シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

坐骨神経痛はいつまで続くのか?〇〇が改善するまでずっと続きます。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

坐骨神経痛っていつまで続くのかな?

 

あなたは、このようなことを思った事はありませんか?

 

と言うのも、坐骨神経痛になってしまった人は、なかなか痛みが治らなくて長期間痛みが出ている人が多いです。

 

なので、坐骨神経痛っていつまで続くのか?

 

と不安になる人が多いです。

 

実際に、病院に行っても薬や湿布をもらうだけで全然治りませんし、整体に行っても全然治らない人は多いです。

 

そんな時にネットで私たちのHPを見つけていただき、施術を受けに来てくれる人が多くいます。

 

そして、坐骨神経痛の人は平均して1〜3回程度の施術で治る事が多いです。

 

もちろん人によって差はありますが、他の整体よりは早く改善できる自信があります。

 

そして、この記事では、坐骨神経痛いつまで続くのか不安になっているあなたに、坐骨神経痛の原因や自分でできる対処法について解説をしていきます。

 

ですので、実際にやってみていただき効果を感じてみてください。

 

坐骨神経痛とは?

まずは坐骨神経痛について解説をしていきます。

 

坐骨神経痛について

坐骨神経は腰から足まで続く長くて太い神経です。

 

ですので、この腰から足までのどこかで坐骨神経に問題が起こると、坐骨神経痛が起こります。

 

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。

走る と おしり が 痛い

引用:坐骨神経痛とは

 

  1. 坐骨神経痛の症状としては、
  2. おしりの痛み
  3. 足の痛み
  4. 歩くと痛い
  5. 座ると痛い
  6. 立つと痛い

など様々ですが、おしり〜足にかけて症状が出るのが基本です。

 

坐骨神経痛の原因

 

坐骨神経痛の原因は、腰付近で問題が起こって神経が圧迫されたりする事です。

 

具体的には以下の内容で坐骨神経に問題が起こっている事が多いです。

  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 腰部脊柱管狭窄
  3. 梨状筋症候群

 

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、腰部脊柱管狭窄が増えてきます。
腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって神経根が圧迫され、下半身に痛みやしびれるような痛みを引き起こします。

引用:疼痛.JP

 

 

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の人が病院に行くと、以下の5つの治療がされる事が多いです。

  1. 服薬
  2. ストレッチ
  3. マッサージ
  4. ブロック注射
  5. 手術

 

しかし、結論としてはどれも治らず、坐骨神経痛はいつまで続くの?と思う人が多いです。

 

1.服薬

病院で薬をもらう人は多いです。

 

具体的には、神経や筋肉に効果がある薬です。

 

しかし、服薬で坐骨神経痛が軽減しても、痛みを麻痺させているだけなので根本的な解決にはなりません。

 

なので、服薬をずっと続けるのはオススメできません。

 

2.ストレッチ

坐骨神経痛はストレッチをしましょう!

 

と言われた事がある人は多いと思います。

 

しかし、どうでしょう?

 

多くの人は治っていないと思います。

 

なぜなら、坐骨神経痛はストレッチでは治らないからです。

 

3.マッサージ

マッサージもストレッチと同様で治らない人が多いです。

 

と言うのも、一般的なマッサージでは筋肉をほぐしますが、そもそも坐骨神経痛の原因が筋膜ではない事が多いので、治らない人が多いです。

 

4.ブロック注射

痛みがどうしても我慢できない人は、ブロック注射で一時的に神経を麻痺させる人もいます。

 

しかし、これも結局は対処療法なので、治すためのものではないです。

 

なので、ブロック注射をずっと続けるのもオススメはできません。

 

5.手術

坐骨神経痛の場合は手術までいくケースは少ないですが、坐骨神経を圧迫しているのが明らかにわかれば、手術をする事もあります。

 

一見、手術をすると治りそうですが、手術をしても坐骨神経痛が治らない人は多いんです。

 

と言うのも、坐骨神経痛は神経や筋肉を包んでいる筋膜に原因がある事がわかってきているからです。

 

これについては、後ほど解説します。

 

坐骨神経痛はいつまで続くのか?

ここまで紹介した治療法は、一般的な治療法ですが治らない人が多いです。

 

なので、坐骨神経痛はいつまで続くのか?と思う人が多いです。

 

しかし、基本的には坐骨神経痛は1週間程度で治るのが基本です。

 

しびれや痛みは、坐骨神経の炎症が原因です。炎症自体は3~7日程度で収まる事が殆どですので、その間痛みが強ければ、痛み止めを服用していれば問題はありません。

引用:坐骨神経痛の治療は?

 

しかし、多くの人は坐骨神経痛が1週間以上続いていますよね?

 

つまり、あなたの痛みは坐骨神経痛のようですが、違う原因が隠れている可能性が高いんです。

 

それが、坐骨神経や筋肉を包んでいる筋膜の問題です。

 

筋膜と坐骨神経痛の関係

坐骨神経は薄い膜に包まれています。

 

この膜は筋肉や神経を包む膜で、この膜がある事で神経や筋肉が正常に機能します。

 

しかし、この膜が硬くなってしまう事で神経の動きも悪くなり、坐骨神経痛の症状を引き起こします。

 

なので、坐骨神経痛が治らない人はこの筋膜が原因になっている事が多く、筋膜をほぐす事で坐骨神経痛の症状が改善される人が多いんです。

 

 

ですので、当院でも坐骨神経痛の痛みが続いている人がたくさん来られますが、ほとんどの人の筋膜は硬くなっており、筋膜をほぐす事で続いていた坐骨神経痛が改善されます。

 

そして、坐骨神経痛が続いている人が硬くなっている事が多い筋膜の場所もある程度はわかっているため、ここで一部を紹介させていただきます。

 

坐骨神経痛に効果的なポイント

もちろん全員ではありませんが、坐骨神経痛が続いている人は、以下の場所が硬くなっている事が多いので、1箇所を3〜5分程度マッサージしてみてください。

 

筋膜をほぐすのは難しいので、思うように効果が出ない人もいるとは思いますが、少しでも症状が変わるようであれば、あなたの坐骨神経痛には筋膜が関係している可能性が高いです。

 

坐骨神経痛がいつまで続くか不安なあなたへ

ここまでやってみて、坐骨神経痛が変わる人もいれば、あまり変わらない人もいます。

 

あまり変わらない人は、自分でやるには限界があると思いますので、私たちプロに任せてください。

 

実際に当院には、坐骨神経痛が治らずに続いている人が多く来られていますが、多くの人が1〜3回以内の施術で改善しています。

 

もちろん、あなたも必ず1〜3回以内に痛みが改善するとは言い切れませんが、他の整体よりは早く改善できる自信があります。

 

ですので、私たちに任せてください!

 

あなたは、坐骨神経痛が改善したら、

  • どれだけ楽になりますか?
  • すごい嬉しくありませんか?
  • 気持的にも楽ですよね?

 

私たちがそれを実現させるために、全力でサポートさせていただきます。

 

少しでも気になる事がありましたら気軽にお問い合わせしてください!

 

 

  s

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.