肩腕症候群』だと診断されたそうです。

でも、頸肩腕症候群って何?聞いたことないって方がほとんどだと思います。

これ大丈夫なの?治るの?

そんな不安をお持ちの方のために、今回は『頸肩腕症候群』について書いていきたいと思います。

頸肩腕症候群とは?

疑問

頸肩腕症候群は、レントゲンやMRIなどで著名な病変が確認できなかった時の、首~肩にかけての痛みや痺れの総称です。

ですので、明確な定義がなく、症状も人それぞれです。

頸肩腕症候群の診断がついただけで不安になる必要はありません

医者の説明

頸肩腕症候群は、診断名こそついていますが、ただの肩こりの場合でも病院に行くと、この名前がつくことがよくあります。

医者が診断名に『肩こり』とは書けないですから。

他にも『胸郭出口症候群』や『頸部椎間板症』などとよく一緒にされがちです。

病院で働いているとわかるのですが、こういった病名って結構適当につけられています。

私が昔働いていた病院でも、代診の先生が頸肩腕症候群という診断つけていたのに、数ヶ月後に院長が再診に入って、あなたは『胸郭出口症候群』だ、と言って診断名が変更になったりすることがよくありました。

結局は医者もレントゲンやMRIなどの明確な所見がないと意見がわれるところなのでしょう。

それにたいがい病院は混んでますから、医者が1人あたりにかけられる時間って限られてます。

どの症状にも該当する広いぼやっとした診断名があれば、とりあえずそれにしとけば間違いではないですからね。

頸肩腕症候群って本当に便利(笑)

なので頸肩腕症候群という診断がついた方も、診断名自体はそれほど気にしなくていいかなと思います。

人によって症状も原因もさまざまですから。

頸肩腕症候群の原因

 

ここでは、簡単に代表的なケースを3つ紹介していこうと思います。

首から症状がきているケース

頸椎左回旋

首を動かすと、首~肩まで痛くて腕の方まで痛みや痺れが出たりする場合。

これは首から出ている神経や血管が障害されることで症状が発生している可能性があります。

病院によっては『頸部椎間板症』という診断名がつくこともあります。

鎖骨の下あたりの神経や血管が集合しているところ(腕神経叢)で障害がおきているケース

上肢のしびれ

首を動かしても痛みの増減がそれほどなく、首、肩、背中、腕のいずれかに痛みやしびれがある場合。

鎖骨の下あたりに腕神経叢と呼ばれる神経と血管が集まってるところがあります。

ここの周囲の筋肉が硬くなってくると、これら筋肉の下を通っている神経や血管を絞扼し、腕や肩、背中に痛みやしびれがでます。

もしこの腕神経叢周囲での絞扼が原因であると明確に断定できた時、『胸郭出口症候群』という診断名がつきます。

これがあいまいな場合に、『頸肩腕症候群』という診断名になることが多い印象です。

ここでは、『胸郭出口症候群症候群』かどうか自分で簡単に調べる方法があるので紹介します。

ルーステスト

ルーステスト

ルーステストは▲の写真のように肩、肘を90度に曲げて、ぐーぱーぐーぱーと指の曲げ伸ばしを繰り返します。

これを3分間できれば陰性です。

3分間できなければ、『胸郭出口症候群』の疑いありです。

1分持たない場合は、一般的には手術の可能性も考えたほうがいいと言われています。
(あくまで一般的にはなので、私の個人的な見解としては、手術しなくても治ります。もし手術と言われた方はご相談ください。)

筋肉が硬くなっていることで起きているケース

頸肩腕症候群

これは単純に筋肉が硬くなっているために、首~肩にかけてが痛いという状況です。

肩こりのひどい状態です。

上記3つのケースに共通する原因

頸肩腕症候群と診断がついた方に共通する問題点があります。

背中が丸まって首が前に出た姿勢

悪い姿勢

このように背中が丸まり、首が前に出た座り方でパソコンをしたりしていませんか?

この姿勢は非常に首周りの筋肉に負担がかかります。

なぜなら首から先が前に出ているため、首と顔の重さを、肩甲骨から首の骨についている筋肉で支えなければいけません。

座位姿勢は、床からの垂直線が骨盤、肩の中心、耳の穴通ると理想的な姿勢で、筋肉や靭帯に余計な負担がかからないと言われています。

人間は本来骨同士が重なり合って、骨が骨を支えていて、極端な話、骨だけあれば立っていられる、座っていられる、というのが理想的です。

この状態であればよけいな筋肉は働きません。

筋肉は体を動かす時にだけ機能すればよいのです。

ですが、上写真のような座り方ではそれは不可能で、肩甲骨から首についている筋肉が働かないと首が重力で床に落っこちて死んでしまいます。

常にこんな姿勢でいれば、そりゃあ肩もこるでしょう。

つっぱった筋肉が、神経や血管を絞扼することもあるでしょう。

頚椎の位置がズレることだってあるでしょう。

今まで何人もの頸肩腕症候群の方にお会いしてきましたが、たいてい姿勢がよくないです。

「姿勢が悪い?そんなことあんたに言われなくてもわかってるよ!治したくて気を付けても治らないから困ってるんじゃないか!」

そんな方も多いと思います。

なので姿勢が悪くなる本当の原因と、改善する方法は▼に詳しく書きましたのでこちらをご覧ください。

『姿勢が悪い』を改善できない原因と治し方!

筋膜による原因

筋膜

筋膜は全身をウエットスーツのように覆っている繊維状の薄い膜で、骨・筋肉・血管・神経・内臓などさまざまな器官とつながっています。

最近はテレビや雑誌などで、よく取り上げられているため筋膜のことを知っている方も多いと思います。

レントゲンやMRIで見てもなんともないという頸肩腕症候群の方は、この筋膜が硬くなって問題をおこしていることが非常に多いです。

なぜ筋膜が硬くなると、首や肩や背中が痛くなったり、手がしびれたりするのでしょう?

それはすごく簡単に説明すると 、筋膜は、骨・筋肉・血管・神経・内臓などさまざまな器官とつながっているため、ここが硬くなるとそのつながっている器官も障害されるからです。

例えば、筋膜が硬くなることで、その間を通っている血管や神経が障害されてしびれが発生したりします。

ではなぜ筋膜は硬くなってしまうのでしょうか?

筋膜は、手術や固定(ギプスや装具など)、骨折・捻挫・関節痛などの痛みを伴う怪我や、使い過ぎ、などが過去にあるとその時に硬くなります。

ただし硬くなったその瞬間から痛みが出るわけではなく、そういったことの繰り返しによって、硬いところが増えてくると、徐々に体がかばいきれなくなって、痛みとなって外に出てくるのです。

筋膜の問題はレントゲンやMRIではわからないため、病院で診断がつくことはありませんが、この筋膜の硬さを改善することで、頸肩腕症候群は飛躍的に改善することが多いです。

筋膜については▼の記事で詳しく書いていますのでこちらをご覧ください。

筋膜の施術とは?

頸肩腕症候群の方の改善事例

改善事例

3か月前から首から肩にかけて異様な鈍痛が出現し、肘から手にかけてしびれがあるという男性Aさん

「肩こりは20年以上前からありました。ですが、こんなに痛みやしびれを感じたことは今までなかったです」

とのこと。

今一番困ることは何ですか?と伺うと

「仕事でパソコンをしていると肩から首にかけてがだるくなってきて仕事にならないんです」

と。

最初近所の整体に行って、治療を受けたがほとんど症状は変わらず、さすがにこれはおかしいと思い整形外科を受診したら、レントゲン上は異常がなく『頸肩腕症候群』と言われたそうです。

頸肩腕症候群のAさん

早速体を見させていただくと、すでに首から肩にかけての鈍痛と、右の前腕から指先にかけてしびれがある状態でした。

その後首を動かしてもらうと、右に回したときに右の首の付け根に痛みが出ました。

今ある痛みを10段階でいくつぐらいか伺うと

「今は5ぐらいで、仕事中は7~8ぐらいの時もあります」

とおっしゃっていました。

しびれがあったので、胸郭出口症候群の検査もいくつかしましたがすべて陰性で、明確な所見は得られませんでした。

次に、筋膜の施術をするためにAさんに過去の話をじっくり聞いていきました。

そこでわかったことが、12年前に薬指を骨折されていること、5年前にゴルフで肘を痛めているということでした。

これをもとに筋膜の硬さを調べていくと・・・

右の薬指と中指の間、右肘の内側と裏側、右の肩甲骨の内側に筋膜が異常に硬い部分が見つかりました。

これらの検査から、

12年前の薬指の骨折時にできた筋膜の硬さからはじまり→ゴルフ肘→現在の頸肩腕症候群の症状へと、筋膜の硬さが移行していったのではないかと仮説が立ちました。

頸肩腕症候群Aさん筋膜の評価結果と仮説

私の筋膜の施術では、この過去の怪我や病気や手術歴などのお話を聞くことを大切にしています。

なぜなら過去そういったことが起きたところに筋膜の硬さが出ることが多いということが、イタリアのドクターがされた研究によってわかっているからです。

この仮説に基づき薬指のところの筋膜から順番に施術していきました。

一通り施術が終了してからAさんに症状を伺うと・・・

「首が軽くなりました!まだ少し違和感は残りますが、最初より全然いいです!」

さっき痛かった首を回す動きをしてもらうと・・・

痛みなし!

さっき10段階で5だった痛みが、今10段階でどれくらいかを伺うと

「もう0.5ぐらいですかねー!」

すごくいい感じです!

いい感じだったので、私も上機嫌で今度はしびれについて聞いてみました、すると・・・

「これはあまり変わらずまだありますね」

、、、残念な結果でした。

残念ながらしびれはとれませんでしたが、初日はここで終わりにしました。

結局この方には同じ筋膜のライン上(2回目以降は図に載せたところ以外も施術しました)を計4回ほど施術しました。

2回目の時点で多少痛みが戻った部分もありましたが、仕事中1番痛みがあった時でも10段階で3ぐらいとのことで、痛くて仕事にならないということはなくなっていました。

しびれに関しても徐々に減っていきましたが、痛みがなくなってからもこれがなかなかとれませんでした。

ですが、4回目の施術が終わって数日してから、

Aさんからのメール

Aさんから▲のようなメールをいただきました!

こうやって喜びの連絡をいただけた時、この仕事をしていて本当によかったといつも思います。

こういう連絡をいただいた日のビールはとてもおいしいです(笑)

頸肩腕症候群の症状でお悩みの方へ

頸肩腕症候群は画像上問題ないから原因不明で治らないわけでは決してありません。

筋膜はレントゲンでは確認できません。関節や靭帯に問題がなくても、筋膜にはほぼ確実に硬いところがあります。

今までなんらかの症状があるのにもかかわらず、どこにも筋膜の硬さがないという人は見たことがありません。

画像上原因がわからない頸肩腕症候群だからこそ、筋膜への施術が大変有効なのです。

今、頚肩腕症候群の症状でお悩みの方は、1度私にご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.