シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

腰痛で後ろに反ると痛い方の治療改善例

 
反り腰
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは青山の理学療法士、木城です。

「仰向けになると腰が痛い」

「寝た状態から起き上がるときに腰が痛い」

「朝うがいをするときに腰が痛い」

なんて方がよくいらっしゃいます。

この方々に共通するのは腰を後ろに反ると痛い。

ということです。

先日も

「美容室でシャンプーしてもらうだけで痛いんだよー」

という男性を治療し、良い結果が得られましたので、ここで報告していきたいと思います。

Kさんの基本情報

Kさん

Kさんは28歳の男性で、私の学生時代の同級生です。

6年ほど前から腰が痛くなり、それからずっと痛いそうです。

趣味は草野球でキャッチャーをしているそうです。

1番困る時はどんなときか聞いてみると

「重たいものを持ちあげた時に腰に激痛が走ること」

「こないだなんて美容室に行ってシャンプーしてもらっただけで痛くなった」

とのことでした。

その場で痛い動きを教えてもらうと

腰を反ると痛いKさん

見てくださいこの顔。痛そうですね(笑)

ちょっとリアクションがオーバーな気はしますが、この程度腰を反っただけで痛いそうです。

これがどの程度改善したかをこの記事の最後に動画を載せていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

Kさんの過去の情報

カルテ

Kさんに過去の怪我について伺いました。

Kさんは高校時代に、左の腓骨(ふくらはぎの外側の骨)の骨折をしているそうです。

他にはこれといって既往歴はないとのことでした。

そのため左の下肢から腰にかけての筋膜を調べていくことにしました。

 Kさんの筋膜の状態

Kさんの左下肢から腰にかけての筋膜の硬さを詳細にみていくと、、、

下肢から腰の外側と内側に筋膜の硬い場所が確認できました。

特に骨折をした腓骨のそばの下腿の外側の筋膜が異様に硬かったです。

Kさんの筋膜の硬い場所

なので今回はこのサイドラインの筋膜を施術していくことにしました。

施術後

四葉のクローバー医療

以前骨折したことがある、下腿の外側を中心にサイドラインの筋膜の硬さに対して施術をおこなっていくと・・・

見事に腰を反っても痛くなくなりました!

可動域もかなり改善しています。

施術前と後で動画を撮ってあるので▼をご覧ください。

施術後すでに2か月以上経過していますが、今でも腰を後ろに反った時の痛みはなく、可動域もこの時のままと報告を受けています。

▼に施術後のアンケートももらっています。

Kさんアンケート

施術を終えて

腰を反ると痛いという方は、非常に多いです。

腰を反ると痛いからといって、背中を丸めて痛い腰のストレッチばかりしていませんか?

今回のケースのように、1番の問題は腰の痛い所自体にはないことがほとんどです。

そしておお元の原因は、過去に痛めたことがある所のそばにあることが多いです。

そのため私の施術では、問診と触診検査を最も重要視しています。

今痛いところ以外もじっくり検査しないと本当の原因はわかりません。

ですので1回の施術に1時間~1時間半と、他の施設と比べると、1回の時間はかなり長くかかってしまいます。

ただその分、他の施設と比べると、少ない頻度で改善が見込めて、すぐに元に戻ってしまうということも少ないと感じています。

ちなみに今回のKさんへの施術は1度きりしかおこなっていません。

もちろん毎回1度でパッとよくなるわけではありませんが、1~2回で良くなることも結構あります。

同じ治療院に長く通っているけどあまり効果がでないという方、試しに1度私の筋膜施術を受けてみてください。

私の筋膜の施術に関しては▼の記事にまとめてありますのでこちらをご覧ください。

筋膜の施術とは?

腰痛は治したいけど、いきなり行くのは抵抗があるという方は、電話やメールでのご相談も承っております。

気軽にご連絡ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.