シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

足底筋膜炎がなかなか治らない本当の原因は足の裏にはない?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

 

半年前から足の裏の痛みが全然よくならないです。最近は少し走るだけで痛くてマラソンのレースが近いのに練習できなくて困っています。

ランナーの信次さん

 

本番が近いのに練習できないのは焦りますよね・・・。

 

ランナー専門の治療院をやっていると、このように足の裏が痛いという方がたくさんいらっしゃいます。

 

そして、この方々は既に▼のような足の裏のケアを行なっているケースが多いです。

  • 自分で足の裏のストレッチをしている
  • 病院や整骨院で足の裏のマッサージや電気治療を行なっている
  • 鍼灸院で足の裏に鍼治療を行なっている
  • 足型を取ってクッション性の高いインソールを作ってもらった

 

それでも皆さん口を揃えて言います。

 

その時は楽になるけど、結局また走ると痛いです。

ランナーの信次さん

 

これには理由があります。

 

結論から言うと、足の裏だけを治療しても、ダメなんです。

 

足の裏の痛い原因は、離れたところの筋膜にあります。

 

そしてその原因になっている筋膜に対して、筋膜調整を行って行くことで、平均して1〜3回の施術で競技復帰してもらうことができています。

※当院では3回以内で治すことにコミットしています。▼私の想い

リピーターはいらない!3回以内で改善したい

 

今回はなかなか治らない『足底筋膜炎』の本当の原因と改善方法について書いていきます。

 

足底筋膜炎が治らない原因は足の裏にはない?

 

足底筋膜炎は、簡単に説明すると、名前の通り足の裏の筋膜(腱膜)の炎症です。

 

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い

引用元:wikipedia『足底筋膜炎』https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%BA%95%E7%AD%8B%E8%86%9C%E7%82%8E

最終更新日2017/12/31(アクセス2018/2/9)

 

足の裏の筋膜の炎症ってことは、足の裏をマッサージしたり、ストレッチをして足の裏の筋膜をしっかりケアすればいいんですね!

ランナーの信次さん

 

大半の人はそんな風に思っているかと思います。

 

 

でもこれ、冒頭でも書きましたが、実は間違いなんです。

 

足の裏をマッサージすると、一時的には足の裏の筋膜は緩むかもしれません。

 

でも、足の裏の筋膜が緊張してしまう根本的な原因が改善されなければ、また足の裏の同じところが張ってきてしまいます。

 

足底筋膜炎が治らない原因は足の裏以外の筋膜にあリます!

 

足の裏をほぐしてもダメなのはわかりましたが、じゃあどこにその根本的な原因があるんですか?

ランナーの信次さん

 

それは足の裏以外の筋膜にあります。

 

 

筋膜とは、▲の画像のように全身を覆っています。

 

ですので、足の裏が痛いからといって足の裏だけが悪いわけではなく、全身が関係しています。

 

 

 

▲の画像のように、すねと太ももの筋膜の硬さが足裏の痛みの原因になることもあります。

 

このケースの場合、すねと太ももの筋膜を調整することで、足の裏の痛みを改善することができます。

 

なかなか治らない足底筋膜炎を治す筋膜調整とは

 

じゃあ私もすねと太ももの筋膜を調整すれば、また走れるようになりますか?

ランナーの信次さん

 

足底筋膜炎だからといって、信次さんもすねと太ももの筋膜を調整すればいいとは限りません。

 

人それぞれ筋膜の硬くなる場所は違うからです。

 

筋膜が硬くなりやすい場所と原因は▼の5つです。

 

筋膜が硬くなる原因・部位

1、過去に痛めたことがある部位の周り(捻挫・骨折・腰痛・腱鞘炎・など)

2、手術をした部位の周り

3、過去に内科的な症状があった部位の周り(肺炎・膀胱炎・便秘・激しい生理痛など)

4、テーピングやギブスで固定していた部位の周り

5、使いすぎた部位

 

ですので、足底筋膜炎だからここを施術すれば大丈夫!みたいな万能なツボのようなものはないのです。

 

私の筋膜調整では、過去の病歴や生活習慣を聞いた上で、その方の全身の筋膜を確認し、硬い部分を探して調整していきます。

 

なるほど!では、私は過去に靭帯をやってしまい膝の手術をしたのでその辺の筋膜が硬いかもですね。ところで筋膜の調整とは具体的には何をするんですか?

ランナーの信次さん

 

筋膜調整に関しては▼のアニメーション動画にまとめてあるのでこちらをご覧ください。

 

 

足底筋膜炎が治らないKさんの改善事例

 

市民ランナーのKさんの話

 

以下、Kさん談

4ヶ月ぐらい前から足の裏が痛くなりました。

 

最初は少し痛いぐらいだったので、かまわず走っていたのですが、だんだん痛みが増してきました。

 

最近は朝は毎日痛いです。

 

日中は治るのですが、走ると痛いです。

 

走り終わった翌日ぐらいは、歩くのも痛くなります。

 

なので最近は走るのをやめてしまいました。

 

早く復帰したいので、整形外科や鍼にも通ったのですが、あまり変わりません。

 

ランナー仲間のYさんが、ここで膝の痛みが治ったとのことだったので来ました。

 

とのことでした。

 

足底筋膜炎が治らないKさんの症状

 

まずKさんに痛い場所を聞いていきました。

 

足底筋膜炎の場所

 

すると、▲の場所が痛いとのことでした。

 

この場所を押してみると、それでも痛いと。

 

次にどんな動きの時に痛いか聞いてみました。

 

足底筋膜炎の痛み

 

足底筋膜炎痛み 歩く

 

背伸びや歩くときに体重が前にかかる途中で痛みが出るようです。

 

普段は朝起きてすぐと、走った後が特に痛いとのことでした。

 

足底筋膜炎が治らないKさんの筋膜の状態

 

次にKさんの筋膜の状態をチェックしていきました。

 

筋膜

 

Kさんは高校生の時によく膝を痛めていたとのことだったので、膝周りに筋膜の硬い部分が多く見つかりました。

 

ここを中心に入念に調整していきます。

 

 

 

すると・・・

 

足底筋膜炎が治らないKさんの筋膜を調整した結果

 

 

背伸びをしても痛くなくなりました。

 

歩いて重心が前方に移る時も痛くないとのこと。

 

 

 

その後、4日後からランニングを再開してもらったところ、全く痛みなく走れるようになったと連絡をいただきました。

 

 

以下、A選手 お客様アンケート(原文のまま)

Q.ここに来られる前、どのような悩みがありましたか?

 

4ヶ月前から、足の裏が痛くて走れなかった

 

Q.ここに来られる前に、その悩みを改善するために何をしてきましたか? もしされていればその結果どうなったかも教えてください。

 

整形外科と針灸院に通った。あまり変わらず。

 

Q.ここで施術を受けてみようと思っていただいたのはなぜですか?

 

ランニング仲間の紹介

 

Q.ここで施術を受けた結果、悩みは(痛みやできなかったこと等)どうなりましたか?

 

痛くなくなった。すごい!

 

Q.これから施術を受けてみようと思う方へ一言お願いします。

 

治療は痛いけど、ケガ自体は治ります。オススメです!

 

 

まとめ

 

足底筋膜炎は足の裏だけに電気をかけたり、マッサージをしてもなかなか治りません。

 

それは、足の裏の痛みは結果であり、本当の原因は足の裏以外の少し離れたところにある筋膜に原因があるからです。

 

  • 自分で足の裏のストレッチをしている
  • 病院や整骨院で足の裏のマッサージや電気治療を行なっている
  • 鍼灸院で足の裏に鍼治療を行なっている
  • 足型を取ってクッション性の高いインソールを作ってもらった

 

それなのに足の裏の痛みが治らないという方。

 

力になれる自信があります。

 

1度私の筋膜調整を試してみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2018 All Rights Reserved.