シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分

ランニングでくるぶしの外側や下側に痛みが出る人の原因は〇〇でした!!

 
ランニング くるぶし 外側 下 痛み
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

ランニングをしている人で、

  • くるぶしの外側
  • くるぶしの下側

に痛みを訴える人が、当院に多く来られます。

その人たちにはある2つの共通したポイントがあり、それを改善する事でくるぶしの痛みが改善するケースが圧倒的に多いです。

 

実際に当院ではくるぶしの外側〜下側の痛みであれば、3回以内の施術で改善しているケースが多いので、今回はくるぶしの痛みを治す方法をあなたにもお伝えできればと思います!

この記事を読む事で、あなたの悩みが解決できれば嬉しいです!

 

ランニングでくるぶしが痛い時に考えられる事

ランニング くるぶし 外側 下 痛み

ランニングでくるぶしの痛みを訴える時には2つの場所があります。

  • くるぶしの外側
  • くるぶしの下

これらのどちらにしても考えられるものは2つあります。

 

1.腓骨筋腱炎

腓骨筋腱炎とは、

  • 短腓骨筋
  • 長腓骨筋

の2つの腱が痛みを出している状態の事を言います。

そのため、痛みはくるぶしの外側や下らへんに出る事が多いです。

腓骨筋炎

腓骨筋腱炎は、

  • たくさん走る人
  • 過去に捻挫をした事がある人
  • 足首をよく使う人
  • スキーやスノボーをする人

がなる事が多いです。

 

症状としては、

  • 体重をかけると痛い
  • 踏ん張ると痛い
  • 長く走ると痛い

などがあります。

 

2.捻挫の後遺症

過去にした捻挫がなかなか治らない人も、くるぶし付近に痛みを訴える事があり、このような事を捻挫の後遺症と言います。

捻挫の治療が早期に適切に行われなかった場合や、患者さんが諸事情で治療を受け入れなかった場合に関節の不安定性や痛みが残ることがあります。

引用:松田整形外科記念病院

基本的に捻挫は1ヵ月程度あれば組織が修復されるため、痛みは消失するはずです。

しかし、捻挫に伴って様々な問題が起こる事で捻挫の痛みが長引いて残ってしまう事が多くあります。

 

症状としては、

  • くるぶしの下が痛い
  • 長く歩くと痛くなる
  • しゃがむと痛い
  • 正座すると痛い
  • 足首の不安定感が残っている

などが多く、なかなか治らない事が多いので、困っている人が多いです。

 

ランニングでくるぶしの外側が痛い原因と対処法

ランニング くるぶし 外側 下 痛み

ランニングでくるぶしが痛くなる原因は大きく分けて2つあります。

それが、動きの問題組織の硬さの問題です。

人によってはどちらか片方が原因な人もいますし、両方が原因になっている人もいます。

ですので、両方しっかりチェックしておきましょう!

 

1.走り方に問題がある

ランニングでくるぶしの外側や下に痛みが出る人の特徴としては、体重が外側にかかりやすいという特徴があります。

これは走っている時や立っている時に、外側に体重がかかっている状態の事です。

外側に体重がかかりやすくなってしまう原因は3つあります。

 

1.足首の問題

足首が不安定な人や筋肉の反応が遅くなっている人は、ランニングで体重が外側にかかりやすくなる傾向があります。

理由としては、足首の外側にはたくさんの靭帯があるため、筋肉の力をそこまで使わなくても安定する事ができるからです。

実際にやるとわかりますが、長時間普通に立つよりも、小指側に体重をかけた方が立つのが楽になる感覚があると思います。

 

このように足首の外側に体重をかけると靭帯の力で安定するので、足首がゆるい人やグラグラしている人は、無意識のうちに体重を外側にかけてしまうんです。。

そうすると、足首の外側にある組織に負担がかかりやすくなってしまうので、くるぶしの外側や下側が痛くなってしまうため、改善が必要です。

 

2.膝の問題

膝も足首と同じで筋力が弱かったり、不安定性があると無意識のうちに外側に体重をかけて安定を図ろうとするので、外側にある組織に負担がかかってしまいます。

改善するためには、このように足を前に大きく踏み出した時に、左右にブレずにしっかりと踏ん張れるようにするトレーニングなどが有効です。

ランニング くるぶし 外側 下 痛み

この時に膝が安定していないと、膝がまっすぐになりませんし、左右にブレてしまいます。

体重もなるべく足の親指側にかかるようにして、小指側にかからないようにしましょう!

 

3.股関節や体幹の問題

股関節周りや体幹の筋力が弱いと、体がブレやすくなってしまうため、足首への負担も大きくなります。

そのため、股関節周りや体幹を鍛えておくことも大切になると思います!

 

2.筋膜に問題がある

当院では今までくるぶしの外側や下側が痛いランナーをたくさん施術してきました。

その中でわかったのは、筋膜が硬くなっている人がかなり多い!ということです。

筋膜はこのように全身繋がっているため、痛い場所はくるぶしの外側でも、本当に硬いのは繋がっている膝の外側だったりします。

ランニング くるぶし 外側 下 痛み

引用:トリガーポイント

特に過去に下半身で何かしらの怪我をした事がある人は、この外側で繋がっている筋膜が硬くなりやすいので、ランニングでくるぶしの外側や下側に痛みが出る事が多いです。

具体的には、

  • 捻挫
  • 膝をひねった
  • ヒビ
  • 骨折
  • 肉離れ

などの怪我の経験がある人は、この外側の筋膜が硬くなっている人が多いです。

 

そのため、過去に怪我をした事がある人は、その怪我をした周辺の部位を柔らかくほぐしてあげる事が大切になります。

 

1番効果的な治療法

ランニング くるぶし 外側 下 痛み

ここまで様々な事を解説しましたが、くるぶしの痛みに1番効果的なのは、筋膜をほぐす事です。

多くの人は、

  • 走り方のクセ
  • 過去の怪我
  • 使いすぎ

などでくるぶしの外側と繋がっている筋膜が硬くなってしまっています。

なので、このくるぶしの外側と繋がる筋膜をほぐす事で、ランニング時の痛みが改善するケースが多くいます。

 

ここでは簡単にですが、過去に筋膜をほぐす事で改善した例を2人紹介します。

 

1人目:腓骨筋腱炎でくるぶしの外〜下が痛い女性

ランニングでくるぶしの外側〜下側に痛みが出ていた女性ランナーさん。

特に、以下の2つで痛みが出ている状態でした。

  1. ランニングで蹴り出すとき
  2. しゃがむ時

硬い筋膜がないか調べると、

  • 足の甲
  • ふくらはぎの内側・外側
  • 膝の内側・外側
  • お尻の外側

の筋膜が硬くなっていました。

その筋膜をほぐした結果、1回の施術でここまで改善しました。

 

2人目:捻挫の後遺症でくるぶしの外側の痛みが治らない女性

この女性は過去にした捻挫の痛みがなかなか治らず、悩んでおられました。

 

痛みは、

  • しゃがむ
  • 正座
  • 体重をかける

などで強く出ていました。

捻挫の後遺症の痛み

 

話を聞いていると、過去に膝がよく痛くなっていたとの情報があり、膝周りの筋膜が硬くなっている事が予想できました。

実際に硬い筋膜がないか調べてみると、

  • ふくらはぎの内側・外側
  • モモの内側

に筋膜が硬い場所がありました。

筋膜の凝り 捻挫のAさん

この女性も、この筋膜をほぐす事で運動に復帰ができました。

 

このように、当院では足首の外側の痛み概ね3回以内の施術で改善する事が多いです。

他にもくるぶしの外側の痛みが、筋膜をほぐす事で改善した例がありますので、気になれば読んでいただければと思います!

 

他にも気になる事がありましたら気軽にお問い合わせしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.