シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

シンスプリントの治療には筋膜への施術方法が有効です!

 
ランナー
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

青山で筋膜の施術をしている木城です。

「最近走るとすねが痛むので近所の整形外科に行ったら『シンスプリント』と診断された。」

「これから大会なのに・・・」

「原因は何なんだ??シンスプリントは本当に治るのか?」

「なぜ同じ練習をしてるみんなは平気で、僕(私)だけがシンスプリントなんかになってしまったんだろうか・・・」

不安ですよね。

でも大丈夫です。シンスプリントは正しい治療をすれば治ります。

よくお医者さんは、

「休めば治るよ」

と簡単に言われますが、休んだら試合に使ってもらえないかもしれないですし、できることなら休みたくないですよね。

すごくよくわかります。

私も高校時代、最後の大会前にヘルニアで練習できなくなり、家で泣いてばかりいました。

こういう少年少女を救うために私はこの仕事に就きました。

なので今シンスプリントでお困りの方には、まずこの記事を読んでもらいたいです。

【シンスプリントの症状】

最初のころは・・・

  • すねの骨の内側を押すと痛む
  • 走ったり、飛んだり跳ねたりすると痛む
  • ズーンとする、響くような鈍い痛みがある
  • 骨がきしむような感じがある
  • 運動の始めに痛くなり、運動で体が温まるにつれて痛くなくなり、運動が終わるとまた痛む

ひどくなってくると・・・

(※下記の症状が出るころには疲労骨折に移行しているかもしれません、これらの症状がもし出ている場合は一度病院でレントゲンを撮ってください)

  • 歩いたり、立っているだけで痛む
  • 運動している最中はずっと痛む
  • 運動ができなくなるほど痛む
  • 何もしなくても痛む

といった症状が出てきます。

ひどくなってくると『疲労骨折』と呼ばれる骨折になってしまい、こうなってしまうと、いよいよ絶対安静で骨がくっつくのを待つしかなくなってしまいます。

疲労骨折に関しては▼の記事で詳しく書いていますので、気になる方はこちらをご覧ください。

なので、できればそうなる前に、専門の方の治療を受けることをおすすめします。

【シンスプリントの痛みはなぜ起こる?】

疑問に思う人

シンスプリントは正式には「脛骨過労性骨膜炎」といい、痛みの直接的な原因は骨の周りを覆っている骨膜の炎症になります。

よくシンスプリントの人はすねの骨の内側を押すと痛いので、骨が痛んでいるのだと思われがちですが、レントゲンを見ても骨には異常がありません。
※異常があるケースはシンスプリントではなく、疲労骨折という診断がつきます。

なぜ骨膜が炎症を起こしてしまうのでしょう?

シンスプリント

上の画像を見ると、すねの骨の周りには、ヒラメ筋・腓腹筋・後脛骨筋等、筋肉がたくさんついていることがわかると思います。

これらの筋肉は主に、足首を下に動かします。
ですので歩いたり、走ったり、ジャンプをしたりなど、運動をする時には必ず働きます。

そして部活動などでこれらの筋肉を過度に使いすぎると、これらがくっ付いている骨の周りを覆っている骨膜が引っ張られて負担がかかり、耐えられなくなると炎症が起きて痛みが発生するのです。

シンスプリントの詳しい原因に関しては▼の記事に詳しく書いたのでこちらをご覧ください。

シンスプリントの原因と、その原因に合わせたテーピング

◇日頃のケアが大事

普段からクールダウンやストレッチ、マッサージなどのケアを怠っている人は、筋肉が硬くなってしまっているため、余計に筋肉の引っ張る力が強くなるため、シンスプリントになりやすくなります。

◇体が硬い人もなりやすい

また、体が硬くて周りの関節の可動範囲が狭い人も、そこばかりに負担が集中してしまうため、なりやすいと言われています。

◇他にもある人それぞれさまざまな原因

他にも、走るときのフォーム、履いている靴、普段の姿勢、練習場の環境、練習方法・頻度などに影響を受けます。

ただ、申し訳ありませんがこれらに関しては、人の体や条件は個人個人さまざまなので、実際にお会いしてお話を伺い、体をみさせていただかないと一概には言えません。

【シンスプリントに対して用いられる一般的な治療方法】

  • 電気治療
  • すねの周りの筋肉のマッサージやストレッチ
  • 湿布
  • アイシング
  • 足底版(インソール)
  • 青竹ふみ
  • 筋トレ

シンスプリントの一般的に行われている治療法にはこれらのようなものがあると思います。

ただこの記事を見てくれている方は、これらの方法はすでに試されたけど良くならないという方がほとんどだと思います。

なぜよくならないのか?

それは、これらの方法は基本的には対症療法だからです。
一時的に痛みは軽くなるとは思いますが、本質的に原因は改善していないため、長続きしません。

どうすれば本質的にシンスプリントを改善できるのでしょうか?

考える人

私は筋膜を施術することで症状を改善できると考えています。

【私のサロンで行っている筋膜施術】

筋膜治療

私は理学療法士になりたての頃、スポーツ整形に勤めていたので、シンスプリントの選手をよく担当していました。

ですが、いくら教科書的なマッサージやストレッチを指導しても、関節に対しての手技でアプローチをしてもシンスプリントの選手の痛みを改善することができませんでした

そのためその頃の私は、インソールを処方して、すねの骨につく筋肉にかかる負担を物理的に減らすことに重きを置いた対応をしていました。

これで試合に出たりできるようになるケースもありましたが、本質的にシンスプリントが治ることは少なく、どうしたものか?と考え込む日々でした。

そんなときに出会ったのが、今私が行なっている筋膜への施術です。

この施術をするようになってから飛躍的にシンスプリントの患者さんを良くできるようになりました。

経験上、腰痛を治せる治療院は日本中に結構あると思いますが、シンスプリントを専門的にみていて、しっかり治せる治療院はそれほど多くないと感じています。

だからこそ私は今こうしてこの記事を書いています。

筋膜への施術について詳しく知りたい方は▼をご覧ください。

筋膜の施術について書いた記事

シンスプリントに関して言うと、上に書いた通り、骨膜の炎症が原因なので、直接筋膜が炎症を起こしているわけではないです。

ですが、骨膜を筋肉が引っ張ってしまうことにより、骨膜に炎症をきたすため、筋肉の周りを覆っている筋膜が間接的な原因であり、諸悪の根源であるケースが非常に多いです。

 

【先日実際にシンスプリントが改善した例】

野球部に所属する中学2年生男子。

半年ほど前から痛みがありましたが、冬場の走り込みで症状が悪化し、練習に参加できなくなってしまったとのこと。

最近は少し走るだけで痛くて、試しに私の前で「ランジ」と呼ばれる体重をかけて膝を曲げる動きをやってもらいましたが、これだけでも痛いという状況で、もちろん患部を押すと飛び上がるほど痛そうでした。

シンスプリント圧痛部位

先輩たちが引退し、自分達の代になって、これから春の大会に向けて大事な時期に、シンスプリントで足が痛くて練習に出れないということで、すごく悔しい想いをしていました。

中学高校と野球をしていた私としても、なんとか早く治してあげたいという気持ちでした。

それからシンスプリントを治すために、過去の体の話をよく聞いていくと、小学校6年生の時にオスグッドをやっていて、中学1年生ぐらいから時々腰も痛くなるとのことでした。

この情報をもとに、腰周り、膝周り、患部の下腿周辺を触診していくと、

骨盤の横側と、膝の後ろの外側、前の内側、下腿の内側・外側に筋膜がこり固まって動かなくなっているところを発見しました。

そのため、この5か所に対して施術を行うと・・・

その場で体重をかけて膝を曲げても痛くなくなりました。

シンスプリント実写

軽く小走りもできました!

まだ患部を押すと痛みは残りましたが、動かしても痛くない足を見て彼も喜んでくれていました。

それから1週間後、また彼に来てもらいましたが、だいぶ調子がよさそうで

「まだずっと走っていると帰り際に少し痛みが出ることがあるけど、練習に参加しても大丈夫でした!」

とのことでした。

まだ多少痛みがあったので、その後何度か施術をさせていただきましたが、今では練習に普通に参加してもほとんど痛くないとのことです。

やはり筋膜の施術はシンスプリントにも有効ということを改めて実感しました。

シンスプリントが改善せず悩まれている方、お役に立てるかもしれません。一度ご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.