シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

ランニングで股関節に痛みが出る方の治療!原因は筋膜だった

 
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、表参道でランナーの痛み改善を専門にしています、理学療法士の木城拓也です。

 

走ると股関節が痛いんだよねー

Aさん

 

ランナーの方に施術をするときに意外と聞くのがこのお悩み。

 

来月マラソンなのにこれじゃ全然練習できないよ。病院行っても骨に異常なしだし、整骨院行ってお尻と内もも揉んでもらうと、その場は楽になるけど、走るとまたすぐ痛くなるし。

Aさん

 

マラソンが近いのに練習できないのはつらいですよね・・・

 

ランナーの方のこの股関節の痛みの原因は、実は患部ではないことがほとんどです。

 

正確に言うと、患部にも原因はあるけど、そこを治療するだけでは不十分で、それだとまたすぐに戻ってしまいます。

 

じゃあ原因はどこにあるの?

Aさん

 

走ると痛い股関節の痛みの本当の原因は、少し離れたところの筋膜にあることがほとんどです。

 

その辺のところを今回は詳しく書いていきます。

 

ランニングで股関節に痛みが出る一般的な原因と治療

 

ランナーの方の股関節の痛みで今もっとも多いとされているのが、Groin pain syndromeグローインペイン (鼠蹊周囲部痛症候群)ソケイブシュウイブツウショウコウグンです。

 

Groin pain syndromeグローインペイン (鼠蹊周囲部痛症候群)ソケイブシュウイブツウショウコウグンとは

股関節の周りや、鼠蹊部ソケイブに痛みを生じる疾患群の総称で、競技レベルの高い長距離選手などに多くみられる傾向がある。痛みの部位が明瞭出ないことも多い。

 

要するに、骨折や鼠蹊ヘルニアなどレントゲンやMRIの画像で明確に分かるもの以外は、ほとんどこのGroin pain syndromeグローインペイン (鼠蹊周囲部痛症候群)ソケイブシュウイブツウショウコウグンと言われています。

 

そして、このGroin pain syndromeグローインペイン (鼠蹊周囲部痛症候群)ソケイブシュウイブツウショウコウグンの原因は、私たち治療家達が読む文献や教科書的には、『股関節内転筋の硬さや、外転筋力(股関節を外に開く力のこと)の低下』と書かれています。

 

そのため、街の整骨院や整体などでは、内ももの筋肉をほぐしたり、患者を横向きに寝かせて足を上にあげる筋トレなどをさせているところが多いようです。

 

でも実際は、「これをしても治らなかった」という方が私の治療院には多く訪れます。

 

これはなぜでしょう?

 

 

 

それは、『股関節内転筋の硬さや、外転筋力の低下』がなぜ起きているのか?まで考えた治療を受けれていないからです。

 

 

内転筋が硬いからほぐそう。外転筋が弱いから筋トレしよう。で解決するほど、人間の体は単純ではありません。

 

なぜ内転筋が硬くなって、外転筋が弱くなっているのか、まで考えて原因を突き止めて行かないと痛みを根本的に改善することはできないのです。

 

ランニングで股関節に痛みが出る本当の原因と治療

 

私はランニングで股関節に痛みが出る方の本当の原因は、筋膜にあると考えています。

 

それも、股関節とは少し離れたところにある筋膜です。

 

膝や足首や骨盤周りの筋膜が硬くなることで、股関節周りの動きが悪くなったり、痛みが出たりしています。

 

結果として、先ほど上に書いた一般的に言われている『股関節内転筋の硬さや、外転筋力の低下』も起きているのだと考えています。

※筋膜が硬くなることで、筋力や可動域が低下することは生理学的に証明されています。
筋膜について詳しく書いている記事

 

ただし、この硬くなっている筋膜の位置は人によって違います。

 

足首をよく捻挫する人は足首周りの筋膜が硬くなりやすいですし、膝を手術している人は膝の筋膜が硬くなりやすいです。

 

走り方だって人それぞれ違います。

 

ですので、ここでどこの筋膜をストレッチやマッサージしたら治ります。と断言することはできません。

 

ただし、股関節から離れたところにある筋膜を、一つひとつしっかりと検査していけば、股関節の痛みの本当の原因になっている筋膜を突き止めることができます。

 

そしてその本当の原因の筋膜を調整することで、痛みなく走ることができるようになります。

 

▼筋膜調整をアニメーションで説明した動画になります。

 

股関節が痛くなって走れなくなってしまった方が、筋膜調整で改善して1週間後のマラソンで3時間台で完走した改善事例

 

1週間後につくばマラソンを控えていたAさん。

 

以前一度別のイベントの仕事でお会いしたことがあり、知人が紹介してくれたこともあって、Facebookのmessengerで連絡をくれて私のサロンに来てくれました。

 

以下、Aさん談

練習中に、お尻の中?股関節の付け根?らへんが痛くなってしまいました。

 

いくら走っても今までこんなことはなかったので、初めての感覚で少し怖いです。

 

すぐ良くなるかと思っていましたが、数日しても痛みはほとんど変わりません。

 

今は歩くときに若干痛いです。

 

あとは、腰をそったりするとそれでも痛いです。

 

でもぎっくり腰とか腰痛とは明らかに違う感じがします。

 

少しなら無理して走れなくもなさそうだけど、42Kmは厳しそうです。

 

もうつくばマラソンが来週に迫っているので、かなり不安です。

 

なんとかなりますか?

 

とのことでした。

 

股関節の痛みをチェック

 

Aさんの股関節の痛みを実際にチェックしていきました。

股関節痛

 

すると腰を後ろにそろうとすると痛みが出ました。

 

股関節痛2

 

腰を左に倒しても痛みが出ました。

 

 

歩く時に体重がかかると痛みがあるようで、歩くだけで痛いのにマラソンを走るのはとても不安とのこと。

 

他にも寝ながら股関節を動かしても痛いし、可動域も狭くなっているとのことでした。

 

 

股関節痛のランナーAさんの筋膜の硬さチェック

 

次にAさんの筋膜の硬さをチェックしていきました。

 

すると・・・

 

股関節痛 筋膜

 

こうして確認していくと、痛い股関節以外にも左の足の裏や膝の周囲にも明らかな硬さを見つけることができました。

 

そしてここを筋膜調整していきました。

 

 

 

Aさん「だいぶ良くなりました!痛みはほとんどなくて、さっきを10だとしたら今2ぐらいです!」

 

とのことでした。

 

ただ、1週間後にフルマラソンということで、まだまだこれだと不安だったので、マラソンの2日前に予約を入れてくれました。

※本当は、筋膜調整をしてから3日ぐらいは安静にしてもらいたいのですが、今回はマラソンの日まで時間がなかったため直前に入れてもらいました。

 

2回目の筋膜調整

 

2回目は、来てもらった時点でほとんど痛みはなくなっていました。

 

Aさん「あれから木城さんの言っていた通りに、3日後から急になんともなくなりました。何故なんですか?」

筋膜調整では、硬くなった筋膜内のヒアルロン酸を炎症反応による熱で溶かしています。その炎症反応は生理学的に72時間ぐらいは持続するので、日が経てば経つほど良くなるケースが結構あるんです。

木城

 

ということでほとんど痛みはなかったのですが、念のために1回目でチェックしきれなかった痛い足とは反対足の右足の筋膜もチェックしていきました。

 

すると、

右の膝と股関節周りにも硬さがありました。

 

ここを入念に筋膜調整したところ・・・

 

詳細は▼の動画をご覧ください。

 

 

Aさん「痛み0です!今日は可動域もめちゃくちゃ広がりました!!」

 

と喜んでいただけました。

 

▼お客様アンケートもいただきました。

 

股関節痛 お客様の声

 

以下、お客様アンケート ※本人 (原文のまま)

 

Q.ここに来られる前、どのような悩みがありましたか?

左の尻が痛かった

 

Q.ここに来られる前に、その悩みを改善するために何をしてきましたか? もしされていればその結果どうなったかも教えてください。

ストレッチ、マッサージ →  効果なし

水泳 →  少し効果あり

 

Q.ここで施術を受けてみようと思っていただいたのはなぜですか?

都築さんの紹介。筋膜リリースに興味があった

 

Q.ここで施術を受けた結果、悩みは(痛みやできなかったこと等)どうなりましたか?

 びっくりするぐらい解消した!

 

Q.これから施術を受けてみようと思う方へ一言お願いします。

ぜひ一度試してみてください。術後3日目くらいからウソのように痛みが消えます!

 

つくばマラソン終了後

 

そして気になるつくばマラソンの結果。

 

ここでまた痛くなって、途中リタイアになってしまっていたら、なんの意味もありません。

 

当日私もずっと気になっていました。

 

すると夕方Aさんから連絡が来ました!

 

股関節痛Aさん お客様の声

以下、Aさんからのメール(原文のまま)

 

木城さん やりましたよ!
完走!しかも4時間切りのおまけ付き(@_@;
木城さんのおかげです!ありがとうございました😊

 

ということで、つくばマラソン完走&4時間切り達成できたそうです!

 

なんとかマラソンに間に合わせることができて、喜んでいただけて本当によかったです。

 

まとめ

 

ランナーの方の股関節痛は、Groin pain syndromeグローインペイン (鼠蹊周囲部痛症候群)ソケイブシュウイブツウショウコウグンで、内転筋のマッサージやストレッチ、外転筋の筋トレが有効と言われているが、それだけではまた走ったら痛くなってしまう。

 

ランナーの股関節の痛みの本当の原因は、痛いところから少し離れたところの筋膜にある。

 

そして、そこの硬くなった筋膜を調整することで、マラソンを走っても大丈夫になります。

 

  • 股関節が痛くて走れない方
  • 股関節痛が病院や整骨院に行ってもなかなか改善しない方
  • 股関節痛がひどいけど、近日中にマラソンや大会が控えている方

 

力になれる自信があります。

 

1度筋膜調整を試してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
青山のサロンで体の痛みでお困りの方に対して、筋膜の施術をメインに行っております。長年整形外科に理学療法士として勤めてきた経験を活かして、他の記事よりも、より困っている人の役に立つ、突っ込んだ内容の記事を書いていければと思います。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2018 All Rights Reserved.