シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

『整体院・治療院=ダサい』を変えたい!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、青山筋膜整体 理学BODYの木城 拓也です。

 

昨年開業する際に、ブログ仲間で心理カウンセラーの今泉さんから犬飼ターボさんが書いたCHANCEという本を勧められました。

 

この本、めちゃくちゃ面白かったんですよ!

 

いわゆる成功哲学の本なのですが、なんとちょうど私と同じ名前で同い年の『たくや』が、整体院を開いて成功していくというストーリー。

 

ここまで似ていると運命を感じずにはいられませんでした。

 

とても勉強になりました。

 

そして、よくこんな私と名前も年齢も職業も開業思考も似たような状況の本をパっと紹介してくるな。と感激してしまいました。

 

ただ今回はこの本の内容とは別に、どうしても1つ気になったことがあります。

 

それは本のストーリーの中で、主人公のたくやが中盤で何度も口にしていた言葉です。

 

『整体院の院長はダサい』

 

これです。

 

正直私にも、このたくやくんが言いたいことはわかります。

 

『webマーケティングで開業しました』

 

とか

 

『人材派遣業で開業しました』

 

の方がよく知らないけど、なんかかっこいいですもん。

 

それに比べると、整体師とか治療家ってなんかこう、かっこよくないイメージですよね。

 

…ダサいですよね涙

 

何でなんですかね?

 

なんとなく世間的にそんなイメージがあることには薄々気づいてはいましたけど、改めてあの本を読んだ時に、言葉として突き付けられて若干傷つきました。

 

でも私が今から『webのマーケッター』にも『人材派遣会社社長』にもなれそうにないし、なるつもりもないので、

 

『整体院や治療家=ダサい』のイメージを今後変えてやりたい。って思うんです。

 

整体院や治療院はそんなに、ダサいのか?

 

薄々感じてはいたけど、この本を読んでから本当にそんなに整体院や治療院はダサいのか?

 

と気になってきたので、周りの友人達に整体院・治療院イメージ調査を行なっていきました!

 

すると、だいたい▼のような回答が多かったです。

 

整体院イメージ

 

ということで、これをざっと集計してみました。

イメージ調査結果
  • 胡散臭い ←とにかくこれが1番多い
  • ボキボキやられそうで怖い
  • 先生がおじさん
  • 爽やかさがない
  • 白い服 ←ん?これは何?だからなんだよ?笑
  • 治らなそう
  • 値段が高い
  • 柔道部 ←これもだからどーしたよ?
  • 高圧的な人が多い

こんな感じの回答が多かったです。

 

まあ大方予想通りですね。

 

ここまではまだギリ納得できます。

 

でもAmazonの『CHANCE』のカスタマーレビューで、とんでもないのを見つけました。

 

 

流石にこれは全面否定させていただきたい。

 

10分¥10000とかも増えてます。←って聞いたことねーわ

 

まあ〜お金の事しか、考えていないのが、殆どの治療家さんなので ←お金の事だけ考えたら他のことしてます。もっと稼げる仕事たくさんあります。

 

とまあ突っ込みだしたらキリがないので、ここら辺でやめておきます。

 

てか、この人はなんか治療家に恨みでもあるのでしょうか?

 

そんなこんなで、整体院や治療院のイメージって結構ひどいな・・・、と凹んでしまいました。

 

なんでこんなイメージがついてしまったのか?

 

私の結論としては、治らないところが多いからではないか?という事です。

 

今、整体院や治療院の数はコンビニの数より多いと言われています。

 

これだけあれば、誰しも1回や2回は整体院や治療院で施術を受けたことがあると思います。

 

ここで全員自分の症状が何回か通って治っていれば、胡散臭いとはなっていないと思うんです。

 

むしろ、すごく感謝してもらえるはずだし、多少顔が悪くても治療家の先生ってかっこいいってなると思うんです。

 

新人時代の母との会話が忘れられない

 

昔私がまだ理学療法士として駆け出しの頃に、母に聞いたことがあります。

 

「お母さんはなんで歯が痛かったら必ず歯医者に行くのに、膝が痛くてもどこにも治療を受けに行かないの?」

 

母は言いました。

「だって虫歯は必ず治るけど。膝はどーせ治らないじゃん」

 

これすごく悔しかったのを覚えています。

 

私自身まだ新人で治すことができなかったのもそうなんですけど、それよりもこの時点で私は色々研修にも行っていたので、神のように治せる凄い先生が世の中には何人もいることを知っていました。

 

この先生たちは本当にいつも勉強されていて、めちゃくちゃかっこいいんです。私もいつかこうなりたい!!そう思って必死に勉強している時期でした。

 

でも母が何度か通ったところは全然治らなくて、

 

もう母の中では

 

治療=治らない

 

になってしまっていました。

 

 

うちの母親は、東京に住んでいるどこにでもいるごく普通のおばさんです。

 

なのでおそらく、母が思っている治療のイメージと、世間のイメージはそれほど違わないんだろうなと思います。

 

まずここを変えないといけない、、、

 

そう改めて思いました。

 

結論

 

私自身確率はかなり高くなってきてはいますが、

 

自信を持って全員完璧に治せていると言えるか?

 

と聞かれると、

 

まだまだ全員完璧に治せているとは言えないです。

 

やっぱりたまにうまくいかないこともあります。

 

なので当たり前のことですが、もっともっと技術を磨いて

 

確実に3回以内で患者さんの主訴を改善できるようになって

 

ダサいなんて言わせない、かっこいい治療家になります。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2018 All Rights Reserved.