シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

梨状筋症候群はストレッチをすると悪化する人が多い理由

 
梨状筋症候群 ストレッチ 悪化
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

梨状筋症候群がストレッチをしたら悪化しました、、

 

実は、梨状筋症候群はストレッチをすると悪化する人がたくさんいます。

 

なぜでしょうか?

 

ほとんどの人は、どこか痛い場所があるとストレッチをして治そうとする事が多いです。

 

実際に病院や整体でも、梨状筋症候群はストレッチをしましょう!

という人も多いです。

 

しかし、治るどころか梨状筋症候群が悪化する人が多くいます。

 

おそらく、この記事を読んてでいるあなたは、梨状筋症候群がストレッチで悪化してしまった人か、何かしらの方法で梨状筋症候群を治したいと思っている人だと思いますので、この記事が参考になると思います。

 

この記事では、以下の内容について解説をしていきます。

  • 梨状筋症候群とは
  • 梨状筋症候群がストレッチで悪化する理由
  • 梨状筋症候群がストレッチで悪化する時の対処法
  • それでも梨状筋症候群が治らない人へ

 

梨状筋症候群とは

梨状筋症候群 ストレッチ 悪化

梨状筋症候群は、おしりの部分で坐骨神経が筋肉などに圧迫されたりする関係で神経の痛みが出ます。

 

また、坐骨神経はかなり太い神経なので、もともと筋肉などに圧迫されやすい特徴もあります。

 

坐骨神経が骨盤出口部で、何らかの原因により股関節を支える筋肉(梨状筋)の圧迫や刺激を受け、疼痛が起きている状態のことです。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べると、まれな疾患です。

引用:済生会 梨状筋症候群

 

でも、なんでおしりの周辺で問題が起こってしまうのか気になると思います。

 

それには大きく分けて2つの原因があります。

 

2つの原因

梨状筋症候群の原因はこの2つです。

 

1.筋肉が硬い

単純に梨状筋が硬い場合や、梨状筋の周りの筋肉が硬い場合に梨状筋症候群 になりやすくなります。

 

人によっては、

  1. もともと体が硬い
  2. 下半身の筋肉をたくさんたくさん使う
  3. 運動をしている

 

などの要素があると梨状筋が硬くなりやすいので、梨状筋症候群になりやすくなります。

 

2.筋膜が硬い

梨状筋は筋肉ですが筋肉は筋膜に包まれているため、筋肉には問題がなくても筋膜に問題がある場合は梨状筋症候群のような症状が出ます。

 

また、筋肉だけでなく梨状筋の下を通る坐骨神経も筋膜に包まれているため、筋膜が硬い事で坐骨神経にも問題が起こり、梨状筋症候群のような症状が出ます。

 

今までは梨状筋症候群は筋肉や神経の問題と考えられていましたが、近年になってから筋肉を包む筋膜が本当の原因である事がわかってきています。

 

ですので、近年では筋肉ではなく筋膜に対してアプローチをするのが一般的になってきています。

 

治療法2つ

梨状筋症候群に対しては、以下の2つの治療が一般的です。

 

1.ストレッチ

梨状筋症候群は筋肉の問題だから、ストレッチで梨状筋を柔らかくすれば症状が改善する!と今までは考えられていた事もあり、おしりや股関節周りのストレッチを教わった事がある人も多いと思います。

 

実際に今でも病院や整体に行くとおしりや股関節周りのストレッチを指導されたりします。

 

もちろん、以下のようなストレッチで、梨状筋症候群が良くなる人もいます。

 

 

2.マッサージ

梨状筋症候群は梨状筋が硬いからなる!と考える人は、梨状筋のマッサージをしたりします。

 

確かにマッサージをしてもらった直後は筋肉がほぐれるので、楽になるかもしれません。

 

しかし、実際には梨状筋ではなく梨状筋を包んでいる筋膜に問題がある事が多いので、筋肉をマッサージしてもすぐに戻ってしまうケースが多いです。

 

そのような場合は筋膜に対するアプローチが必要になります。

 

梨状筋症候群がストレッチで悪化する理由

梨状筋症候群 ストレッチ 悪化

ここまで梨状筋症候群の原因や治療を解説してきましたが、ストレッチをして梨状筋症候群が悪化する人が多くいます。

 

なので、梨状筋症候群の人はストレッチを注意してやる事が大切です。

 

でも、なぜ梨状筋症候群はストレッチで悪化する事が多いのでしょうか?

 

痛みの刺激を悪化させるから

梨状筋症候群は梨状筋や坐骨神経に問題が起きている事が多いです。

 

簡単に言うと、坐骨神経が圧迫されたり引っ張られる事で痛みを出しています。

 

なので、その状態でストレッチをしても、すでに圧迫や引っ張られる刺激を受けている坐骨神経にさらに負担をかける事になってしまうんです。

 

そのため、ストレッチをしても悪化してしまう人がたくさんいるんです。

 

ですので、梨状筋症候群はストレッチは様子をみながら行う事が必要です。

 

梨状筋症候群がストレッチで悪化する時の対処法

梨状筋症候群 ストレッチ 悪化

梨状筋症候群がストレッチで良くなる人はストレッチをしていただいて大丈夫です。

 

しかし、ストレッチで悪化する人はマッサージをした方が良いです。

 

梨状筋症候群に効くマッサージを紹介

梨状筋はおしりの筋肉だからおしりをマッサージしよう!

 

と思う人が多いですが、それだけではダメです。

 

なぜなら梨状筋は以下のように筋膜で体の裏側に繋がっているからです。

梨状筋症候群 ストレッチ 悪化

 

ですので、梨状筋症候群の場合はおしりだけでなく、モモの裏やふくらはぎの裏のマッサージもする必要があります。

 

具体的なやり方は以下の動画で解説をしていますので、実際にやってみて効果を実感してみてください。

 

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

それでも梨状筋症候群が治らない人へ

梨状筋症候群 ストレッチ 悪化

このマッサージで梨状筋症候群が良くなる人もいれば、あまり良くならない人もいると思います。

 

そのようなケースでは、自分でやるのは限界があると思いますので、私たちプロを頼ってください!

 

実際に当院には梨状筋症候群の人がたくさん来られますが、多くのケースが1〜3回以内の施術で改善しています。

 

もちろん、あなたの梨状筋症候群も必ず1〜3回以内に治せますとは言えませんが、他の整体よりは早く改善できる自信があります。

 

梨状筋症候群が改善したら、

  • どれだけ楽になりますか?
  • すごい嬉しくありませんか?
  • 気持的にも楽ですよね?

 

私たちがそれを実現させるために、全力でサポートさせていただきます。

 

少しでも気になる事がありましたら気軽にお問い合わせしてください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.