シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

ストレートネックはしびれと無関係である決定的な理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

腕や手がしびれる・・

ストレートネックがしびれの原因と言われた・・

 

腕や手がしびれる人は、病院に行くとレントゲンを撮って、ストレートネックが原因と言われる人が多いです。

 

確かにレントゲンではストレートネックになっていますが、本当にあなたのしびれはストレートネックが原因なのでしょうか?

 

というのも、しびれの原因をストレートネックと決めつけるのは間違いである可能性が高いんです。

 

実際に現代では、日本人の9割近い人がストレートネックと言われています。

 

しかし、どうでしょう?

 

日本人の9割の人は腕や手にしびれが出ているのでしょうか?

 

おそらくしびれが出ているのは1割以下の人だと思います。

 

ですので、ストレートネックだから腕や手がしびれるというのは、間違いである可能性が高いです。

 

実際に私たちは、ストレートネックが原因でしびれが出ていると言われた人を何人も施術してきましたが、多くの人はその場でしびれが軽減します。

 

しかし、ストレートネックはそのままです。

 

つまり、ストレートネックはしびれに関係がない可能性が高いんです。

 

それらを踏まえてこの記事では、ストレートネックについての解説や実際に自分でできる対処法について解説をしていきますので、実際に試していただき効果を実感してみて下さい。

 

ストレートネックについて

まずはストレートネックについて解説をしていきます。

 

ストレートネックとは

ストレートネックを簡単に言うと、首の骨がまっすぐになっている状態です。

 

ストレートネックとは、正常な首の骨が「く」の字のようにカーブしているのに対し、首の骨が真っすぐ(ストレート)になってしまった状態を言います。

引用:ストレートネック

 

でも、これの何が問題なのでしょうか?

 

って思う人もいると思います。

 

しかし、これは首に大きな負担をかけると言われています。

 

と言うのも、首の上にある頭は重さが約5kgあり、ボーリングのボールと同じくらいの重さがあります。

 

首のカーブがしっかりとある人は、体の真上で頭を支える事ができるので負担は少ないですが、ストレートネックの場合は頭が前に出てしまうので、首にかなりの負担がかかってしまいます。

 

そんな背景もあり、ストレートネックは首に負担をかけてしまうと言うイメージを持つ人が多いです。

 

ストレートネックのチェック方法

あなたは自分がどれくらいストレートネックかわかりますか?

 

ストレートネックは簡単にチェックする事ができるので、やってみて下さい。

 

①壁にお尻と背中を付けて立ってください。

②次の4か所が自然と壁についているか確認します。

  • 後頭部
  • 肩甲骨
  • お尻
  • かかと

③自然にできればOKです!後頭部が壁から浮いていたり、無理をしないとくっつかなかったりする場合は、ストレートネックになっている可能性が高いです。

 

ストレートネックの原因

では、なぜストレートネックになってしまうのでしょうか?

 

原因は以下の内容が考えられます。

  1. 長時間の不良姿勢
  2. スマホの長時間使用
  3. PCの長時間使用
  4. ゲームのやりすぎ

 

スマートフォンです。スマホを使用する場合は、うつむいたままの状態が続きがちです。うつむいた状態は、頭を支える首に大きな負担をかけ、首のカーブが次第に失われていきます。

その他に、パソコンを使った長時間のデスクワークや姿勢が悪い座り方などもストレートネックを引き起こします。

引用:ストレートネック

 

特に現代では、スマホやPCを長時間使用する場面が多くなった事もあり、首に負担がかかりやすくなってきていると言われる事が多いです。

 

ストレートネックの対処法

ストレートネックの対処法については様々な方法が言われています。

  1. 姿勢を意識する
  2. ストレッチをする
  3. 長時間同じ姿勢で作業をしない

 

基本的にスマホやパソコンをやっていても、いい姿勢を長時間維持できればストレートネックにはなりにくいので、なるべくいい姿勢を維持したいです。

と言っても、いい姿勢を長時間維持できる人はいないので、なるべく長時間同じ姿勢で作業をしないようにする工夫は必要です。

 

そして、ストレートネックの人は背中も一緒に丸くなっている人が多いので、上半身を全体的にストレッチする必要はあります。

走ると背中が痛い

走ると背中が痛い

 

ストレートネックとしびれは無関係

ここまでは、ストレートネックについて解説をしてきました。

 

しかし、はじめにも書いたように、日本人の9割はストレートネックです。

 

しかし、実際にストレートネックでしびれが出ている人は1割以下なので、ストレートネックだからしびれが出るとは言いにくいんです。

 

簡単に言うと、しびれが出ている人がたまたまストレートネックもあるだけなんです。

 

ストレートネックだとしびれが出る?

そもそも、なぜ?ストレートネックだとしびれが出ると言われるのでしょうか?

 

おそらくそれは、しびれの原因が首にあると考えられているからだと思います。

 

実際に腕の神経は首から出ているため、首の骨の間で問題が起こると神経にも問題が起こる可能性はあります。

 

しかし、実際に腕にしびれが出るのは首に問題が起きている時以外でも、鎖骨の周辺や胸の周辺、腕の筋肉の間など様々な場所が考えられます。

 

つまり、首の骨の間以外にもしびれが出る原因になる場所はたくさんあるんです。

 

なので、ストレートネックでしびれがあると言われた人のストレートネックが治っても、しびれは治らないと言うケースは非常に多いんです。

 

しかし、多くの人はそれに気付きにくく、お医者さんにストレートネックが原因と言われたから信じ込んでしまっているんです。

 

これは非常にもったいないので、ストレートネック以外にもしびれが出る原因がたくさんある事を知っておいた方がいいです。

 

実際に首から出ている神経は、筋肉の間や筋膜を貫通するように走行しているため、そこで問題が起きるだけでしびれが出てしまいます。

 

特に筋肉や神経は筋膜という薄い膜に包まれており、この筋膜が滑らかに滑る事でうまく動いています。

 

ですが、この筋膜の滑りが悪くなってしまうと、筋肉や神経の動きが悪くなてしまうため、しびれが出てしまう事が多くあります。

 

ですので、しびれがある人は筋膜をほぐす事で症状が改善する人が多くいます。

 

しびれる原因はストレートネックではなく筋膜

ここまで聞くと、しびれの原因はストレートネックではなく、筋肉や神経を包んでいる筋膜かもしれない?と思ってくれた人もいると思います。

 

しかし、そもそもなぜ?筋膜は硬くなってしびれの原因になってしまうのでしょうか?

 

筋膜が硬くなる原因

筋膜が硬くなるのは、今までの人生で経験した不調や痛みなどが関係しています。

 

具体的には、過去に以下のような事を1度でも経験していれば、その場所の筋膜は硬くなっています。

 

それは、10年前だろうが20年前だろうが同じです。

 

  1. 骨折やヒビ
  2. 何かしらの手術
  3. 肩こり・腰痛
  4. 肩や肘、手首の痛み
  5. 喘息
  6. 気管支炎
  7. 肺炎
  8. 盲腸
  9. 十二指腸潰瘍
  10. 胃腸炎
  11. 逆流性食道炎

 

もしくは何かしらの運動や仕事で腕を使いすぎたりしている場合などです。

 

これらを1つでも経験しているとその場所の筋膜は硬くなり、繋がっている腕や首の問題を引き起こします。

 

なので、基本的には硬くなった筋膜をほぐす事がしびれには効果的な事が多いです。

 

筋膜をほぐす方法

筋膜は以下の方法でほぐす事ができます。

 

マッサージする場所は、過去にあなたが不調を抱えていた場所をやると効果的な事が多いです。

 

とりあえず全てマッサージしてみるのもいいと思います。

 

胸周りのマッサージ

胸回りは以下の場所が硬くなりやすいため、以下の場所を3〜5分くらいマッサージするようにしましょう。

走ると背中が痛い

背中周りのマッサージ

背中については以下の場所が硬くなりやすいため、以下の場所を3〜5分くらいマッサージするようにしましょう。

 

腕のマッサージ

腕のマッサージについては以下の動画でやる場所を解説しています。

 

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

それでもしびれが治らないあなたへ

今回紹介した対処法でしびれが改善する人もいれば、あまり変わらない人もいると思います。

 

あまり変わらない人は、自分でやるには限界があると思いますので、私たちプロに任せてください。

 

実際に、当院にはストレートネックが原因でしびれるとお医者さんに言われた人が多く来られていますが、多くの人が1〜3回以内の施術で改善しています。

 

もちろん、あなたも必ず1〜3回以内にしびれが改善するとは言い切れませんが、他の整体よりは早く改善できる自信があります。

 

ですので、私たちに任せてください!

 

あなたは、しびれが改善したら、

  • どれだけ楽になりますか?
  • すごい嬉しくありませんか?
  • 気持的にも楽ですよね?

 

私たちがそれを実現させるために、全力でサポートさせていただきます。

 

少しでも気になる事がありましたら気軽にお問い合わせしてください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.