シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

手首を曲げると小指側が痛い人の治療改善事例

 
手首の痛みを改善するぞ
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

最近手首曲げると小指側が痛いんだよねー

仕事中とか痛くて困る

なんとかできない?

先日職場の理学療法士の先輩に頼まれたので、手首の痛みを改善すべく先輩に筋膜の施術を行いました。

動画も撮らせてもらったので、今回はそのときの様子を報告させていただきます。

Tさんの基本情報

Tさんは30代男性の理学療法士です。

日ごろから患者さんにマッサージや関節の治療を施行しており、最近仕事中に徐々に手首が痛くなったとのことでした。

Tさんの今の痛みの状態

手首のどのあたりが痛いのか聞いてみました。

すると指をさしながら小指側が痛いと教えてくれました。

手首の小指側が痛い

次にどの動きで痛いか聞いてみました。

すると3つ痛い動きを教えてくれました。

手首小指側に曲げると痛い

手のひらを床についても痛い

理学療法士の仕事は手を使ってなんぼの仕事なので、さすがにこれらの動きで痛いのはかわいそうだったので、なんとか痛みを改善しなければと思いました。

TFCC損傷か?

手首を小指方向に曲げると小指側側が痛いということで私は最初TFCC損傷を疑いました。

そもそもTFCCを知らない方が多いと思うので簡単にTFCCについて説明します

TFCC損傷

TFCCはTriangular Fibrocartilage Complexの略で、日本語では『三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい)』といいます。

TFCCを構成するものには、以下の7つがあります。

  1. 尺骨三角骨靭帯(しゃっこつさんかくこつじんたい)
  2. 尺骨月状骨靭帯(しゃっこつげつじょうこつじんたい)
  3. 掌側橈尺靭帯(しょうそくとうしゃくじんたい)
  4. 背側橈尺靭帯(はいそくとうしゃくじんたい)
  5. 関節円板(かんせつえんばん)
  6. 尺側側副靱帯(しゃくそくそくふくじんたい)
  7. 三角靱帯(さんかくじんたい)

この7つが複合体となって手首の外側を安定的に支持しています。

Tさんの手首の状態をみて、私はここの損傷(TFCC損傷)をはじめに疑い、おそらくこの状態で医者が診察したらこの病名がつきそうだなと感じました。

他に手首の小指側が痛くなるとしたら?

この記事を読んでいただいている方の中には、手首を曲げると小指側が痛いのは他になんの可能性があるのか知りたい方も多いと思うので、一応他の障害のことも少し書いておきます。

私がざっと考えた中で、他にこの部位で痛みがあるとすれば『腱鞘炎』か『骨折』じゃないでしょうか。

腱鞘炎

腱鞘炎は名前の通り、腱の炎症です。

この位置だと、尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)か、小指伸筋の腱の炎症の可能性も考えられます。

骨折

もしここ最近この辺りをぶつけていて、骨にひびが入ったりしていると動かすと痛みがこのあたりに出ます。

おそらく骨折であればもっと腫れたり熱感がすごいとのと、ぶつけた記憶があると思うので、今回は骨折ではないかなと思いましたが、あなたの手首にもしぶつけた等の心当たりがあれば1度整形外科で念のためにレントゲンを撮ってもらってください。。

Tさんの場合

今回のTさんの場合、おそらく最初に書いたTFCC損傷か、腱鞘炎ではないかと、はじめた段階で思いました。

そして、ぶつけたわけでもないし腫れもほぼないので、骨折はないと思い検査を進めていきました。

ただし私は骨折でなければ、TFCC損傷なのか腱鞘炎なのかはそれほど重要視していません。

今のTさんの痛みの感じであれば、どちらであっても私の筋膜への施術でそこにかかるストレスを取り除けば痛みを改善できると経験上判断できたからです。

なので骨折などの外傷系の症状でないのが確認できたら、すぐに筋膜の状態を確認していきました。

Tさんの筋膜の状態

Tさんの筋膜の状態を確認する前に、Tさんの過去の体のトラブルについて詳細に聞いていきました。

生理学的に、過去痛めた部位の周りに筋膜のコリができやすいためです。

よーく話を聞いていくと、今痛めている右の腕には今までこれといったトラブルはなく、今まで痛くなったことがあるのは、腰と背中ということがわかりました。

なので体幹部分を中心に筋膜の硬さをみていくと、胸の外側に筋膜が特に硬くなっているところを発見しました。

他にも鎖骨の上、肩の外側、前腕にも胸の外側ほどではないですが、硬いところがありました。

 

ここを1か所3分ぐらいかけて丁寧に硬さを取っていきました。

すると・・・

結果は▼をご覧ください。

先輩なので少しわざとらしいのと、最後床に手をつく動きを確認するのを忘れてしまいましたが、手首の小指側の痛みはほぼ改善しました。

先輩も喜んでくれました!

感想

このように手首が痛くても、実際は今痛い手首自体にはそれほど問題はなくて、胸や肩など離れた場所に問題が潜んでいるケースがほとんどです。

この仕事をしていると、人の体は不思議なくらい全身つながって、いろいろなことが複雑に絡み合ってできていることを痛感します。

痛いところの周りを揉んでいるだけでは絶対に治りません。

そして人の体は一人ひとり違うため、完全に治そうと思ったら、この症状だからここをやっておけば平気みたいな黄金の法則は存在しません。

テレビでやっている〇〇メソッドや〇〇体操なんかもある程度は効果があるかもしれませんが、あれが合う人もいれば合わない人もいるわけです。

 

人の体はそんなに単純ではないので、本気で治そうと思ったら絶対専門家にみてもらうべきだと私は考えています。

そしてセールストークになってしまいますが、私は人の体を治すために10年以上勉強し、数えきれない数の患者さんと向き合ってきました。

ですのであなたの体の痛みを改善することには自信があります。

力になりたいです。

手首の痛みでお悩みの方がおられましたら、1度私に気軽にご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2017 All Rights Reserved.