シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分

シンスプリントを走りながら治すたった1つの方法

 
シンスプリント 走りながら治す
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

  • シンスプリントを走りながら治す事ってできるのかな?
  • 練習を休めないから走りながら治したい
  • 大会が近いから早く治したい

特に学生さんやマラソン大会が近い人は、1度はこのような事を考えたことがあるのではないでしょうか?

 

シンスプリントになると思うように走れないですし、かと言って治るまで走るのをやめる事もできないので、悩んでいる人は多いと思います。

でも、この問題を解決する方法は1つしかありません。

 

それは、1〜3回以内の施術で治す事です。

これが、できれば走るのを休む必要はほとんどないので、シンスプリントを走りながら治す事ができるんです。

 

いや〜、病院や整体、接骨院に何回も通ってるけど、全然良くならないので1〜3回以内の施術で治る気配がしません!!

 

って思う人も多いと思いますが、それもそのはずです。

病院や整体、接骨院で行なっている治療は適切な治療ではないからです。

 

でも、マッサージとか、電気とかストレッチとか、しっかりやってもらってますよ?

 

って思うかもしれませんが、シンスプリントはそれでは治らないんです。

 

じゃあ、どうすればシンスプリントを治す事ができるんですか?

って思いますよね。

 

それは、筋膜をほぐす事で走りながらでもシンスプリントを治す事ができるんです。

なので、今回は、走りながらシンスプリントを治すための方法をお伝えします。

 

マッサージやストレッチでは治らない理由

シンスプリント 走りながら治す

多くの人は、シンスプリントになると、病院や整体、接骨院に言って、筋肉のマッサージをしたり、ストレッチをしたりすると思います。

でも、そもそもこの筋肉と言うものは、シンスプリントにそこまで影響していないんです。

え?でも、シンスプリントって筋肉の使いすぎが原因じゃないんですか?

って思う人もいると思います。

 

実際には、以下の通りに言われています。

ふくらはぎの筋群(ヒラメ筋など)の柔軟性が低下し、その引っ張り力により炎症が起きる上記の説が有力ですが、まだ完全には解明されていません。

引用:北海道整形外科記念病院

 

つまり、ふくらはぎの筋肉が引っ張っている事が原因かも?みたいな感じです。

 

でも、シンスプリントの正式名称を見て下さい。

脛骨過労性骨膜炎です。

簡単に言うと、骨のが引っ張られる事による炎症です。

 

これは、多くの人が知らないのですが、人間の体はほとんどの物が膜に包まれているんです。

  • 骨膜
  • 腹膜
  • 筋膜
  • 硬膜
  • くも膜
  • 鼓膜
  • 横隔膜

もちろん筋肉や全身もこんな感じで筋膜に包まれています。

シンスプリント 走りながら治す

 

なので、最近では筋肉よりも筋膜の硬さが悪さをしている事が明らかになってきています。

そして、実際に筋膜をほぐす事でシンスプリントの痛みが大幅に軽減する人が明らかに多いんです。

なので、筋肉をマッサージしたりストレッチするのは効果が低いです。

 

そもそも筋肉を揉んで治るなら、あなたのシンスプリントはとっくに治っているはずですよね?

 

なぜ当院ではシンスプリントを走りながら治す事ができるのか?

シンスプリント 走りながら治す

なぜ当院は他院と違ってシンスプリントを走りながらでも治す事ができるのか?を解説していきます!

 

当院では、海外の最新の筋膜に対する施術方法を取り入れており、シンスプリントに対して最適なアプローチを行う事ができます。

なので、シンスプリントを最短の回数で改善でき、走りながらでも治す事ができるんです。

 

過去にもシンスプリントで悩む多くのスポーツ選手を施術してきましたが、ほとんどのケースが3回以内に改善し、スポーツに完全復帰しています。

 

ちなみに、当院がシンスプリントを走りながらでも治せる秘密はこの技術です。

 

私たちが行なっている筋膜に対する施術は、イタリアの医師が開発し国際的に認められている筋膜マニピュレーションという手技です。

筋膜マニピュレーションlevel3写真

この手技は、基本的に医師理学療法士しか講習を受講する事ができないため、一般的な整体にいる人は受講すらできません。

そのため、この筋膜に対する最新の施術を受ける事ができる整体は、全国でも数店舗のみとなっています。

なので、よく整体である筋膜〇〇と言うのは、ほとんどがただのマッサージなんです、、

一般の人からすると見分けがつかないので、何がいいのかなんてわからないですよね。

 

一方で当院のスタッフは、全員が筋膜マニピュレーションのコースを修了しているため、質の高い施術を提供する事をお約束します。

筋膜マニピュレーション修了証

 

この最新の施術方法のおかげで、シンスプリントで悩む多くの人を救う事ができています。

 

私たちがシンスプリントを3回以内の施術で改善できる理由について、もっと詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみて下さい。

 

走りながらシンスプリントを治したいあなたへ

シンスプリント 走りながら治す

私たちは、今まで多くの人のシンスプリントを改善してきました。

中には、

  • 来週大会だからすぐに治したい
  • 部活を休めないから、走りながら治したい

などの人も多くいました。

 

わざわざ県外から通ってきてくれる人も多くいました。

 

それくらい私たちは、あなたのシンスプリントを改善させる自信があります。

シンスプリントを走りながら治すのは、他院では難しくても当院ではできる可能性が高いです。

 

なので、少しでも力になれたら嬉しいです。

他にも気になる事があれば、気軽にお問い合わせしていただければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2020 All Rights Reserved.