シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

ダンスで捻挫してからなかなか治らない足首の痛みは靭帯が原因じゃない?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

 

ダンス中に捻挫してもう2ヶ月以上経つのに、足首がまだ痛いんですよねー。

ダンサーAさん

 

捻挫が2ヶ月も治らないとなかなか思うように踊れなくて大変ですよね。

 

私のところでは

『ダンスで捻挫をしてから、なかなか足首の痛みが治らない』

 

という相談を良く受けます。

 

先生、靭帯はまだ治らないんですかね?

ダンサーのAさん

 

そしてダンサーのAさんのように、みなさん捻挫をしたら靭帯が痛いと思っています。

 

もちろん最初は靭帯が痛かったんです。

 

でも2ヶ月も経てばほとんどの場合靭帯は治っています。

 

2ヶ月以上たったあなたの足首の痛みは、もうすでに靭帯の炎症ではなく、2次的に発生した別の痛みです。

 

これは通常の捻挫の痛みと違って、ほおっておいてもなかなか治りません。

 

そうなんですか・・・。じゃあどうすれば治りますか?

ダンサーAさん

 

捻挫の後の2次的な痛みは筋膜の調整で改善することができます。

 

今回は、捻挫をしてからなかなか足首の痛みが治らないダンサーの方に読んでいただきたいです。

 

ダンスで捻挫してから足首の痛みがなかなか治らない理由

 

ダンサーの方の捻挫は大抵の場合▼のような『内反捻挫』と呼ばれる捻挫になります。

 

捻挫

 

足を外側からついて、『グニャん』っていっちゃうアレです。

 

そしてこれの場合、損傷する靭帯は▼の1前距腓靭帯ぜんきょひじんたいです。

 

足首の靭帯

 

▲の図を確認していただくとわかると思うのですが、外くるぶしの前側の靭帯です。

 

あれ先生?でも私が痛いのってそこじゃなくて、内くるぶし前側と、たまに外くるぶし後ろとかも痛くなりますよ?

ダンサーのAさん

 

そうなんです、もともと捻挫した靭帯は外くるぶしの前側の靭帯なのに、今痛い場所はなぜか違うところなんです。

 

ダンスで捻挫して痛めた靭帯の損傷はすでに治っている?

靭帯損傷 治癒期間

理学療法ハンドブック 第3巻 改訂第3版 P326 から引用

 

▲の図を見ていただければわかる通り、靭帯を痛めても完全断裂でない限り、次第に靭帯は再生していき、基本的には遅くても1ヶ月程度で修復するとされています。

 

 

ですので、1ヶ月以上しても感じる痛みは、2次的に発生した痛みなのです。

 

靭帯損傷ではなく、二次的に出た痛みは治るの?

靭帯は治っているんですね!じゃあこの痛みは治るってことですか?

ダンサーのAさん

 

靭帯損傷の痛みであれば、靭帯がくっつくのを待つしかありません。

 

ですから、外からの治療で治すことは難しいです。

 

ただ、2次的に出た痛みというのは、靭帯ではなく、筋肉や筋膜に関係する痛みです。

 

なのでこうなってしまえば、私が行なっている筋膜調整で改善することが可能なんです!

 

捻挫後の二次的な痛みに有効な筋膜調整って何?

 

人間は筋肉の周りを薄い筋膜と呼ばれる膜に覆われています。

 

この筋膜には、痛みを感じるセンサーのようなものがとてもたくさん付いています。

 

ですのでここが硬くなったり、ねじれたりすると、痛みを感じます。

 

先ほども使わせてもらった画像で恐縮ですが、捻挫というのは▼のように足首をひねります。

捻挫

 

すると当然筋膜もねじれます。

 

そしてテーピングやギブスで固定します。

 

ダンサー 捻挫

 

動かさない期間が続くと、筋膜は固まります。

 

つまり、これが捻挫の2次的な痛みの原因なのです。

 

ですからこの筋膜を調整し、元の正常な筋膜に戻すことで痛みは改善します。

 

これをわかりやすくまとめたのが▼のアニメーション動画になりますのでそちらをご覧ください。

ダンスで捻挫してから足首の痛みがなかなか治らないMさんの改善事例

 

ダンサーの仕事をしているMさんの話

以下、Mさん談

2ヶ月前のダンスの練習中に足首をひねってしまいました。

 

捻挫はよくしていて、今回もまた治るだろうと思っていましたが、なかなか治りませんでした。

 

それから整骨院でリハビリや電気治療、鍼灸院で鍼治療などもしましたが痛みが取れません。

 

仕事がら足首を使わないわけにはいかないのでなんとかしたいです。

 

とのことでした。

 

ダンスで捻挫してから足首の痛みがなかなか治らないMさんの痛みの状態をチェック

 

Mさんに今の痛みを伺うと。

 

「歩くだけでも痛い」

 

「ダンスの最中もふとした動きで痛くてスムーズに動けない」

 

とのこと。

 

その場で深くしゃがんでもらうと、これでも痛みが出るという状況でした。

 

ダンスで捻挫してから足首の痛みがなかなか治らないMさんの筋膜の状態をチェック

次にMさんの筋膜の状態を確認していきました。

 

捻挫 筋膜

 

Mさんは左のすねの内側に硬いところがたくさん見つかりました。

 

ここを筋膜調整していきました。

 

筋膜調整の結果

 

痛みが改善しました!

 

その場でしゃがんでも痛みが出なくなりました。

 

まだ不安があったようで、2週間後に2回目の施術の予約を入れていましたが、後日痛みが改善したためキャンセルとなりました。

 

▼がキャンセルの連絡とともに送っていただきましたお客様アンケートになります。

 

 

以下、A選手 お客様アンケート(原文のまま)

Q.ここに来られる前、どのような悩みがありましたか?

 

足首の捻挫による痛み

 

Q.ここに来られる前に、その悩みを改善するために何をしてきましたか? もしされていればその結果どうなったかも教えてください。

 

整骨院でのリハビリ、電気治療および鍼治療

完全に痛みが取れませんでした。

 

Q.ここで施術を受けてみようと思っていただいたのはなぜですか?

 

筋膜へのアプローチという新しい施術に興味を持った為

 

Q.ここで施術を受けた結果、悩みは(痛みやできなかったこと等)どうなりましたか?

 

施術後すぐほとんど痛みがなくなりスムーズに動けるようになりました。

 

Q.これから施術を受けてみようと思う方へ一言お願いします。

 

筋膜と痛みが直接関係があることが実感できました。

 

 

まとめ

 

捻挫後の痛みが1ヶ月以上治らない場合は、靭帯の痛みではなく、二次的に発生した筋肉や筋膜系の痛みの可能性が高いです。

 

これは筋膜の調整が非常に効果的です。

 

他にも筋膜調整で足首の捻挫後のなかなか治らない痛みの改善事例を▼の記事にしています。

 

 

捻挫後の痛みがなかなか治らずに、ダンスが思うようにできないダンサーの方。

 

力になれる自信があります。

 

1度ご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2018 All Rights Reserved.