シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

シンスプリント専門の治療で3回以内に競技復帰できる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

 

  • 息子のシンスプリントを治して部活動に復帰させてあげたい。
  • 娘のすねの痛みを少しでも減らして大会に出させてあげたい。

 

そんな風に悩んでいる親御さんは多いと思います。

 

だけど、整形外科に行っても湿布が出て安静にしてくださいといわれるだけ。

 

近所の整骨院では電気治療とマッサージを受けて、その場は少しいいけど、走るとまたすぐに痛くなってなかなか完治しない。

 

シンスプリントを専門的に診ていて、走っても痛みがなくなるような根治治療を受けられるところはないだろうか・・・。

 

そんな親御さんのお役に立てる自信があります。

 

 

私の治療院では『筋膜調整』という最もシンスプリントに適した治療方法で、シンスプリントを専門的にみています。

 

理学療法士としてスポーツ整形外科に勤めていた時代から数えると、過去に述べ数百人のシンスプリントの方を診続けてきました。

 

その中でわかったことは、シンスプリントはすねの内側の、押して痛いところの周辺に原因があるわけではないということです。

 

すねの内側に電気を当てたり、ふくらはぎをマッサージばかりしていませんか?

 

シンスプリントの本当の原因は少し離れたところの筋膜にあります。

 

この少し離れたところにある筋膜をしっかり治療することができれば、ほとんどの人が1~3回の治療で競技に復帰することができます。

※当院では3回以内で治すことにコミットしています。▼私の想い

リピーターはいらない!3回以内で改善したい

 

今回はその辺のところを、改善事例を交えてご紹介させていただきたいと思います。

 

シンスプリントはなぜ治療をしてもなかなか治らないのか?

 

「シンスプリントの治療は、整骨院や鍼灸院にさんざん通って受けてきたけどよくならなかった」

 

そんな声をよく耳にします。

 

なんで何回も治療を受けたのによくならないのでしょうか?

 

それは、患部であるすねの内側や、ふくらはぎ周辺だけを治療しているからです。

 

『ふくらはぎの筋肉が張ってきてすねの内側の骨膜を引っ張るから痛い!』

 

一般的にはこう言われていますね。

 

『だからふくらはぎの筋肉をマッサージやストレッチ・電気治療しましょう!』

 

教科書的にはこれで正解ですし、ネットで『シンスプリンント』と検索しても、ふくらはぎのストレッチやマッサージの方法ばかりでてきます。

 

たしかにその場はそれで少し楽になるでしょう。

 

ただ、走るとまたすぐ痛くなりませんか?

 

この理由は簡単です。走ると以前と同じようにまたふくらはぎの筋肉を使うので、結局再び同じようにふくらはぎの筋肉が張ってきてすねが痛くなります。

 

これを対症療法といいます。

 

『なぜふくらはぎの筋肉が張ってしまうのか?』までもっと掘り下げて考えていかないとシンスプリントは治りません。

 

シンスプリントはどうすれば治るのか?

 

では、シンスプリントを治すにはどうしたらいいのでしょうか。

 

シンスプリントの原因は患部以外にあります。

 

足の土踏まずのところだったり、膝の内側だったり、骨盤だったり、これは人によるので何とも言えませんが、患部のふくらはぎから離れたところにあることが多いです。

 

ですので、患部以外の部位もしっかり診てもらってください。

 

でも患部以外もしっかり診てもらえる治療院ってどこにあるの?どうやって探せばいいの?

Aさん

 

これは一概には言えませんが、しっかりとしたシンスプリントの治療実績が、たくさんあるところに行くのが賢明です。

 

たいていの整骨院や鍼灸院は、地域の高齢者の腰痛膝痛を診ることがほとんどです。

 

シンスプリントのような、若者のスポーツ障害の方を診る機会が、そもそもそんなにありません。

 

ですので、患部以外に原因があるということに気が付いていません。

 

そういう意味でもシンスプリントやスポーツ障害を専門的に診ている、または専門的に診ていた経験がある人に治療をお願いした方が、症状が改善する可能性が高いです。

 

シンスプリントの治療には筋膜調整が非常に有効

 

私ははじめに勤めた整形外科が都内で有名なスポーツ整形だったため、理学療法士になって1年目の頃からシンスプリントの方をたくさん担当してきました。

 

述べ数百人以上に治療を行ってきたと思います。

 

もちろん私も最初の数年は、他の治療院さんと同じように、患部であるすねの周辺の治療ばかり行っていたので、シンスプリントの方の痛みをほとんど良くすることができませんでした。

 

だからわかるのです。シンスプリントは普通に治療していても治らないと。

 

この時私はシンスプリントの患者さんをたくさん抱えていたので、本当に悩みました。

 

どうしたらシンスプリントの痛みをとることができるのか・・・。

 

そんな時に出会ったのが、今私が行っている『筋膜調整』です。

 

 

この治療方法に出会ってから、私はシンスプリントの方を飛躍的によくできるようになりました。

 

この治療方法は、すね周囲だけでなく、全身の筋膜の硬さを診ていきます。

 

左のすねが痛いのに、右の骨盤や、左の足の裏の筋膜を調整したらよくなるなんてケースにも、頻繁に出会うようになりました。

 

どうりで今まですねの近くのふくらはぎの筋肉を、どんなに治療していても良くならないわけです。

 

このことに気づいてから、私はどこの治療院もなかなか良くすることができない『シンスプリント』を専門的に診ていこうと決めました。

 

シンスプリントのHくんが筋膜調整で改善した事例の紹介

 

ここでは、シンスプリントのHくんが2回の筋膜調整で症状が改善したケースを報告させていただきます。

 

Hくんのシンスプリントの状況

Hくんはサッカー部に所属する高校2年生。

 

痛みで練習ができなくなって落ち込んでいる息子を、なんとかしてほしいとお母さんが連れて来てくれました。

以下、Hくん談

今年の7月ごろから走るとすねが痛くなりました。

 

夏が終わるぐらいまではそれでも我慢して練習はできていたんです。

 

でも9月ぐらいから痛みが強すぎて、走れなくなってしまいました。

 

さすがに痛すぎたので整形外科に行ったんですけど、レントゲンを見て、骨折はしてないと言われました。

 

医者の先生からは「安静にして2週間後にまた来るように」と言われました。

 

でもその通りに安静にしていたけど全くよくなりませんでした。

 

そうしたら医者の先生は、「もう2週間休んでまた来なさい」と。

 

また休むの?それは辛いと思い

 

「あと何日休めば良くなりますか?」って聞いても「わからない」、「シンスプリントは休むしかない」と。

 

もうただ休んでいるだけは嫌だったので、近所の整骨院に通いました。

 

そこでは電気とマッサージをしたけどそれでもほとんど変わりませんでした。

 

そのあと、お母さんが友達に紹介された鍼治療にも行ったんですけど、そこでも痛みは変わりませんでした。

 

もう1か月半ぐらい練習できてなくて辛いです。

 

なんとかしてほしいです。

 

 

と、H君は説明してくれました。

 

Hくんの現在のシンスプリントの状況

 

Hくんのシンスプリントの今の状況を伺うと

 

「とにかく走ると痛い」

 

「アップですでに痛い」

 

とのこと。

 

ここに走るスペースはないので、どの動きで痛みが出るかテストしてみました。

 

すると・・・

 

シンスプリント Hくん痛い動き

 

この動きで痛みが出ました。

 

これを治療後にもう一回やって治療効果を確認しよう。

 

ということで、早速治療を開始していきました。

 

シンスプリントHくんの 筋膜の硬さの確認と施術

 

Hくんの筋膜の状態をさっそく確認していくことにしました。

 

するとHくんは▼の図の位置で筋膜の硬さが発見できました。

 

シンスプリントHくん筋膜の状態

 

これを見ていただくとわかっていただけると思うのですが、患部のすね以外にこんなに筋膜の問題が起きています。

 

それなのにすねの近くだけ治療していても、良くなるわけがないのです。

 

ということで、この筋膜の硬いところ9カ所を筋膜調整していきました。

 

そうすると・・・

 

 

シンスプリントHくんの痛みが改善

 

さっき痛かった動きで痛みがなくなりました。

 

ただし、まだ走ってどうなるかわからなかったので、お母さんも交えて3人で話し合い2週間後に予約を一応入れておき、それまでに少しづつできる範囲で走ってもらい経過を教えてもらうことにしました。

 

~2週間後~

 

Hくん「前回来る前よりだいぶいいです!!おとといから練習ほぼフルで参加できてます!ただ、まだ痛みはすこしあります。」

 

ということで、よくなってはいました。

 

よくなっているということは、前回の治療の方向性は間違っていなかったということなので、今回も前回と同じラインの筋膜を調整していくことにしました。

 

今回は前回取りきれなかったところと、新たに逆足の方も筋膜調整していき、これでまた様子を見ることにしました。

 

~6日後~

 

お母さんから連絡がありました。

シンスプリントHくん母メール

 

以下、内容

木城 様

先日はありがとうございました。

 

息子は言われた通り3日間は安静にした後、一昨日から練習に参加したようなのですが、今のところほとんど痛みを感じずに練習できているようです。

 

木城先生に治療してもらえて本当に良かったです。

 

また何かあったらお願いしたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

 

ということで、Hくんは2回の施術で競技復帰までもっていくことができました。

 

こういった連絡をいただけると私も非常に嬉しいです。

 

状況によってはもう少し期間がかかってしまうケースもありますが、筋膜調整を行うことによりシンスプリントの痛みは、このように概ね3回以内の治療で、競技に復帰できるところまでもっていけることがほとんどです。

 

他にも、シンスプリントの専門家として筋膜調整で、シンスプリントの症状が改善した事例の一部を記事にしています。シンスプリントの治療に関してもっと気になる方は▼をご覧ください。

 

まとめ

 

シンスプリントは安静にしているだけではなかなか治りません。

 

すねの周辺だけに電気をかけたりマッサージをしても、走ったらまた痛くなってしまいます。

 

シンスプリントの本当の原因は患部以外の場所にあるからです。

 

私の筋膜調整では、全身の筋膜をチェックし、シンスプリントの本当の原因を突き止め治療していきます。

 

これにより、概ね3回程度の通院で競技に復帰できています。

 

 

一生のうちに『部活を本気でできる期間』は、けっして長くありません。

 

その貴重な時間をケガで何か月も無駄にするのは本当にもったいないです。

 

 

私自身高校の最後の半年をケガで棒に振り、めちゃくちゃ悔しい思いをしました。

 

だから今ケガで苦しんでいる学生さんの気持ちが痛いほどわかるんです。

 

 

そんな学生さんを一人でも多く救いたいです。

 

そして救える自信があります。

 

 

お子さんがシンスプリントの痛みでお悩みのお父さん、お母さん、1度私にご相談ください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.