シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

電気治療や牽引は治らない?胸郭出口症候群の原因は筋膜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

つり革につかまる時や、物干しの時のように腕を挙げる動作で腕がしびれたり、肩や肩甲骨の周りが痛いんです。首は回したり振り向く時だけで痛いです

Aさん

 

首を動かすと痛いのは、辛いですよね。

腕が痺れるのも困ります・・・

 

辛いので病院に行くと

 

胸郭出口症候群ですね。電気治療と首の牽引していきましょうね。

お医者さん

 

となることが多いようです。

 

先生!でも電気も首の牽引も全然効きませんでした。

Aさん

 

そうなんですよね。

「電気も首の牽引もしたけどほとんど効かなかった」

 

という方が結構私のところに来られます。

電気や牽引はなぜ効かないのでしょうか?

 

それは胸郭出口症候群の本当の原因は、胸郭や首だけにあるわけではないからです。

ですので、胸郭や首だけを治療しても治りません。

 

私は、首や胸郭を直接治療するよりも、そこから少し離れたところの筋膜を調整することで、胸郭出口症候群を改善することができると考えています。

木城

 

私はこれにより平均して1〜3回の施術で胸郭出口症候群を改善することができています。

※当院では3回以内で治すことにコミットしています。▼私の想い

リピーターはいらない!3回以内で改善したい

 

胸郭と首から少し離れた筋膜って具体的にどこですか?

Aさん

 

わかりました。

ではその辺りも含めて、胸郭出口症候群の本当の原因についてこれから1つひとつ書いていきますね。

 

胸郭出口症候群の一般的な原因

首には食道や気管、神経や血管、筋肉など多くの組織が密集しています。腕を司る神経や血管は、胸郭出口きょうかくでぐちと呼ばれる部分を通って、首から目的地である腕に向かって走行しています。胸郭出口を通過する重要な神経として腕神経叢わんしんけいそうがあります。また、主要血管として鎖骨下動脈や鎖骨下静脈があります。

胸郭出口にはいくつかの物理的に狭い空間が存在しており、こうした場所で神経や動脈が圧迫されることがあります。神経や動脈が胸郭出口で圧迫されることで、胸郭出口症候群が発症します。胸郭出口の狭窄部位としては、3か所知られています。

首から腕に向かって順に、以下の通りです。

  • 斜角筋と呼ばれる首の筋肉で構成される部分
  • 鎖骨と肋骨の間
  • 胸の筋肉である小胸筋と肩甲骨との間に構成される部分

こうした狭窄部位で神経や動脈が圧迫を受ける可能性が高く、それぞれ斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群といった名称がつけられており、これらを総称して胸郭出口症候群といいます。

引用元:Medical Note 「胸郭出口症候群」(アクセス2018/11/2)https://medicalnote.jp/diseases/%E8%83%B8%E9%83%AD%E5%87%BA%E5%8F%A3%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

 

▲の文章を読んでもらうとわかるように、胸郭出口と呼ばれる首と胸と肩周りの周辺で、神経や血管が圧迫されてることが主な原因です。

木城

 

そして、この神経や血管が圧迫される要因の1つが、使いすぎや姿勢の悪さからくる胸や首回りの筋肉のつっ張りだと考えられています。

 

確かに私は最近パソコン業務が多くて姿勢も悪いからなあ・・・。肩もよくこるし。でもじゃあこの胸や首肩周りをしっかりマッサージしてほぐしていけばいいんですね!

Aさん

 

残念ながら、そういうわけではありません!

それでよくなるようであれば、電気とか牽引でもよくなりそうじゃないですか?

 

うーーーん、たしかに・・・

Aさん

 

胸や首や肩周りの筋肉が張っているから、そこを通る神経や血管が圧迫されて症状が出る。

これは確かにあると思います。

 

でもその胸や首や肩周りの筋肉が張ってしまう原因は、なんなのか?

これを考えないと結局ほぐしてもまたすぐに元に戻ってしまいます。

 

じゃあ胸や首や肩周りの筋肉が張ってくる原因ってなんなんですか?

Aさん

 

胸郭出口症候群の本当の原因

 

胸郭出口症候群の原因は、胸や首や肩周りの筋肉が張って、そこを通る神経や血管が圧迫されること。

では胸や首や肩の腱が張ってくる原因はなんでしょうか?

 

胸や首や肩周りの筋肉が張ってくる原因は、手や前腕や肘の筋膜です。

もちろん胸や首や肩周りの筋膜もですが、原因だと考えられている患部の筋肉だけを治療してもダメなんです。

 

手や肘の筋肉と、周りや胸の筋肉は繋がってないのに、そっちの方に原因があるなんておかしいだろ!

専門家のBさん

 

少し体のことに詳しい人や、ネットで色々体に付いて調べられた人ほど、そう思われた方が多いと思います。

でも▼の絵をご覧ください。

筋膜

 

このように、筋膜は全身を1つの膜で覆っています。

つまり、筋肉は手や肘や胸の筋肉はつながっていなくても、筋膜はつながっているのです。

 

胸郭出口症候群が患部のマッサージや電気や牽引で治らないわけ

 

筋肉はつながっていなくても、筋膜は肘や肩や胸ともつながっている。

ですので、肘や肩や胸の筋膜が硬くなっていると、そこが親指の筋肉や筋膜を引っ張ってしまいます。

 

 

つまり▲のような場合は、胸郭出口症候群の本当の原因は手や肘の筋膜にもあるのです。

それなのに、首や胸や肩周りばかりマッサージをしたり、電気や牽引をしてもそれだけでよくなるわけがありません。

 

そうなんですね!じゃあ私もこの上の図のピンクのところをマッサージすればいいんですね。

Aさん

 

それは違うんです!いま例にだした方がたまたまそこの筋膜だっただけで、Aさんもそうとは限りません。硬くて痛みの原因になっている筋膜は人によって違うんです。

胸郭出口症候群の本当の原因はどこの筋膜にあるのか?

 

胸郭出口症候群の原因になる筋膜は、人それぞれ違います。

なぜなら私たちは1人ひとり、過去にした怪我や病気、過ごしてきた環境、今までしてきたスポーツなどが違うからです。

 

筋膜が原因だとして、じゃあ筋膜はなんで硬くなるんですか?私はどこの筋膜を治療したらいいんだろう・・・

Aさん

 

筋膜が硬くなる原因は主に▼の5つがあります。

  1. 関節や筋肉・骨・靭帯などを痛めた
  2. 病気や体の不調
  3. 手術
  4. ギブスやテーピングで動かさない期間が続く
  5. 使いすぎ

 

これらの状態が起きるたびに、その周囲の筋膜が少しずつ硬くなっていきます。

例えば

・肘の手術をして入れば、肘周りの筋膜が硬くなります。

・過去に四十肩になって入れば、肩周りの筋膜が硬くなります。

・テニスの練習をたくさんしていた人は使いすぎで前腕の筋膜が硬くなっていたり。

・陸上選手はふくらはぎの筋膜が硬くなっていたりします。

 

胸郭出口症候群を治すためには筋膜の硬さをどうする必要があるのか?

 

じゃあ私の胸郭出口症候群を治すには、硬くなった筋膜をどうしたらいいんですか?

Aさん

私は硬くなった筋膜を摩擦刺激を利用して調整することで、胸郭出口症候群を改善することができると考えています。

 

筋膜の調整ってなんですか?どうやるんですか?

Aさん

 

筋膜調整に関しては、小難しい話になってしまい文字では伝わりずらいので、アニメーション動画を用意しました。

 

▼をご覧ください。

 

このように、わざと炎症反応を起こさせることで、熱を発生させ、硬くなった筋膜(ヒアルロン酸の分子)を溶かしていきます。

 

痛そうですね(笑)これで本当に胸郭出口症候群は治るんですか?

Aさん

 

では実際の改善事例をご紹介しますね。

 

電気治療や牽引で治らなかった胸郭出口症候群 Aさんの改善事例

 

病院で胸郭出口症候群と言われて電気や牽引をしたけど治らなかった、30代男性の話

 

以下、Aさん談

4ヶ月ぐらい前から、肩のコリが激しくなりました。

肩のコリは今までも感じていたんですが、この辺りから明らかに悪化して、パソコン業務に支障をきたすレベルでした。

それでも仕事が忙しかったので、どこにも行かずに放置していたら、肩から前腕にかけて痺れが出るようになりました。

 

流石におかしいと思い、い病院に行ったら『胸郭出口症候群』だと言われました。

 

そこからは電気治療や首の牽引マッサージ、薬など病院に通っていろいろやりましたが一向に改善されません。

このままだと仕事に集中できないので、なんとか早く治したいです。

 

 

とのことでした。

 

Aさんの痛みの状況

Aさんに今の痛みの状況を伺うと、まず首を動かすと痛いことがわかりました。

 

この角度ですでに左の肩から首の付け根にかけてが痛いとのことでした。

また、上を向いても肩甲骨の内側から首にかけても痛い。

しばらく座っていると、肩から前腕にかけて痺れてくる。

とのこと。

 

私が後ろから両脇に手を入れて腕を持ち上げると楽になり、首を回しても痛く無くなるという状態がみられました。

 

Aさんの筋膜の状況

次にAさんの筋膜の硬さを調べていきました。

 

 

Aさんの筋膜の硬さをチェックすると、左の手から体幹にかけてかなり多くの筋膜の硬さがみられました。

 

Aさんに筋膜調整を実施

Aさんに対して、先ほどのチェックで見つかった硬い筋膜を、調整していきました。

 

筋膜調整のやり方は、先ほどアニメーション動画でご説明したように、摩擦刺激によりわざと炎症反応を起こさせることで、熱を発生させ、硬くなった筋膜(ヒアルロン酸の分子)を溶かしていきます。

※私は国際コース『筋膜マニピュレーション』というイタリアのドクターが作った、国際的に使われているエビデンスのある施術のコースを修了しています。むやみに炎症を起こさせるわけではないのでご安心ください。

 

筋膜調整の結果

1回目の施術後

施術後その場で首の動きによる痛みはなくなり可動域も大幅に改善しました。

ただ施術から数日後には、痺れは変わらずの状態まで戻ってしまいました。

首の可動域は維持できていました。

 

2回目の施術後

施術で痺れが10分の3ぐらいになりました。

首を動かした時の痛みは10分の1あるかないかぐらいで、まだ若干違和感があるような感じがするとのこと。

 

3回目施術後

痺れ痛みともほぼ改善。

仕事で残業してデスクワークが長時間続いた時にコリを感じる程度とのこと。

 

ほぼ仕事にも影響が出ないようになったとのことだったので、ここで施術は終了としました。

 

このように、患部以外も筋膜の調整をすることで、胸郭出口症候群は改善することができます。

電気治療や首の牽引よりもよくできる自信がありますので、病院でなかなかよくならない方は1度私に診させていただきたいです。

 

まとめ

 

胸郭出口症候群は、胸や首や肩周りの筋肉が張って、そこを通る神経や血管が圧迫されることが主な原因です。

ただし、だからといってこの張った筋肉だけをマッサージをしたり、電気をかけたり牽引してもなかなかよくなりません。

 

なぜならこの首、胸、肩周りが張ってしまう原因は、少し離れたところ(前腕・肘・手・反対側の腕など)の筋膜にもあるからです。

私のところでは、この本当の原因になっている、少し離れたところにある筋膜も調整することで胸郭出口症候群を改善します。

実際にこれまで胸郭出口症候群の方が、よくなる経験をたくさんしてきました。

どこに行ってもなかなか改善しないという方

力になれる自信があります。

 

1度ご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2018 All Rights Reserved.