シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

シンスプリントがなかなか治らないランナーは筋膜調整が有効

 
シンスプ アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

「シンスプリントで脛が痛くて走れない」

 

「今月ハーフマラソンだから練習しなきゃいけないのに・・・」

 

そんなランナーの方をよく診させていただきます。

 

治そうと思って病院に行っても湿布しか出ないし

 

近所の整骨院に通って電気をあててみたけどなかなか治らない

 

そろそろマラソンのために長い距離を練習で走っておきたいけど、

 

走ると余計悪化しそうで不安ですよね。

 

そんな方に是非この記事を読んでいただきたいです。

 

私は今まで病院勤務時代から述べ100名以上のシンスプリントの方を担当させていただきました。

 

その中でわかったことが1つあります。

 

シンスプリントは筋膜調整で改善できる

 

ということです。

 

今回は先日私のサロンに来られた、シンスプリントに長年悩まされてきたNさんの話を書かせていただきます。

 

Nさんのシンスプリントの状況

Nさんは34歳男性で、なんとフルマラソンを2時間台で走りきるという、かなりハイレベルなランナーさんでした。

 

以下、Nさん談

長年マラソンをしてきましたが、シンスプリントになるまではほとんどケガらしいケガはしてきませんでした。

 

そのおかげもあって日常的に練習を続けることができていました。

 

はじめて脛が痛くなったのは、2年前です。

 

はじめは痛くても我慢して走ることができていましたが、だんだん痛みがひどくなってきて、おもいっきり練習をすることができなくなりました。

 

マラソンのために走りたいけど、脛の痛みで走れない日々は、本当に辛かったです。

 

この脛の痛みを治すために、近所の整骨院や整体、鍼灸マッサージなど、いろいろ行きました。

 

施術を受けて、痛みが軽減することはありましたが、痛みを気にせず走れるほどにはなりませんでした。

 

体が硬いのが原因だと思い、ストレッチやマッサージなどを自分でもするようにしましたが、痛みはほとんど改善しませんでした。

 

それでも、この脛の痛みをなんとかして、またマラソンにベストなコンディションで挑戦したい。

 

そんな風に思い、ネットでシンスプリントについて調べていると、木城先生の筋膜調整でシンスプリントが治ったという記事にたどり着きました。

 

この脛の痛みは、木城先生が言うように筋膜に関係がありそうだと思ったんですよねー。

 

だから今回来ました。

 

 

とのことでした。

 

Nさんがどのシンスプリントの記事を読んでくれたのかはわかりませんが、私は過去にシンスプリントの記事をたくさん書いています。

 

シンスプリントにお悩みの方はこの記事と合わせて▼の記事も読んでいただけると嬉しいです。

 

シンスプリントの治療期間は?私は最低3回以内の施術で競技復帰をめざしています。

 

走るとすねの内側に痛みが出る選手が筋膜調整で競技復帰

 

シンスプリントの治し方について私が記事を書き続ける理由

 

他にも結構シンスプリントの記事は書いていますが、多くてここに載せきれないので、もし興味がある方は、▼にシンスプリント関連の記事をまとめたページを作ったのでそちらからご覧ください。

 

シンスプリントの記事をまとめたページ

 

筋膜調整については▼で詳しく書いています。

 

筋膜調整とは?

 

Nさんの現在のシンスプリントの状況

Nさんに今の痛みの場所を伺うと

Nさん シンスプ

 

▲の画像の位置が痛いとのことでした。

 

今回のNさんの痛みの位置はだいぶ真ん中よりで、かなり珍しいタイプでした。

 

(※位置が珍しいタイプだったので、治すのも普通のシンスプリントより大変かもと思いましたが、実際にやってみるとそういうわけでもなく、いつも通りでした。)

 

次に、痛みのでる動きを教えてもらおうと聞いてみましたが、

 

最近は練習で走ったりもしていないため、炎症もおさまっていて、ここで何かしても痛みは出ないと思うとのことでした。

 

ただし、

 

「走れば必ず痛みが出るし、走った翌日以降は歩くだけでも痛くなる。数キロ走っただけでもほぼ必ず痛くなる。」

 

とのことでした。

 

筋膜の確認と施術

次にNさんの筋膜の硬さを確認していきました。

 

Nさん シンスプ筋膜

 

すると、左足の内側の筋膜に硬いところが特に多かったです。

 

ここの筋膜を集中的に調整していきました。

 

その場で痛みを再現することは難しかったため、

 

「3日後ぐらいに走ってみてどうだったか結果を教えてください。経過次第で今後の施術をどうするか決めましょう」

 

と、お伝えさせていただきました。

 

すると、4日後に連絡がありました。

 

結果は、

 

「最初の方は痛みを感じずに走れたが、5Km越えたあたりからまた違和感がではじめた。でも以前に比べれば全然ましになった」

 

とのことでした。

 

良くはなっていたけど、まだ症状が残っていたので、また1週間後に2回目の施術を行うことになりました。

 

2回目は、前回ほとんど治療しなかった、右足や体幹の方も治療しました。

 

そしてまた、走ってもらってどうなったか教えてもらうことに。

 

数日後・・・

 

Nさんからメールでお礼と、前回お渡ししていた、お客様アンケートが添付されてきました!

 

 

 

お客様アンケート内容(原文のまま)

Q.ここに来られる時、どのような悩みがありましたか?

ランニングによる慢性的な脛の痛み

 

Q.ここに来られる前に、その悩みを改善するために何をしてきましたか?もしされていればその結果どうなったかも教えてください。

他の整体、整骨院での鍼灸マッサージ

軽減はしましたが、まだだいぶ痛みが残っていました。

 

Q.ここで施術を受けてみようと思っていただいたのはなぜですか?

脛の痛みと筋膜に関係がありそうと思ったので。

 

Q.ここで施術を受けた結果、悩みは(痛みやできなかったこと等)どうなりましたか?

脛を押されても痛みを感じないというレベルにはなっていませんが、以前の痛みを10としたら、今は1あるかないかまで軽減しました。

 

Q.これから施術を受けてみようと思う方へ一言お願いします。

2年間ほど脛の痛みに悩まされてきましたが、わずか2回の施術(実質10日程度)でこれまで改善するとは思いませんでした。

痛みに悩んでいる方は、ぜひ木城先生の施術を受けてみてください。

 

ということで、2回の施術で症状がかなり改善して、マラソンの練習を再開することができたようです!

 

まだ脛を押したら痛みが出てしまうのが悔しいところですが、

 

走った時の痛みが10⇒1あるかないか

 

まで減らすことができ、競技にも復帰できて喜んでいただけたので、私も嬉しく思っています。

 

終わりに

シンスプリントは筋膜の調整で改善できる可能性が極めて高いです。

 

最低でも3回以内で競技に復帰できるレベルに持っていけるように、施術をおこなっています。

 

どこに行ってもなかなか脛の痛みが治らない方

 

すぐに治して練習に復帰したいランナーの方

 

お役に立てる自信があります。私の施術を受けにきてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.