シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

腸脛靭帯炎は走りながら治せるの?ランニングで膝の外側に痛みが出る本当の原因とは?

 
ランニングで膝の外側に痛みが出る本当の原因は筋膜かもしれない?
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

 

来月マラソンなのに、ちょっとランニングするだけで膝の外側が痛くて走れません・・・。

ランナーの染井さん

 

ランナーの方にとって、1番練習したい時期にこれは本当にしんどいですよね・・・

 

ランナー専門の治療院をしていると、この『ランニングで膝の外側が痛い』って方が非常に多いです。

 

でも病院に行くとたいていの場合

 

骨には異常ありません。腸脛靭帯炎ちょうけいじんたいえんですね。湿布出しとくので安静にしてください。

吉野整形外科 院長

 

となってしまいます。

 

安静にしてれば治るのはわかるけど、マラソン出るために走りたいから来てるのに・・・

ランナーの染井さん

 

ランナーの方だって休んだ方が良いのはわかっているんです。

 

それでも走りたいのです。

 

この気持ちは私もずっとスポーツをしてきたのでよくわかります。

 

なんとか走りながら治せる方法はないか。

 

そう考えて次は、近所の整骨院に通ってます。なんて方が多いんじゃないでしょうか?

 

 

接骨院では、膝に電気を当てたり、外側の筋肉にマッサージやストレッチをしてもらうと、その場はとても楽になります。

 

でもランニングをすると結局また膝の外側が痛くなりませんか?

 

これには理由があります。

 

 

膝の外側が痛いからといって、そこばかりマッサージやストレッチをしていてもダメなんです!

 

本当の原因は、膝自体にはほとんどありません。

 

本当の原因は、膝から少し離れたところの筋膜にあります。

 

今回は『ランニングで膝の外側が痛い本当の原因と改善方法』について書いていきたいと思います。

 

ランニングで膝の外側に痛みが出る一般的な原因

 

ここではまず、一般的に言われているランナーの方が膝の外側が痛くなる原因をご紹介させていただきます。※あくまで一般論なので私はこの限りではないと考えています。

 

ランニングで膝の外側が痛くなる可能性がある一般的な原因
  • 腸脛靭帯炎ちょうけいじんたいえん
  • 外側の半月板の損傷
  • 外側側副靭帯の損傷

 

ランニングで膝の外側が痛くなる原因で、一般的に言われているのがこれらだと思います。

 

では1つずつ見ていきます。

 

腸脛靭帯炎ちょうけいじんたいえんでランニング時に膝の外側が痛い

 

ランナーの方の膝の外側が痛みの多くが、この腸脛靭帯炎ちょうけいじんたいえんです。

 

簡単に説明させていただきます。

 

腸脛靭帯炎

 

腸脛靭帯炎ちょうけいじんたいえんとは、上の図で赤丸で囲んだ位置の炎症です。

 

腸脛靭帯は、大腿筋膜張筋だいたいきんまくちょうきん大殿筋だいでんきんが合わさり、膝に近くに連れて次第に靭帯になったものです。

 

つまり、腸脛靭帯は靭帯と名前がついていますがもともとは筋肉です。

 

この腸脛靱帯がなんらかの要因により炎症を起こすと、腸脛靭帯炎ちょうけいじんたいえんと呼ばれ、ランニング時に膝の外側に痛みを生じさせます。

 

外側の半月板の損傷でランニング時に膝の外側が痛い

ごくたまに見られるのが、この

『外側の半月板の損傷による痛み』です。

外側半月板

 

▲の図の赤い線のところの周りを見ていただくとわかりますが、すねの骨と太ももの骨の間にあるのが半月板で、これがクッションの役割をしています。

 

ここが損傷していると、ランニング時に痛みが出ることがあります。

 

ただしこれに関しては

 

外側の半月板が損傷している = 必ず痛い

 

というわけではありません。

 

最新の医学では、外側の半月板が損傷していても、損傷の程度によっては痛くない人もいることがわかっています。

 

この損傷に関しては、MRIである程度確認することができます。

 

私の感覚としては、膝の外側に痛みがあるランナーで外側の半月板が本当の痛みの原因となっているケースは、それほど多くないと感じています。

 

外側側副靭帯の損傷でランニング時に膝の外側が痛い

 

結論から先に書かせていただくと、ランナーの方のランニング時の膝の外側の痛みが、外側側副靱帯の損傷によるものである可能性はほとんどないです。

 

日本整形外科学会では、外側側副靱帯損傷について▼のように書かれています。

 

□原因と病態

スポーツ外傷や交通事故などで大きな力が膝に加わった時に、その外力の方向に応じて種々の靭帯損傷を生じます。

内反強制により外側側副靭帯は損傷。

 

□症状

急性期(受傷後3週間くらい)には膝の痛みと可動域制限がみられます。しばらくして腫れ(関節内血腫)が目立ってくることもあります。急性期を過ぎると痛み、腫れ、可動域制限はいずれも軽快してきます。

引用元:公益社団法人日本整形外科学会「膝靭帯損傷」

アクセス2018/2/19   https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/ligament_injury_of_th_knee.html

 

つまり外側側副靱帯の損傷は、ランニングをしているうちにだんだん痛くなるようなタイプのものではないということです。

 

そしてもし仮に損傷していても、3〜6週間で靱帯は回復するようにできているため、時期がある程度たっているのにランニングでずっと外側が痛いということは、外側側副靱帯の損傷ではないのです。

 

結局ランニング時の膝の外側の痛みはどうしたら治るの?

 

今の話聞いたら多分俺は腸脛靱帯炎だと思うんだけど、結局どうすればいいの?来月のマラソン出たいんだけど。どうすれば治るの?

ランナーの染井さん

 

ランニング時の膝の外側の痛みは、筋膜調整で改善することができます。

 

上で書かせていただいた通り、ランニング時の膝の外側の痛みのほとんどが、腸脛靱帯炎を中心とした筋・筋膜系のトラブルです。

 

明確に腸脛靱帯炎の診断がついていなくても、経験上ランナーの膝の外側の痛みは筋・筋膜系による痛みがほとんどです。

 

ですので、この筋や筋膜にかかる負荷を取り除くことで、痛みは改善できます。

 

ただし、膝の外側の筋肉や腸脛靱帯自体だけをマッサージしてもダメです。

 

膝の外側の痛みの原因は、膝の外側にあるとは限らないからです。

 

ランニングで膝の外側に痛みが出る本当の原因はどこにあるの?

 

で、じゃあ俺の膝の外側の痛みはどこを筋膜を調整したら治るの?早く本当の原因教えてよ

ランナーの染井さん

 

ごめんなさい染井さん、実は原因になるところは人によってそれぞれ違うのです。

 

もも裏にある人もいれば、足の甲ににある人もいます。

 

時には腕にある人だっています。

 

その方の過去の怪我の状況や手術歴、これまで育ってきた環境や、続けてきたスポーツなどによっても原因は変わってきます。

 

 

共通していることは、人の体は▼の図のように筋膜という膜で全身が繋がっているということです。

 

 

ですので、膝の外側が痛くても、その痛みの原因が膝の外側自体にあるとは限らないのです。

 

(※この動画の話は肩について語っていますが、膝でも同じことが言えます。)

 

ランニングで膝の外側に痛みが出るランナーの方の改善事例

 

2週間後にマラソンを控えているという市民ランナーYさんの話

 

以下、Yさん談

2年前からランニングをはじめて、最近は月平均200Kmぐらい走っていました。

 

今までもたまに走ると膝の外側が痛いなーと思うことはあったんですよ。

 

ただ先週から痛みが強くなって、2Kmぐらい走るともう痛すぎて走れません。

 

少し我慢して走り続けると、終わってからは歩くのもびっこになってしまいます。

 

再来週がマラソン本番なんで、なんとかここで治して出たいんです。

 

よろしくお願いします。

 

とのことでした。

 

ランニングで膝の外側に痛みが出るランナーYさんの痛みの状態をチェック

 

早速Yさんの膝の痛みをチェックしていくことにしました。

 

ただYさんの場合、

「日常的に痛いわけではないため、走らないと痛みが出ない。走った翌日だと曲げるだけで痛いけど、もうここ数日走ってないからここで痛みはここでパッと出ないかもしれない」

 

とのことでした。

 

それでも施術の途中で、痛みがどう変わったか、施術の方針が正しいかどうか、の効果判定をしたかったので、色々な動きを試しにやってもらいました。

 

すると・・・

 

 

腸脛靱帯炎

 

片足で立って膝を曲げてもらうと痛みが出ることがわかりました。

 

ランニングで膝の外側に痛みが出るランナーYさんの筋膜の状態をチェック

 

次にYさんの筋膜の状態を調べていきました。

 

腸脛靱帯炎

 

Yさんは右足を中心に、筋膜の硬いところがたくさんみつかりました。

 

上の図を見ていただくとわかるのですが、膝以外にもたくさん悪いところが出てきました。

 

ここを1つひとつ筋膜調整していきました。

 

ランニングで膝の外側に痛みが出るランナーYさんに筋膜調整をした結果

右足を中心に合計8箇所の筋膜を調整していきました。

 

筋膜調整に関しては、▼のアニメーション動画でわかりやすく説明していますので、こちらをご覧んください。


すると・・・

 

 

 

腸脛靱帯炎の痛みなし

 

先ほど痛かった片足で屈伸をしても、膝の痛みがなくなりました。

 

後日走ってもらったところ若干違和感が残っていたため、念のためにもう一度施術を行いマラソン本番に挑んでもらいました。

 

 

〜マラソン翌日〜

 

腸脛靱帯炎のランナーからのライン

 

 

以下、KさんからのLINE(原文のまま)

木城 先生

お世話になっております。

おかげさまでマラソン出れました!
レース中も特に痛くなることもなく、体の調子はとても良好でした。
タイムの方は不良でしたが、これはただの練習不足だと思います(笑)

これからは膝も治ったのでちゃんと練習もできそうですし、大満足です。
本当にありがとうございました!
また痛くなったら宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

マラソンや試合にに出れました、の報告は本当に嬉しくて、この仕事をやっててよかったと思える瞬間の一つです。

 

まとめ

 

ランニングで膝の外側が痛くなる一般的な原因は

ランニングで膝の外側が痛くなる可能性がある一般的な原因
  • 腸脛靭帯炎ちょうけいじんたいえん
  • 外側の半月板の損傷
  • 外側側副靭帯の損傷

と言われています。

 

ですが実際のところ、ほとんどの場合が腸脛靱帯炎を中心とした筋・筋膜系による痛みです。

 

この腸脛靱帯炎を中心とした筋・筋膜系の痛みは、ただ単純に膝の外側を治療しても治りません。

 

なぜなら本当の原因は、膝自体にあるわけではないからです。

 

本当の原因は、膝から少し離れたところの筋膜にあります。

 

ここを筋膜調整することで、ランニングをしても痛みが出なくすることが可能です。

 

  • ランニングで膝の外側が痛い方
  • マラソンの本番が近いのに痛くて練習できずにお困りの方

 

力になりたいです。

 

1度気軽にご相談ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2018 All Rights Reserved.