シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

ランナー膝に筋膜リリースが抜群に効く理由を理学療法士が解説します。

 
ランナー膝 筋膜リリース
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

  • ランナー膝に筋膜リリースが効くって聞きました!

そう言ったのは、当院に来られたYさんと言う男性です。

Yさんは2年前からランニングを始めたランナーさんで、先週からランナー膝の痛みで悩まされていました。

Yさんがその事をランナー仲間に相談したところ、Yさんのランナー仲間の1人が過去にランナー膝で当院に来て、筋膜リリースで治ったとの事でYさんも当院に来られました。

このような紹介は非常に嬉しいですね!

 

でも、想像してみてください。

ランナー膝って筋膜リリースで治ると思いますか?

もちろん治る可能性はかなり高いのですが、筋膜リリースって最近聞いた言葉ですし、イメージしにくいですよね!

なので、この記事を読む事でラ、ンナー膝が筋膜リリースで治ることが多い理由がわかります!

 

ランナー膝に筋膜リリースが効く?

ランナー膝 筋膜リリース

ランナー膝に筋膜リリースが効くって言われてもイメージしにくいと思いますので、まずはランナー膝と筋膜リリースについてそれぞれ簡単に解説をしていきます。

 

ランナー膝とは

ランナー膝とは、主にランニングやマラソンをしている人に起こりやすく、症状としては膝の外側に痛みが出ます。

人によっては、長距離を走ると痛くなる人もいれば、走っている時は痛くなくても走り終わると痛い人などもいます。

もちろんランナーさん以外の人にもこの症状は起こります。

 

今までランナー膝の原因は筋肉や靭帯と言われて来たのですが、近年になって筋肉や靭帯を包む筋膜に原因があることがわかってきています。

なので近年では、筋肉や靭帯に対してアプローチをするのではなく、筋膜に対してアプローチをするのが一般的になってきています。

それが、当院が専門的に行っている筋膜リリースです。

 

筋膜リリースとは

筋膜リリースを簡単に言いますと、筋膜を伸ばしたりほぐすようにすることです。

筋膜リリースとは、筋膜の複合体に対して持続的かつ穏やかな圧と伸張(ストレッチ)を施すことによって、筋膜の制限を解除し、長さの最適化、痛みの軽減、機能の向上を目的として行われる徒手療法の1種。

(参考:Efficacy of Myofascial Unwinding and Myofascial Release Technique in a Patient with Somatic Symptoms – A Case Reportより意訳)

 

そもそも、筋膜は全身を包むように繋がっています。

ランナー膝 筋膜リリース

 

筋膜をもっと細かく見ると、このように筋肉1本1本も包んでいるのがわかります。

ランナー膝 筋膜リリース

引用:トリガーポイント

まとめると、筋膜は主に以下の物などを包んでいます。

  1. 筋肉
  2. 靭帯
  3. 神経

これは、逆に言いますと、筋膜が硬くなってしまうとこれら4つの組織にも悪影響がおよぶという事になります。

つまり、筋膜が硬くなる事で、

  1. 筋肉の痛み
  2. 靭帯の痛み
  3. 腱の痛み
  4. 神経の痛みや痺れ

などが起こります。

ですので、筋肉が痛いからと言っても筋肉が問題な訳ではなく、筋肉を包んでいる筋膜が問題であるケースが多いんです。

 

実際に、ランナー膝は膝の外側の筋肉や靭帯が痛みを出していると言われていますが、これも実はそれらを包んでいる筋膜がそもそも硬くなってしまっていることが多いんです。

なので、いくら筋肉や靭帯をマッサージしたりストレッチしてもランナー膝が治らない人が多いんです。

 

ですので当院では、ランナー膝に対しては筋膜リリースによって筋膜をほぐす事により、筋膜が包んでいた筋肉や靭帯の状態も良好な状態に戻す事で、ランナー膝の痛みを改善させています。

 

当院で行っている筋膜の施術に関しては、以下の動画と記事にも詳しく書いてあります。

筋膜の施術についての記事

 

話だけ聞いてもイメージしにくいと思いますので、Yさんの改善例を踏まえて解説させていただきます!

 

ランナー膝が筋膜リリースで改善した実例

ランナー膝 筋膜リリース

今回紹介するYさんは、ランナー膝の痛みが1週間前くらいから出てきた男性です。

過去に当院で筋膜リリースを受けて改善した、ランナー仲間からの紹介で来ていただけました。

 

Yさんの状態

Yさんは2年前からランニングを初め、時々ランナー膝のような症状の時はあったみたいですが、先週から本格的に痛みが強くなり、病院でランナー膝と診断をされたとの事です。

病院の先生には、休まないと治らない!

と言われたみたいですが、ランナー仲間に相談した時に、当院の筋膜リリースですぐに治ったと聞いたため、筋膜リリースを受けに来ていただきました。

Yさんの症状としては、以下の3つがありました。

  1. 長距離を走ると痛い
  2. 走った翌日も痛い
  3. 片足立ちで膝を曲げると痛い

腸脛靱帯炎

 

Yさんの筋膜の硬さをチェック

次に、Yさんの筋膜の状態をチェックしていきます。

すると、以下の場所で筋膜の硬い場所が見つかりました。

  1. モモの内側・外側
  2. ふくらはぎの内側・外側
  3. 足首の内側

このように、膝の外側と繋がっている場所に筋膜の硬さがたくさんあります。

これでは、膝の外側だけマッサージしても治らない理由がわかりますね。

腸脛靱帯炎

 

次は、この硬い筋膜に対して、当院独自の筋膜リリースでほぐしていきます。

 

当院独自の筋膜リリースについては、先ほど紹介させていただいたように、こんな感じの方法で行います。

筋膜の施術についての記事

 

筋膜リリースをした結果、

ランナー膝 筋膜リリース

このように、ランナー膝の痛みがその場で改善しました。

さらに、後日になってもランナー膝の痛みは出ていないそうなので、1回の施術で終わることができそうです。

ランナー膝 筋膜リリース

 

実際にYさんが硬かった場所

Yさんは以下の場所の筋膜が硬くなっていました。

この場所はランナー膝の人がよく硬くなる場所なので、あなたも試してみてください!

 

このようにランナー膝は、当院独自の筋膜リリースで1〜3回程度で改善できるケースが多く、あなたのランナー膝も最短の回数で改善できる可能性が高いです。

 

想像してみてください。

痛みがなく動けたらどれだけ幸せでしょうか?

私たちもお客様の幸せそうな顔を見るために、いつもがんばれています。

 

症状や施術で気になる点がありましたら気軽にお問い合わせしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.