シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

腸脛靭帯炎の根本原因と治療方法

 
腸脛靭帯炎の女性ランナー
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

去年からハーフマラソンに出るためにランニングをはじめました。

そうしたら膝の外側になんだか違和感が出てきて・・・

それでも最初のうちは我慢して走れていました。

でもここ数か月はちょっと長い距離を走ると痛くて、途中から歩くようになってしまいました。

なんとかならないでしょうか?

そんなランナーの方からのご相談が最近非常に多いです。

多くのランナーの方の悩みである腸脛靭帯炎。

今回はこの腸脛靭帯炎について、スポーツ整形外科に長年勤めてきた理学療法士の視点から徹底解剖し、原因や改善策を紹介させていただきます。

腸脛靭帯とは?

腸脛靭帯炎の解説に入る前に、腸脛靭帯ってそもそも何?って方も多いと思いますので、まずは腸脛靭帯そのものがどんなものなのかについて簡単に説明させてください。

腸脛靭帯の位置

腸脛靭帯

腸脛靭帯は上の図で示した通り、太ももの外側を覆う部分になります。

腸脛靭帯とつながっている筋肉

この腸脛靭帯は、大腿筋膜張筋と呼ばれる筋肉と、大殿筋と呼ばれる筋肉が連結しています。

これがとても重要であり、腸脛靭帯が普通の靭帯と違うところです。

なので腸脛靭帯に関しては、名前は靭帯となっていますが、筋肉の一部と思っていただいてもよいかと思います。

腸脛靭帯 大殿筋 大腿筋膜張筋

腸脛靭帯の機能

腸脛靭帯の細かいところは省略して、大まかな機能を簡単に説明します。

下腿の骨が、大腿の骨に対して内側に回ると緊張します。(下腿の骨が、大腿の骨に対して外側に回ると緩みます。)

腸脛靭帯緊張

 

膝が外に開くような動きで緊張します。(膝が内に入るような動きで緩みます。)

膝が外に開くと腸脛靭帯緊張

腸脛靭帯炎とは?

腸脛靭帯炎は、陸上選手に多いスポーツ障害で、腸脛靭帯と大腿の骨の出っ張っているところとが過度な摩擦を起こすことで起きる炎症と言われています。

発症には、腸脛靭帯自体の緊張の高さが大きく関与します。

腸脛靭帯炎の症状

  • 走るとそれだけで痛い
  • 膝を外に捻じったとき痛かった
  • しゃがむのも痛い
  • 腸脛靭帯を押すと激痛

腸脛靭帯炎のチェック方法

ランジによるチェック方法

痛い方の足を一歩前に出し、膝の屈伸で痛みが出るかをチェックします。

この時、つま先の位置を外向き・真ん中・内向きの三方向でチェックします。

toe out knee in toe in kneeout スクワッティングテスト

つま先が内向きだと、腸脛靭帯は上で述べたように緊張する方向なので、他の二つの方向よりも痛みが出ます。この場合はこのチェック方法は陽性ということで、腸脛靭帯炎の可能性が高まります。

ただ、長く走らないと痛くない人などは、このチェック方法ではつま先がどの方向を向いていても痛みが出ないことも多いです。

圧迫によるチェック方法

太ももの先の方を腸脛靭帯を握るように圧迫し、そのまま自分で膝を曲げ伸ばしします。

腸脛靭帯ストレステスト 腸脛靭帯ストレステスト2

この時に痛みが発生した場合このチェック方法は陽性となり腸脛靭帯炎の可能性が高まります。

ただこちらの方法も、長く走らないと痛くない人などは、このチェック方法では痛みが出ないこともあります。

腸脛靭帯炎に有効なストレッチ

腸脛靭帯炎に有効なストレッチをご紹介します。

上の方で腸脛靭帯とつながっている筋肉、のところで述べたように、腸脛靭帯は大腿筋膜張筋と大殿筋とつながっています。

そのためまずはこの二つの筋肉のストレッチをおこなってみてください。

※ただし、これらは対症療法と呼ばれる方法で、1次的には楽になると思いますが、根本的な原因が改善できるわけではありません。もっと根本的な原因に関しては、この記事の終盤で詳しく書いていきますのでそちらをご覧ください。

大腿筋膜張筋のストレッチ

大腿筋膜張筋のストレッチ

このような姿勢で太ももの外側に伸びた感覚があればOKです。

ゆっくり30秒~1分程度おこなってください。

大殿筋のストレッチ

大殿筋ストレッチ

このような姿勢でお尻が伸びた感覚があればOKです。

ゆっくり30秒~1分程度おこなってください。

腸脛靭帯炎の原因

腸脛靭帯炎は、大腿の骨の外側のでっぱりと腸脛靭帯が過度の摩擦を起こすことで炎症が起きるといわれていますが、ランナーの全員がなるわけではありません。

当然フルマラソンを走ってもならない人はならないわけです。

この差は何か?

これは、ランニング中に腸脛靭帯にどれだけ負荷がかかっていて、どれだけ腸脛靭帯が緊張しているかの差です。

腸脛靭帯が緊張すればするほど、摩擦による炎症は起きやすくなるといわれています。

腸脛靭帯が過度に緊張してしまう原因

腸脛靭帯が過度に緊張してしまう要因は大きくわけて3つあります。

①下腿が大腿に対して通常よりも内回りしている

腸脛靭帯緊張

上の腸脛靭帯の機能のところでも述べたように、腸脛靭帯は下腿が大腿に対して内回りすると緊張するようにできています。

そのため、普段の姿勢から、もしくは走っているフォームの中で、大腿に対して通常よりも下腿内回りになっていると、腸脛靭帯は必要以上に緊張して、摩擦による炎症が強くなります。

②膝が外側に開いている

膝が外に開くと腸脛靭帯緊張

上の腸脛靭帯の機能のところでも述べたように、腸脛靭帯は膝が外側に開くと緊張するようにできています。

そのため、普段の姿勢から、もしくは走っているフォームの中で、膝が外に開くような状態になっていると、腸脛靭帯は必要以上に緊張して、摩擦による炎症が強くなります。

③重心が反対側に傾いている

立った姿勢、もしくは走っている最中に重心が腸脛靭帯が痛い側と反対の足にかかっていると、痛い側の腸脛靭帯は緊張してきます。

これはなぜか説明します。

右足を軸足にして片足立ちをしてみてください。

両腕を左右に大きく広げてください。

片足立ち重りなし

そして頭の位置を動かさずにその状態で左手にだけ10㎏のダンベルを持ってください。

片足立ち重りあり

そうするとどうなると思いますか?

結果は2パターンあると思います。

1つ目のパターンは、左に倒れる。

2つ目のパターンは、右足の外側の筋肉が頑張って片足立ちを保つ。

1つ目のパターンだった場合は、倒れてしまうのでその時点で試合終了です。

問題は2つ目のパターンだった場合です。

左手に10㎏のダンベルを持つということは、重心が左に傾くということです。

そしてこのままでは倒れてしまうので、右の外側の筋肉。つまり腸脛靭帯が頑張ることで片足立ちを保とうとします。

走る動きというのは片足立ちの繰り返しになります。

ということは、重心が片側に傾けば傾くほど腸脛靭帯には負担がかかります。

仮に普通の人がパッと見てもわからないぐらいの少しの重心の傾きであっても、10km20kmと走れば、何千回も繰り返されるわけです。

そりゃあ腸脛靭帯も痛くなるでしょう。

私のサロンでできること

パーソナルサロン理学Body

私のサロンではこれらの原因に対して、筋膜を施術し調整することで腸脛靭帯炎の改善に導きます。

筋膜の施術については▼の記事をご覧ください。

筋膜の施術とは?

改善事例報告

青空

数年前からマラソンが趣味で、週に3~5回程度5kmのランニングをしているというKさん。

1年前ハーフマラソンの大会で走った時に右膝の外側に痛みがはじめて出現。

ですが、その後は痛みは出たり出なかったりで、テーピングをしたりしてなんとかランニングは続けることができていました。

ところが最近になって痛みがなかなか引かなくなり、ひどいときは歩くだけで痛みが出るようになってしまいました。

日々のランニングも調子がいい時だけしかできず、今週は2km程走ってはみたものの途中から歩かないと痛くて走れないような状態だったそうです。

「2か月後にハーフマラソンの大会があるからそこまでにはなんとか走れるようにしてほしいです!」

とお願いされました。

Kさんの痛みの状況

スクワッティングテスト陽性

今のKさんの痛みの状況を確認するためにランジの動作をやってもらいました。

すると、足の指先を真ん中で曲げるときと内向きで曲げるときに痛みがでました。

これにより、腸脛靭帯炎のチェックは陽性と判断できました。

Kさんの過去の怪我状況

カルテ

筋膜の施術をするうえで過去の情報は非常に重要になってくるので、Kさんの過去の怪我や病気の状況を事細かに聞いていきました。

すると高校生の時に、部活でバトミントンをしていて右足首を捻挫して、しばらく松葉杖をついていたそうです。

その他にも、社会人になってから腰痛もあるということでした。

Kさんの筋膜の状態

Kさんの過去の怪我の話をもとに、筋膜の状態を確認していくと・・・

腸脛靭帯筋膜の硬い部分

下腿の内側と外側、骨盤の横に筋膜の硬くなっている箇所を見つけました。

Kさんに筋膜の施術を施行

筋膜治療

Kさんの筋膜の硬くなっているところを入念に施術していくと

・・・

お見事!さっきまで痛かったつま先を内側にして曲げる動きをしても痛みが出なくなりました。

これをやって本人もびっくりされて

「痛くない!!これなら走れそう!!」

と大変喜ばれていました。

その後のKさん

数日後にKさんからメールが届きました。

今朝走ってみたら後半まだ少し痛んだ。でも前よりは全然良い、歩くこともなかった。

とのことでした。

なので翌週もう一度同じ筋膜のつながりのところを施術させていただきました。

そしてそれから数日後またメールが届きました。

お客様の声 メール

よかったです!私も嬉しいです。

終わりに

腸脛靭帯炎がなかなか治らないという方

整体に行ってもダメだったという方

大会が近いからなんとかしたいという方

私はそんなあなたの力になりたいです。自信もあります。

まずは1度気軽にご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.