シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

10年来の重度の便秘を治療し解消することができた方法とは?

 
便秘の女性
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、青山で筋膜の施術をメインにおこなっています、理学療法士の木城です。

先日、非常勤の理学療法士として働かせてもらっている職場の看護師さん(以下、Mさん)から、ひどい便秘に悩やまされていると相談を受けました。

ん?便秘?俺理学療法士なんだけど、相談する人間違ってないか?

と、正直思いました(笑)

私は長年整形外科の理学療法士を勤めてきましたが、整形外科で『便秘』のオーダーが出ることは確実にないです。

また、パーソナルトレーナーとしても痛みの改善や、パフォーマンスの向上、ボディーメイクが主戦場です。

なので、結果的に運動や食生活の改善で便秘が良くなったということはあっても、はじめから便秘の治療をメインで行うという経験はありませんでした。

ですが、私がメインで行っている『筋膜マニピュレーション』という筋膜への治療手技のコースで、内部疾患への治療というものがあり、その中で便秘の治療方法も学んでいたので、

もしかしたらよくできる可能性はあるかも。と伝えました。

そして、軽い気持ちで体表からの筋膜への施術を行ってみたところ、

翌日から6日連続で便が出て、

「こんなの数年ぶり!!」

と、大変喜んでくれました。

今回このことで、改めて人間の体の奥深さと、筋膜への施術の可能性を感じたのでここに改善事例を報告していきたいと思います。

そもそも便秘を外からの治療で治せるの?

疑問の女性

正直私も最初この治療法を勉強するまでは、なんで便秘が施術で治せるのか疑問で、整体などで便秘の改善を謡っているHPや看板などを見るたびに、便秘を外から手で治すなんて誇大広告で詐欺の一種でしょ?と思っていました。

そして講習で理論は習った後も、今回実際にいい結果がでるまで半信半疑でした。

便秘の一般的な原因と改善策

便秘の人

便秘の原因は水分不足、運動不足、ストレス、自律神経の問題などがあると言われています。

そしてどの原因だったとしても、まとめると最終的には大腸の働きが悪くなり起きていると言われています。

ですので、これらの原因に対して、水をたくさん飲んでみたり、毎日ウォーキングしてみたり、ストレスをためないような環境づくりをしてみたりして、大腸の働きを改善し、便秘を治そうというのが一般的かと思います。

でも、これでも改善しない人がたくさんいるのが現状です。

なのでここからはこういうなかなか一般的な便秘対策では良くならない方に向けて、筋膜を専門に施術している理学療法士の目線から話をさせていただきます。

便秘が体の外からの施術で治るという理論を簡単に説明させてください

大腸

上にも書きましたが原因は何であれ、便秘は大腸の働きがよくないために起こります。

大腸を含めた内臓はすべて体内で内臓筋膜という筋膜で覆われています。

そしてこの内臓の筋膜は体の外側を覆っている筋膜とつながっています。

つまり最近テレビなどで盛んに言われていて、みなさん既にご存知の筋膜が硬くなることで、内臓の筋膜に波及して内臓の機能異常を起こしているというケースもおおいにありうるのです。

例えば左の大腿を骨折してその周囲の筋膜が硬まってしまうと、それが内臓筋膜にも波及していくことがあります。

左側の内臓筋膜が硬まってくると、大腸は筋膜を介して左の方に引っ張られる力を受けます。

これにより大腸が位置異常を起こし、大腸の働きを悪くします。

左の大腿骨骨折→便秘

簡単に書くとこの流れですね。

逆に何かの病気が原因で内臓に障害が起きた場合、それが内臓の筋膜を硬くして、それが全身を覆っている筋膜に波及して、膝が痛くなる場合も十分に考えられます。

慢性胃炎→膝痛

のような流れです。これに関しては私も、膝の痛みとして整形外科でそれなりに治療の経験があります。

「木城さん、適当なこと言わないでよ!そんなの医者じゃないんだから内臓の筋膜の硬さなんて目で見えないし、なんとでも言えるじゃないか。ちゃんとした根拠を示してよ!」

そんな声が聞こえてきそうです。

これは根拠になるかわかりませんが、私は『国際コース 筋膜マニピュレーション』というコースに参加して、これらのことを学んできました。

このコースのlevel3という最終段階が、内部障害の治療になっています。

このコースはイタリアで1987年に医師の先生によって作られたコースで、今でも世界中の大学や医療機関などで臨床データを集めたり、ご遺体の解剖をされたりしており、しっかりとしたエビデンスがあります。

▼協会のHPになります。英語のサイトになってしまいますが気になる方は見てみてください。

Fascial Manipulationn HP

ということで、便秘も理論上は外からの施術で治すことが可能なのです。

Mさんの改善事例

快晴

ここからはMさんの改善事例を紹介していきたいと思います。

Mさんの基本情報と症状

Mさんは26歳の女性の看護師さんで私の同僚です。

多少ぽっちゃり傾向ではありますが(笑)、基本的にはどこにでもいるようなまじめな普通の看護師さんです。

話を聞いてみると、

「10年以上前からずっと便秘で、週に1~2回しか便がでない」

「数日出なくなるとお腹が張ってきて苦しい」

それ薬とか飲んでもだめなの?と聞くと

「本当に辛くてどうしようもない時は薬を飲んで出していたけど、慣れてきたのか薬は効きずらくなった」

「日ごろからヨーグルト食べたり、黒ウーロン茶飲んだり、便秘に効くっていうお茶を飲んだりしたけどほとんど効果なかった」

とのことでした。

もっと話を聞いていくと、数年前から腰痛、そのあとちょっと前まで股関節が痛くなることがあったようですが、今現在は特に痛みはないとのことでした。

正直このへんの話を聞いても、便秘の方が昔からの症状としてあるので、この過去の痛みとの因果関係はよくわかりませんでした。

筋膜の状態の確認と施術

さっそくMさんの筋膜の硬さを確認すると。

便秘が主訴のMさんの筋膜の硬いところ

お腹の中心と、背骨・骨盤の中心付近に硬さがみられました。

ここは内臓筋膜と関係が深いところなので、この時点でこれはもしかしたらいけるかもしれないと感じました。

さっそくこの硬くなっているところを治療して様子を見ることに・・・

すると、翌日からなんと

「便が出た!」と。

そしてそれから6日連続で便が出つづけ、連続排便記録更新中と嬉しい報告を受けました!

連続排便記録は6日連続でいったん止まったらしいですが、便秘自体はほぼ解消できたようです。

Mさん喜びの声

看護師のMさん

今回は職場の同僚だったため、すぐにアンケートをもらいました!

「3~4日ぐらい便通がないことが多かったが今では毎日便通がありお腹がすっきりした」

「痛みだけでなく身体に不調がある方も試しに相談してみる価値ありです」

と言ってもらいました。

Mさんご協力ありがとうございました!

便秘解消のMさんアンケート

まとめ

今回の便秘治療で、便秘が筋膜の施術で解消可能なことがわかりました。

ですが正直まだまだ便秘の治療に関しては症例数が少ないので、これから改めて便秘の方を募って、経験を積んでいき、ここで定期的に報告していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.