シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

肩関節周囲炎(四十肩)の治療で肩が挙がった!改善報告

 
肩関節周囲炎のおばあちゃん
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは青山の理学療法士木城です。

この仕事をしていると、腰痛や膝痛の次に多いのは肩の痛みです。

「肩挙げると痛くてつり革につかまれない」

「寝ているとき痛くて目が覚める」

「捻ると痛い」

「90°も挙がらなくなってしまった・・・」

これらの方々は一色単に世間では『四十肩』と呼ばれています。

こないだ75歳のおばあちゃんに、

「私の肩って四十肩なの?75なのに?痛いのは嫌だけどなんだか嬉しいわ!」

と言われました(笑)

病院ではおそらく『肩関節周囲炎』『腱板損傷』という診断名がついているかと思います。

この肩の痛み、最初は「なんか少し痛いな」程度なことが多く、ここで専門家の治療を受けておけば結構すぐよくなるものなんです。

ただここで、

「ほっといても自然にいつか治るだろ」

とか

「痛いから肩の筋肉伸ばしてみよう」

と自己流でむりやり動かしたりすると、どんどん悪化していって気づいたら

「肩があがりません」

というケースが非常に多いです。

『四十肩』を甘く見てはいけません!

ということで今日は先日治療させていただいた『四十肩(肩関節周囲炎)』の方が、動画の撮影に協力してくださいましたので、こちらに改善報告として記事を書いていきたいと思います。

Nさんの基本情報

カルテ

Nさんは82歳の女性で、2か月ほど前から肩が痛くなりはじめ、水泳でクロールをした後に症状が悪化し、2週間前から肩が挙がらなくなってしまったとのことでした。

病院では『肩関節周囲炎』という診断名がつき、湿布が処方され、あまり動かさないように言われたとのことでしたが、一向に良くなる気配がないので心配されて私のところに来られました。

Nさんの肩の状態

ここからは実際にNさんの肩の状態を見ていくことにしました。

Nさんの肩の可動範囲

まずは実際に今どのくらい肩が挙がるか見せてもったところ・・・

肩が挙がらないNさん

冗談だと思われるかもしれませんが、ここまでしか挙がりませんでした。

この様子はこの記事の最後に1分ほどの動画で載せていますので、そちらをご覧ください。

他にも捻る動きや、横から上げる動きにも可動域の制限がかなりありました。

Nさんの肩の問題点

 

肩関節

今度はNさんの肩自体を詳細に見ていくことにしました。

すると、Nさんの肩は、肩甲骨に対して腕の骨の頭(上腕骨頭)がかなり前に突出していることがわかりました。

これを少し修正するように腕の骨の頭(上腕骨頭)を後方に押し込んでから、腕を挙げてもらうと、少し腕が上がるようになりました。

これは、肩甲骨と腕の骨(上腕骨)の位置関係の問題で、肩甲骨に上腕骨の頭(上腕骨頭)が正しい位置に収まっていないと、肩を構成している筋肉のバランスが崩れて、肩甲骨内で腕の骨の頭(上腕骨頭)が正しい軌道で動くことができなくなってしまいます。

難しい言い回しになってしまいましたが、要するに肩甲骨に対して腕の骨が正しい場所に収まってないと腕は挙がらないということです。

こういったケースは肩関節周囲炎の方によくみられる現象です。

ではなぜ腕の骨は前に突出してしまうのでしょう?

肩後方の硬くなっている筋肉

これは肩甲骨から肩にかけてついている後方の筋肉の硬さが原因です。

この後方の筋肉が硬いため、腕の骨の頭(上腕骨頭)が前に押し出されてしまい、肩が挙がらなくなってしまっています。

治療プログラム

治療プログラム

私は普段は筋膜の治療をメインに行っています。

ですが今回は、筋膜よりも直接筋肉にアプローチした方が良さそうと経験上判断できたので、今回は筋肉への治療を中心におこなっていきました。

①使いすぎて硬くなっている大筋群を緩める

Nさんの肩は、異常をきたしている状態で長い間使われてきました。

そのため肩のアウターマッスルと呼ばれる肩の外側を構成している大きい筋肉達がかなり硬くなっていました。

そのためまずはここを緩めて柔らかくするようなことをしていきました。

②肩甲骨から腕の骨の頭(上腕骨頭)の後方にかけてついている筋肉を緩める

上の、Nさんの肩の問題点のところで述べさせてもらった、肩甲骨と腕の骨の頭(上腕骨頭)の位置関係を修正するために、肩甲骨から肩にかけてついている筋肉を緩めるようなことをしていきました。

③前方に突出した腕の骨の頭(上腕骨頭)の位置を修正するような、関節へのアプローチ

前方に突出した腕の骨の頭(上腕骨頭)を後方に押し込むような関節へのアプローチをしていきました。

④インナーマッスルのトレーニング

肩甲骨と腕の骨の頭(上腕骨頭)が正しい位置関係になったところで、肩のインナーマッスルのトレーニングをおこない、その正しい位置を定着させるようなことをしていきました。

治療後のNさん(動画)

上記の治療をおこなった結果Nさんの肩は挙がるようになりました。

ここまで3回治療をしました。

Nさんも喜んでいただけたようでよかったです。

終わりに

肩の痛みは初期のうちに治療をすると比較的早く治すことができます。

しかし、長い間放置したり、自己流の運動で悪化させてしまうと、治るのに時間がかかってしまいます。

そうなる前に一度専門家に相談することをすすめます。

もし私でよければ力になりたいと思いますので、1度気軽にご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.