シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

シンスプリントの原因と治療!原因に合わせたテーピング方法

 
テーピング
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、青山で理学療法士の資格を持ったパーソナルトレーナーとして活動している木城です。

「シンスプリントですねの内側が痛いけど、大会が近いからなんとか練習したい」

「少しでも痛みを減らして走れる方法ありませんか?」

あります!テーピングをしましょう。

「でも巻き方がわかりません。自己流で平気ですか?」

それはダメです!

シンスプリントは人によって原因が違います。

原因に合わせた巻き方をしないと逆効果になってしまいます。

今回はシンスプリントの原因をタイプ分けし、そのタイプに合わせた簡単なテーピングの巻き方をお伝えしていきます。

シンスプリントってどんな状態?

疑問

シンスプリントは正式には「脛骨過労性骨膜炎」といい、骨の周りを覆っている骨膜の炎症のことを指します。

よくシンスプリントの人はすねの骨の内側を触るとと痛いため、骨が痛いと思われがちですが、この段階ではレントゲンを見ても骨に異常はありません。
※もし異常がある場合はシンスプリントが悪化し、疲労骨折しているケースです。

疲労骨折とシンスプリントの違いに関しては▼の記事をご覧ください。

シンスプリントと疲労骨折の違いは?治療方法は?

では、この骨膜の炎症はどうして起きるのでしょうか?

実はシンスプリントになってしまう原因は大きく分けて、『過回内タイプ』と『過回外タイプ』の2つパターンがあります。

このパターンを理解せずにテーピングを巻くと逆に痛みが強くなることがあるので、気を付けてください。

なので、炎症が起きる原因を説明する前に、まずはこの二つのタイプについて説明させてください。

過回外と過回内とは?

過回内タイプ

回内位

このように歩行時にかかとが地面に接地してすぐにかかとが内側に傾くことを、回内といいます。

つまり過回内とは、この回内が過度に大きい状態をさします。

過回外タイプ

回外位

回外は回内とは逆で、歩行時にかかとが地面に接地してすぐにかかとが外側に傾くことをいいます。

過回外は、この回外が過度に大きい状態をさします。

シンスプリントの原因とは?

何が原因?

このタイプをふまえたうえで、タイプ別にシンスプリントの原因について書いていきたいと思います。

過回内タイプのシンスプリントの原因

シンスプリントのメカニズム

こちらの過回内タイプの方がより一般的で、人数的にも多い印象があります。

走っているときに過度な回内状態で接地すると、足の内側のアーチがつぶれやすくなります。いわゆる偏平足です。

そうすると、後脛骨筋というすねの内側から足の裏の内側にかけてついている筋肉が、下方向に牽引される力が加わります。

この状態がくり返されることで、後脛骨筋の付着部である、すねの内側の骨膜も引っ張られ、炎症が起きます。

これが従来からよく報告されているシンスプリントの原因です。

過回外タイプのシンスプリントの原因

過回外タイプシンスプリントメカニズム

こちらの過回外タイプは今まであまり有名ではありませんでしたが、最近理学療法士の先生方がちらほら研究されていて、論文などで見かけるようになってきました。

走っているときに過度な回外状態で接地すると、下腿が外回りをします。

ですが、膝を含めた下腿の上のほうは内回りをするケースが多く、その場合すねの骨に対してねじれのストレスがかかることで骨膜が炎症を起こすといわれています。

過回内タイプと過回外タイプのかかとの傾き以外で明確な違いはあるの?

過回内タイプは、まず先に筋肉が引っ張られて、その筋肉がすねの内側の骨膜を引っ張ります。

そのため、筋肉自体にも張りが強くでます。

過回外タイプは直接骨がねじれることにより、骨膜が炎症を起こすものなので、過回内タイプに比べ、筋肉の張り感は少ないです。

まあだからといって、あなたの足は必ずどちらか一方のタイプになるので、比べることはできませんが・・・。

私はどっちのタイプか?なにをしたらわかるの?

せっかくタイプがあることがわかっても、自分がどっちかわからないと意味がありませんね。

なのでここからはタイプの見分け方をお伝えします。

①立った状態で後ろからかかとの傾きをチェック!

やり方としては、コーチや友達に後ろから携帯で、立った時のかかとの写真を撮ってもらいましょう。

そしてその写真を見て、かかとの傾きがどっち側になっているか確認してみてください。

回内位

アキレス腱が内側に大きく傾いていたら、過回内タイプの可能性が高い

回外位

アキレス腱が外側に大きく傾いていたら、過回外タイプの可能性が高い

です。

ほとんど傾いていなければ、この時点では問題はそれほどないです。

ただ、立っているときは普通でも、走り出すと、どちらかに傾く場合もあります。

その場合は一般の人には確認が少々難しいですが、コーチや友達に後ろからの動画を撮ってもらって確認するなどしてみてもいいかもしれません。

②立った状態で横からアーチの高さをチェック!

内側アーチ評価

これもまた立った状態で、今度は横から足の写真を撮ってもらってください。

この写真でアーチの高さが低く、偏平足なら回内タイプの可能性が高い、アーチの高さが高ければ回外タイプの可能性が高いです。※例外もあります。

ただ、横からアーチの高さをチェックする際は、基準がないのであきらかに誰が見ても偏平足もしくはハイアーチでないと鑑別が難しいので、私は①立った状態で後ろの傾きをチェック!の方がおすすめです。

シンスプリントのタイプに合わせたテーピングの巻き方

テーピング

さていよいよここからがテーピングの巻き方編です!

もうお分かりかもしれませんが、要するに過回内であれば、回外方向にかかとをもっていく方向にテープを巻き、過回外であれば回内方向にかかとを持っていく方向にテープを巻いていきます。

なので、もともとチームにテーピングを巻ける人がいれば、その人のやり方でかかとを正しい方向にもっていってもらえば平気です。

ここで注意していただきたいのが、『過回内タイプ』にかかとを回内方向にもっていくテーピング、または『過回外タイプ』にかかとを回外方向にもっていくテーピングをすると症状が悪化しますので、チェックを必ずしてください。

これをふまえてしっかりタイプに合わせてかかとを誘導できていれば、巻き方はなんでも大丈夫です。

一応ここでは下に1番簡単な巻き方をご紹介します。

シンスプリントの過回内タイプに対してのテーピング

テーピングのテープは、伸縮タイプのものを使用します。

ヒールロック回外制動1ヒールロック回外制動2ヒールロックテーピング回内制動3

ポイントとしては、かかとの骨を回外方向にもっていく時に、しっかり張力をかけて引っ張ることです。

シンスプリントの過回外タイプに対してのテーピング

テーピングのテープは、伸縮タイプのものを使用します。

ヒールロック回外制動②ヒールロック回外制動③

 

ポイントとしては、かかとの骨を回内方向にもっていく時に、しっかり張力をかけて引っ張ることです。

筋肉の動きを助けて負担を減らすためのテーピング

テーピングのテープはキネシオテープを使用します。

後脛骨筋 キネシオテープ① 後脛骨筋 キネシオテープ② 後脛骨筋 キネシオテープ③

足首を下に曲げ、後脛骨筋がちじまった状態にし、後脛骨筋の走行に沿って上方向に張力をかけながら引っ張ります。

こうすることで、キネシオテープが後脛骨筋の働きを助けてくれます。

まとめ

シンスプリントの原因は『過回内タイプ』と『過回外タイプ』がある。

後ろから見てアキレス腱が内側に傾いていれば回内、アキレス腱が外側に傾いていれば回外です。

テーピングを巻くときは必ず傾いている方と逆方向に、アキレス腱とかかとが直立になるようにもっていきます。

このやり方にそってテーピングを巻いてもらえればいくらか症状が軽減できると思います。

ですが、テーピングはあくまで対症療法です。

その時は痛みが軽減しますが、巻いていれば勝手に症状が回復していって治るというものではありません。

本質的に治したい場合は、専門家の治療が必要です。

私のパーソナルサロンでは、シンスプリントを本質から改善するような施術を行っています。

シンスプリントの痛みと決別したい!という方は▼にシンスプリントに関しての記事を書いていますのでそちらも見ていただけると嬉しいです。

シンスプリントの治療期間は?私は最低3回以内の施術で競技復帰をめざしています。

シンスプリントの治療は筋膜への施術が有効です!

私も学生時代に、シンスプリントではありませんが、部活で怪我をして最後の大会に出れずに悔しい想いをしました。

その時に、自分のような辛い想いをする人を救いたい。と思って、理学療法士になりました。

今もその気持ちは変わりません。

今怪我で部活動が思うようにできない選手の役に立ちたいです。

相談でも質問でもなんでもいいので、なにかあれば気軽にご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.