シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

変形性脊椎症の痛みが整体で改善した実例を紹介します。

 
変形性脊椎症 整体
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら
  • 変形性脊椎症と言われたのですが、整体で治りますか?

私たちの整体に来られたSさんは、このような疑問を持っているようでした。

というのも、Sさんは腰が痛かったため病院に行くと、変形性脊椎症と診断を診断をされ、この腰の痛みは腰骨が変形しているから仕方ないと言われたみたいです。

 

確かに病院では、腰骨に変形があったりすれば変形性脊椎症と診断をされます。

しかし、腰骨が変形しているからと言って、全員が腰痛になるわけではありません。

腰骨が変形していなくても腰痛がある人もいますし、腰骨が変形していても腰痛がない人もいます。

つまり、『腰骨の変形=腰痛』ではないんです。

ですので、変形性脊椎症と診断されていても腰痛が改善する人はたくさんいます。

 

と言ってももちろん、変形性脊椎症の人全員に当てはまるわけではないです。

ですのでこの記事では、変形性脊椎症と診断されても腰痛が改善する人としない人について、Sさんの改善例を紹介しつつ解説をしていきます。

 

変形性脊椎症について

変形性脊椎症 整体

変形性脊椎症は簡単にいうと、加齢や使いすぎなどで腰骨に負担がかかり、腰の関節や神経に問題が起きてしまう事です。

加齢により生じるもので、軽症なものは無症状のことも多く、病的とはいえないこともあります。
無症状のことも多いのですが、変形が進んで高度になると、慢性の疼痛や可動域制限が生じ、まれに神経根症状を生じます。
また、脊柱管が狭窄化し脊柱管狭窄症となって症状を発現します。

引用:日本整形外科学会 変形性脊椎症

ここに書かれているよに、腰骨が変形していても症状が出ていない人が多くいるのが事実としてあります。

そして、進行すると神経や脊柱管にも悪影響を与えるため、神経的な問題がおこる事もあります。

 

変形性脊椎症の原因

変形性脊椎症の原因は以下の内容があります。

  1. 加齢
  2. 使いすぎ

これらの問題がおこると、背骨が弱くなってきたり負担がかかったりします。

そうなると背骨の近くにある椎間板や神経にも悪影響を与えます。

 

変形性脊椎症の治療

変形性脊椎症の治療は以下のような方法があります。

  1. 安静
  2. 薬物療法
  3. 理学療法

 

1.安静

変形性脊椎症は、腰骨に負担がかかる事で起こると言われたりもするため、腰骨に負担をかけないように安静を指示される事があります。

痛みが強い場合はコルセットをつけるように言われたりもします。

症状が軽い人であれば、安静にしていても治る人もいますが、多くの人は治りません。

これは、そもそも考え方が間違っています。

 

2.薬物療法

痛みが強い場合は痛みどめや、血流をよくするような薬をもらう事があります。

人によっては薬を飲む事で痛みが減りますが、薬は現在出ている痛みを抑えるためのものなので、薬を飲んでも根本的に治るわけではありません。

なので、痛みが強い時は薬を飲んだりもしますが、根本的に治す事も考える必要があります。

 

3.理学療法

理学療法は一般的にいうリハビリみたいなものです。

筋肉に対してマッサージやストレッチをしたり、運動などをする事で腰痛の改善を目指します。

しかし、これでは治らない人は多いです。

それは、変形性脊椎症の根本の原因が筋肉ではないからです。

 

変形性脊椎症の痛みではなく筋膜の痛み?

ここまでは、変形性脊椎症の原因や治療法などを解説しましたが、変形性脊椎症のように変形があるから腰が痛いというわけではないため、変形性脊椎症と診断される多くの人は違う組織が痛みの原因になっている事が多いです。

それが筋膜です。

つまり、腰が痛くて病院に行くと背骨の問題と言われる人が多いですが、実は背骨ではなく筋膜が腰痛の原因になっているのが、近年になってわかってきているんです。

なので、背骨の変形があるからと言って腰痛が出るわけではないのです。

 

変形性脊椎症が整体で治るケース

変形性脊椎症 整体

ここまで聞くとわかるように、変形性脊椎症と診断された人の多くは、背骨が原因で腰痛があるのではなく、筋膜が硬くなっているから腰痛があるんです。

つまり、筋膜の問題によって腰痛が起きている人であれば整体で改善する可能性が高くなります。

実際に以下のような人は、変形性脊椎症と診断されていても整体で改善する可能性が高いです。

  1. 痺れがない、痺れが弱い人
  2. 腰が痛い人
  3. 腰が重だるい人

 

基本的に変形性脊椎症と診断される人の多くは、整体で痛みが改善できる可能性が高い印象です。

 

変形性脊椎症が整体で治らないケース

変形性脊椎症 整体

一方で、整体で改善するのが難しい変形性脊椎症の人もいます。

それは、以下のような症状がある人です。

  1. 痺れが強い
  2. 常に痺れている

このような症状がある場合は、背骨周辺の神経で強い問題が起きている可能性が高いため、筋膜の問題というよりは神経的な問題が強くなります。

なので、整体で大幅な改善が見られないケースも多くなります。

かと言って、全員が全く改善しないわけではないため、気になる場合は気軽にお問い合わせください。

 

変形性脊椎症の痛みが整体で改善したSさんの例

変形性脊椎症 整体

Sさんは50代の男性で、半年前から腰痛が気になり始めたとのことです。

初めはそこまで気にしていなかったみたいですが、2ヶ月前から痛みが強くなりだして病院に行くと、変形性脊椎症と診断され、背骨が変形しているから腰が痛い!と説明をされたそうです。

実際に背骨のレントゲンを見た時は、Sさんが見ても変形しているのがわかったみたいです。

そして、病院ではマッサージなどを受けたみたいですが、全く改善しなかったため、当院に来られました。

 

Sさんの症状は以下のような状態でした。

  • 腰を曲げると痛い
  • 長く座った後に痛い

次に、Sさんの筋膜で硬い場所がないか調べました。

すると、以下のような場所で筋膜が硬い部分が見つかりました。

  1. 背中
  2. お尻
  3. 腹筋
  4. 胸の筋肉
  5. モモの筋肉
  6. ふくらはぎ

変形性脊椎症 整体

このように、痛いのは腰ですが、筋膜が硬い場所がたくさんあります。

実際に筋膜は全身繋がっているため、これらの部位も腰の筋膜に繋がっているんです。

 

次は、この硬くなった筋膜をほぐしました。

その結果、その場で明らかな痛みの変化がありました。

だいたい8割くらい痛みが減ったとのことでした。

もし、Sさんの痛みが背骨の変形の問題であれば、整体で施術をしても背骨の変形は治せないため、痛みが変わらないはずです。

しかし、その場で痛みが変わるという事は、背骨ではなくて筋膜が痛みの原因であった可能性が考えられます。

 

実際にSさんは合計2回の施術で痛みが改善しました。

 

このように、変形性脊椎症と診断された人でも、多くの人は数回の施術で痛みが改善していきます。

それは、痛みの原因が変形性脊椎症ではなくて筋膜だからです。

ですので、あなたの痛みも最短の回数で改善できる可能性が高いです。

 

ですので、少しでも気になる事があれば気軽にご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.