シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

プロフィール

 

玉川 大悟

名前:玉川 大悟

経歴

高校時代、バスケットボールの強豪校で部活に打ち込む中で、将来スポーツに関わる仕事がしたいと考え、理学療法士養成の大学に進学。

資格取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックで勤務しながら、トレーナー派遣会社に所属、3年間理学療法士としてクリニックでスポーツ障害のリハビリの経験を積み、念願であったプロバスケットボールリーグトレーナーを経験する。

 

しかしトレーナーとして働く中で、特に足周りの障害(捻挫、アキレス腱の痛み)を抱えた選手の痛みをとることができない経験を多くし、そのせいで試合に出れない、出ても満足なプレーができない選手に対して、何かできることはないかと探している中で「筋膜」へのアプローチに出会う。

筋膜の治療を取得後、今まで何をしてもアキレス腱の痛みが取れなかった1人の選手の痛みを解決出来ることができ、その後も痛みが原因で試合にでれない選手を少なくできた経験から筋膜へのアプローチの可能性を強く感じる。

 

そのような経験をする中で、自分が関わるチームの選手だけではなく、より多くのスポーツ障害で悩んでいる人を筋膜への治療で助けたいという思いが生まれ、筋膜専門の治療院である理学BODYで働くことを決意しました。

資格

理学療法士
筋膜マニピュレーション 国際コース修了
NESTA認定トレーナー
リアラインlevel2認定資格

トレーナー活動

大学グランドホッケー部トレーナー(2013~2015)

B3リーグ東京サンレーヴスメディカルトレーナー(2016~2018)

B3リーグ埼玉ブロンコスメディカルトレーナー(2017~)

 

 

新島 康暢

 

名前:新島  康暢

経歴

学生時代ラグビーに打ちこむ中、試合中に左膝靭帯を痛め手術・リハビリを経験。

リハビリを通し身体面のみではなく、心身ともに患者様をサポートする理学療法士に魅了され、自身も理学療法士となることを決意する。

国家資格取得後は総合病院にて整形外科から緩和ケアを含む様々な分野のリハビリに携わり、6年間経験を積む。

病院勤務する中で、疾患にかかる前から自分の体と向き合う予防分野の重要性を強く感じ、予防分野の必要性を広める為地域活動にも多く携わる。

院内外の隔たりなく一人でも多くの人の力になる為、病院を退職し整形外科での勤務と併行し都内スタジオにてピラティスを中心としたインストラクターとして心身サポートの活動を開始する。

その後も徒手療法・運動療法を極める為、様々な研修会に参加する中で『筋膜』へのアプローチに出会う。

筋膜へ介入することでそれまでは解決できなかった機能障害や慢性的な疼痛、またをバネ指など一般的にストレッチや注射など解決策が限られるとされるものも短期間で改善出来る事を数多く経験。

筋肉”“関節”“神経性、各々の要素をつなぎ合わせているのが『筋膜』であり、『第二の骨格』とも呼ばれている筋膜に問題があれば様々な部位に症状が生じる。そのような筋膜の問題はセルフケアなどだけではどうしても解決は困難であり、施術が必要となる。

そのような筋膜の問題を抱えている人達の力になる為、理学BODYで働く事を決意する。

資格

理学療法士

筋膜マニピュレーション 国際コース修了

ドイツ筋骨格医学会認定マニュアルセラピスト

PHI Pilates マット インストラクター

PHI Pilatesプロップス インストラクター

PHI Pilatesバレル インストラクター

PHI Pilatesチェア インストラクター

がんリハビリテーション研修 修了

講習会受講歴(一部抜粋)

>筋膜治療関連

Fascial Manipulation® International Courses levelⅠ

Fascial Manipulation® International Courses levelⅡ

Fascial Manipulation® International Courses levelⅢ

>徒手治療関連

組織間リリース(IRS)

ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー

(Basicコース/顎関節/頚部/肩甲帯/上肢/腰部/骨盤帯/下肢)

>運動療法関連

PHI Pilates資格認定養成コース

(マットⅡ/プロップス/バレル/チェア)

 

桒原 大飛

名前:桒原 大飛

経歴

自身の交通事故をきっかけに医療職に興味を持ち、理学療法士の養成校へ進学。

国家資格取得後は総合病院へ勤務し運動器疾患や脳卒中の方のリハビリに携わる。

その後はスポーツ外傷・障害の手術件数が国内でトップクラスの病院へ勤務し、アスリートの急性期〜競技復帰を支えた。

手術をしても完治しない痛みをどうにかしたいと考えている中、『筋膜』へのアプローチに出会う。

今まで中々痛みが改善しない方に対して筋膜のアプローチをすることで劇的に改善することを経験する。

痛みに困っている方に筋膜の可能性を知ってほしいと思い、筋膜施術に特化した理学BODYで働くことを決意する。

資格

理学療法士

筋膜マニピュレーション 国際コース修了

講習会受講歴(一部抜粋)

>徒手治療関連

Fascial Manipulation Level 1

Mulligan Concept upper Quarter

Mulligan Concept Lower Quarter

Muscle energy technique

脊柱に対するマニュアルセラピー
(頚・胸・腰椎・骨盤体に対するアプローチ)

神経モビライゼーション

その他多数

>運動療法関連
MSIアプローチ〜肩甲骨(上腕骨)の症候群〜

MSIアプローチ〜腰椎・股関節の症候群〜

慢性腰痛の機能解剖学的診方・考え方

股関節疾患に対する機能解剖学的評価と保存療法の進め方

距体関節・距骨下関節障害の評価と運動療法

肩関節拘縮の評価と運動療法

その他多数

木城 拓也

名前:木城拓也

経歴

高校時代野球部に所属し活動していたが、怪我で最後の大会に出場できず、
『自分のようなスポーツで悔しい思いをした人を救いたい』との想いから理学療法士を志す。

理学療法士の国家試験に合格後、当時オリコン調べで、関東スポーツ整形外科部門2位だった増本整形外科クリニックで理学療法士として働き始める。

 

職場の環境もあって、走ることによって起きる痛みを抱えたスポーツ選手を数多く担当する。

しかし、その場では痛みを改善することができても、また走ると痛くなってしまうという状況が続いた。

 

そんな時に今行っている『筋膜』へのアプローチに出会い、海外に研修に行くなどすることで、筋膜の国際コースの全過程を修了する。

この『筋膜』へのアプローチを習得してから、ランナーやスポーツ選手が抱える痛みの改善率が飛躍的に改善し、たった数回の施術でも結果がでるようになった。

 

その場だけでなく、走っても痛みが再発することがなくなった。

関東2位のスポーツ整形で誰よりもランナーを診続けて来た経験から『ランナーの方の痛みの原因のほとんどは、筋膜にある!』ことを確信する。

 

この経験を経て、『筋膜調整によるランナーの痛みの改善』を専門にやっていこうと決意し、ランナーと筋膜の専門家として開業しました。

資格

理学療法士
筋膜マニピュレーション 国際コース修了

NESTA認定トレーナー
美脚・美姿勢スペシャリストチーム元RRRメンバー
オーストラリアマニュアルセラピー全過程終了認定
TPI認定メディカルトレーナー
キネシオテーピング協会 CKTT認定トレーナー
住環境福祉コーディネーター2級

 

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2018 All Rights Reserved.