当院の新型コロナ対策

肩の付け根がズキズキと痛い場合に考えられる3つの原因と4つの対処法

肩の痛みの原因は様々ですが、肩の付け根がズキズキ痛い場合の原因は炎症であることが多く考えられます。

炎症が『どこで』起きているかによって、原因と対処法が変わるため、正しく原因を突き止めて対処することが重要です。

本記事では、肩の付け根がズキズキと痛む場合の原因を突き止め、原因に沿った適切な対処法を解説していきます。

肩の付け根がズキズキ痛い場合に考えられる3つの疾患名

肩の付け根がズキズキ痛い場合に考えられるのは、

  • 肩峰下滑液包炎けんぽうかかつえきほうえん
  • 石灰沈着性腱板炎せっかいちんちゃくせいけんばんえん
  • 上腕二頭筋長頭腱炎じょうわんにとうきんちょうとうけんえん

の3つの疾患です。

肩峰下滑液包炎

肩の関節の内部にある「肩峰下滑液包」というクッションの役割をする袋に炎症が起きることで痛みを生じます。

肩の関節の使い過ぎや、オーバーヘッドスポーツ(野球・バドミントン・バレーボール)による関節の摩耗が原因となることが多く徐々に痛みが強くなり慢性的に痛みが続くことがあります。

痛みの特徴としては、肩を上げたり下げたりするときにズキズキと痛むことやひどくなると夜間眠れなくなるほど痛みが悪化していく場合があります。

(※対処法はこちらを覗いてみましょう)

石灰沈着性腱板炎

何らかの理由で、肩腱板内に石灰が沈着してしまうことが原因で痛みがでます。

リン酸カルシウム結晶・石灰がなぜ沈着してしまうかは明らかになっていませんが、中高年の女性に多いと言われています。

痛みの特徴としては、急激に肩の付け根にズキズキと強い痛みが走ることで徐々に痛みのために肩が動かせなくなってしまい、日常生活に支障をきたしてしまいます。

(※対処法はこちらを覗いてみましょう)

上腕二頭筋長頭腱炎

腕を上げたり肘を曲げたりするときの力こぶである「上腕二頭筋」の炎症によって痛みを生じます。
 
この上腕二頭筋の腱は骨に付着している部分をみると、上腕骨の溝である「結節間溝」と「靭帯」から作られるトンネルを通り抜けています。
 
テニスや野球などのスポーツや、重労働、無理な筋力トレーニングによって腕を使い過ぎると、トンネル部分で腱が擦れて炎症が起きてしまいます。これが鋭い痛みにつながります。
 
症状としては、腕を曲げた時に強い痛みが生じるのが特徴で、ひどくなると、腱が傷ついたり切れてしまう腱板断裂(損傷)に繋がってしまうこともあるので注意が必要です。
 
 

肩の付け根がズキズキと痛い場合の4つの対処法

肩峰下滑液包炎の対処法

痛みが強いときは、基本的には炎症を抑えるための安静が第一優先となります。

軽い炎症であれば、安静にて自然治癒することもありますが、固定具を用いた安静が必要な場合もあるので、早めの受診が必要です。

状況に応じて、外用薬や内服、関節内注射を行い痛みが緩和されることもあります。

痛みがある程度落ち着いてきたら、肩を支える筋力のトレーニングや、過緊張となっている筋のストレッチを行います。

 

石灰沈着性腱板炎の対処法

痛みや炎症が強い場合は、安静にし鎮痛剤や抗炎症剤の内服を行います。

ズキズキとした鋭い痛みがずっと続くことは少なく、直接的な原因となる石灰部位への注射、石灰の吸引などを行うことで9割程度の人が改善します。

まれに痛みが半年以上続くような難治例に対しては手術が行われることもあります。

石灰沈着の一つの原因に、肩を動かした時に腱が肩峰にぶつかることで変性を起こし、変性した腱からカルシウム塩が分泌され蓄積されることも考えられています。

このような関節の摩耗が起きないためにも、痛みが落ち着いたら、肩の動きを引き出すトレーニングを行います。

肩の動きを引き出すトレーニング
  1. 仰向けになり、両手を組む
  2. そのまま、痛みのない範囲で両手を頭の方向へ伸ばす
  3. ゆっくり下ろす

※10回×2セットを目安に行う

 

上腕二頭筋長頭腱炎の対処法

ズキズキと鋭く痛むときは、安静にし炎症を抑えることを優先します。

痛みの原因となる上腕二頭筋の筋腹をマッサージし、過剰な緊張を落とすことも効果的です。

痛みが長期間続く難治例に対しては、手術が選択されることもあります。

痛みが落ち着いてきたら、再発防止のために肩周りの柔軟性を高めるためのストレッチや、患部に負担が掛からない動作を獲得するための体幹や肩周囲のトレーニングを行います。

上腕二頭筋のストレッチ法
  1. 両手を開き左右に45°方向へ伸ばす
  2. 伸ばした状態で親指方向に腕を回す
  3. そのまま20〜30秒キープ
肩〜腕のストレッチ
  1. 伸ばしたい方の腕を伸ばし、手を壁に付ける
  2. そのまま胸を張るように体を伸ばす
  3. そのまま20〜30秒キープ

 

夜間痛に対する対処法

夜間痛を和らげるには寝る姿勢を整えることが重要です。

痛みが出ている方の肩を下にして寝てしまうと、体の重さが掛かることや、関節に圧が加わり痛みを悪化させてしまいます。

仰向けになり、クッションなどの上に腕を置いて重さをとるようにしてみましょう。

横向きの場合は、抱き枕などを用いて腕の重さをとることも効果的です。

まとめ

肩の付け根がズキズキ痛む場合は、まず肩峰下滑液包炎、石灰沈着性腱板炎、上腕二頭筋長頭腱炎のいずれかに当てはまるかどうか疑ってみましょう。

これだけの知識があるだけでも、治療をスムーズに進めることができます。

いずれの場合も痛みの強い際は安静が第一優先となりますが、改善してきたら、ストレッチや必要なトレーニングを行い痛みの予防をしていきましょう。


私たちの経験から、あなたの症状を改善させるための動画をプレゼントしています。

完全無料ですが、痛み改善に効果的な方法をお伝えしていますので、ぜひお受け取りください!

 

理学ボディ店舗一覧・ご予約

エリアをクリック(タップ)すると展開します

北海道エリア

【北海道】

東北エリア

【福島県】

関東エリア

中部エリア

【愛知県】

【静岡県】

【岐阜県】

【三重県】

【石川県】

近畿エリア

中国エリア

【広島県】

九州エリア

【福岡県】

【鹿児島県】

改善動画アイキャッチ画像

ABOUT US

木城 拓也
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックで医師と連携しつつプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアの医師が考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
【各店舗の住所や地図も確認できます】