シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など 表参道駅徒歩2分の筋膜整体

オスグッドが治らないで再発する原因と自分でできる対処法について徹底解説します。

 
オスグッド  治らない
この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

 

  • オスグッド が治らない
  • オスグッドが大人になって再発した

 

などのような人がよく当院に来られます。

 

先生、私もうすぐ30才なのに、未だにオスグッドの場所がよく痛んで治りません。

田中さん

 

え、でもオスグッドは子供達がよくなる成長痛じゃないんですか?

骨の成長に筋肉がついて行かないってやつですよね。

田中さん(旦那)

 

ほんとだ!ネットにも成長痛って書いてある。

ってことは私まだ成長してるんですね!やったー!

田中さん

 

それは違います。

 

現に田中さんは今もう身長伸びていませんよね?

 

確かに・・・

田中さん

 

オスグッドの場所が痛いからといって、必ずしも成長痛とは限りません。

 

また、オスグッドがなかなか治らない人や再発する人も、痛みの原因が100%オスグッドによるものとは限らないんです。

 

では、なぜオスグットの場所が痛むのでしょう?

 

原因は、筋膜がオスグッドのボコッと出てる場所を上方向に引っ張っているから!のケースが多いです。

 

つまり、大人でもオスグッドのような症状が出ている人は、筋膜が引っ張る刺激を与えている関係でオスグッドのような痛みが出ますし、オスグッドがなかなか治らない人も、筋膜が引っ張り続けている関係で痛みが治らないケースが非常に多いです。

 

おそらくこの記事を読んでいる人は、以下のような人が多いと思いますので、今回はオスグッドが治らない原因について書いていきます。

  • オスグッドが大人になって再発して困っている
  • オスグッドの痛みがなかなか治らなくて困っている

 

この記事を読む事で、オスグッドで悩むあなたの悩みが解決される可能性が高いので、読んでいただければと思います。

 

オスグッドとは?

オスグッド  治らない

一般的にオスグッドは、前ももの筋肉が成長過程の脛骨と呼ばれるすねの骨を引っ張るのが原因と言われています。

 

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。

膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。

オスグッド病の病態

 

成長過程のすねの骨は、成人のように完成されていないので、引っ張られると骨の表面が剥がされて痛みがでます。

 

大人になるとすねの骨が剥がされるようなことはありませんが、ここに強い負荷がかかり続けると、同じように痛みが発生します。

 

つまり子供だろうと大人だろうと、そこに負荷がかかり続けることで、痛みが出ていることに変わりはないのです。

 

オスグッド は基本的には成長期の学生や女子に多いですが、大人になってからなる人もいます。

 

さらに、1回オスグッド になった人が何回も再発するケースも多く、治らないで悩む人が多くいます。

 

オスグッド が再発する理由

でも、なんでオスグッド は再発するんでしょうか?

 

理由は単純で、根本の原因が治っていないからです。

 

なので、一時的にオスグッド の痛みが治っても、数年後に再発を繰り返してしまう人が多いんです。

 

ですので、再発をさせないためには根本的な原因を改善する事が大事になります。

 

オスグッドの原因

オスグッド  治らない

次は、オスグッド の原因について解説をします。

 

オスグッド の原因は3つあります。

 

1.姿勢が悪くて後方重心になっている

この写真のように重心が後方にあると、どうしても体を支えるために前ももの筋肉が突っ張ってしまいます。

 

オスグッド  治らない

 

 

これは、シーソーと同じ原理で、姿勢が悪くて重心が後ろにあればあるほど、前モモの筋肉に負担がかかります。

 

ですので、普段から姿勢が悪い人は前モモの筋肉に負担がかかり続けているのでオスグッド になりやすいですし、治りにくいです。

 

さらに、姿勢は大人になってもずっと悪い人が多いので、オスグッド を再発する可能性が高くなってしまいます。

 

2.筋肉が硬い

オスグッド は、膝の前につくモモの筋肉が硬いと起こりやすいです。

 

詳しくは、大腿四頭筋というモモの前の筋肉です。

オスグッド  治らない

 

この筋肉が硬いとオスグッド になりやすいため、このようなストレッチをする事で痛みが軽減する人もいます。

 

 

他にはモモの前の筋肉をマッサージする事でも筋肉がほぐれるため、オスグッド の痛みが軽減したりします。

 

しかし、これらをやってもオスグッド が治らない人や再発してしまう人も多くいます。

 

そのことについては後半で解説をします。

 

3.運動量が多い

オスグッド は成長期の学生に多いのですが、これはまだ筋肉や骨がしっかりしていない学生なのに運動をしすぎてしまう事が原因の1つとしてあります。

 

もちろん、同じように運動をしていてもオスグッド にならない人もいますので、運動量が多いのが全ての原因ではないですが、1つの要因としてあるのは間違い無いです。

 

オスグッドが治らないで再発する原因

オスグッド  治らない

ここまでオスグッド の原因を解説しましたが、筋肉をマッサージしたりストレッチしても治らずに再発してしまう人が多いです。

 

なぜでしょうか?

 

それは、筋肉が根本的な原因ではないからです。

 

え?筋肉が原因じゃないの?

 

って思うと思います。

 

確かに昔は、筋肉が原因でオスグッド になると考えられていました。

 

しかし、近年になって筋肉を包んでいる筋膜に問題がある事がわかってきています。

 

オスグッド  治らない

 

筋膜とは

筋膜は筋肉を包むようにして覆っている薄い膜です。

 

この筋膜は筋肉を1本1本包んでいるため、筋膜が硬くなってしまう事で筋肉にも悪影響が出て痛みなどを引き起こします。

 

なので、オスグッド だからといって、膝の周りに原因があるわけでなく、以下のように膝と繋がっている場所に原因がある事が考えられます。

  1. 腹筋
  2. スネ
  3. 足首

オスグッド  治らない

そのため、今まで膝しかマッサージして来なかった人は本当の原因にアプローチできていない可能性があって、治らなかった可能性があります。

 

筋膜の問題を改善するには

筋膜の問題を改善するには筋膜を調整する事が有効です。

 

筋膜の調整に関しては、言葉で説明すると難しくてすごくわかりづらくなってしまうので、簡単なアニメーション動画を用意しました。(2分22秒ほどです。)

 

1度ご覧ください。

 

このようにすると筋膜をほぐす事ができます。

 

と言われてもわかりにくいと思いますので、実際の改善例を紹介します。

 

オスグッドが治らないで再発していたケース

オスグッド  治らない

今回紹介するのは大人になってオスグッドが再発してから治らない20代女性Hさんが、筋膜調整によって改善したケースです。

 

以下、Hさん談

小学校4年生の時に、オスグッドになったんです。

 

その時は運動するときとか痛かったです。

 

それからは、痛みが治ったり消えたりを繰り返していて治らない状態で、最近また再発した感じです。

 

今はしゃがんだり、階段の昇り降りをするとかなり痛いです。

 

正座をするだけでも痛いです。

 

ずっと治らなくて困っています。

とのことでした。

 

オスグッド が治らないHさんの状態をチェック

Hさんに今のオスグッドの痛みがどんな感じか見せてもらいました。

 

すると、以下の3つの動きで痛みが出ました。

 

1.体重をかけて曲げると痛い

オスグッド  治らない

 

2.しゃがむと痛い

オスグッド  治らない

 

3.正座をすると痛い、特に正座する途中が痛い

オスグッド  治らない

とのことでした。

 

これがずっと治らないのは辛いですよね、、

 

オスグッドが治らないHさんの筋膜をチェック

次にHさんの筋膜で硬い場所がないかチェックしていきました。

 

すると、痛いのは膝ですが以下の場所で筋膜が硬い場所が確認できました。

  1. モモの内側
  2. ふくらはぎの内側
  3. 足首の内側

 

オスグッド  治らない

 

このように膝と繋がっている筋膜にたくさん硬い場所があるので、膝をマッサージしても治らないで再発する理由がわかります。

 

実際にHさんの場合は、足の内側に筋膜が硬くなっている場所がたくさんありました。

 

オスグッドが治らないHさんの施術結果

 

Hさんの筋膜が硬くなっている足の内側に対して筋膜調整をしていきました。

 

結果はこの動画をご覧ください。

 

今回のケースは、実際に1度の施術で改善がみられました。

 

このように、大人になってオスグッドが再発している人や治らない人は、膝と繋がっている筋膜が硬くなっている可能性があり、その筋膜をほぐす事でなかなか治らない痛みでも改善がする事が多いです。

 

筋膜の施術についての記事

 

実際にHさんが硬かった場所

 

Hさんのオスグッド が治らない原因は、以下の場所の筋膜でした。

 

この場所は他にもオスグッド が治らない人も硬くなっている事が多いため、あなたもマッサージしてみて痛みの変化を感じてみてください。

 

※マッサージを不適切な方法や自己流でやった場合は、効果がなかったり悪化するケースがあるので、わからない場合や痛みが悪化する場合は無理に行わないようにしましょう。

 

治らないで再発するオスグッドを治したい人へ

オスグッド  治らない

これらをやってみて、オスグッド の痛みが治る人もいれば、治らない人もいると思います。

 

あまり変わらない人は、自分でやるには限界があると思いますので、私たちプロに任せてください。

 

実際に当院にはオスグッド が治らないで再発する人が多く来られていますが、多くの人が1〜3回以内の施術で改善しています。

 

もちろん、あなたも必ず1〜3回以内に痛みが改善するとは言い切れませんが、他の整体よりは早く改善できる自信があります。

 

ですので、私たちに任せてください!

 

あなたは、オスグッド が治ったら、

  • どれだけ楽になりますか?
  • すごい嬉しくありませんか?
  • 気持的にも楽ですよね?

 

私たちがそれを実現させるために、全力でサポートさせていただきます。

 

少しでも気になる事がありましたら気軽にお問い合わせしてください!

 

 

他にも気になる事があれば、気軽にお問い合わせしていただければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
玉川 大悟
理学療法士の国家資格を取得後、都内のスポーツ整形外科クリニックでプロスポーツ選手や箱根駅伝選手などを担当し、技術を磨いてきました。 その過程でイタリアのドクターが考案した国際コースである『Fascial manipulation(筋膜マニピュレーション)』のコースを修了しています。 筋膜を通じて痛みに悩まされている人を救いたいです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY 表参道店 , 2018 All Rights Reserved.