シンスプリント、アキレス腱炎、捻挫後の後遺症、足底腱膜炎、ランニングによる膝痛・腰痛・股関節痛など

ドケルバン病は注射や電気で治療しても治らない!?本当の原因は少し離れた筋膜にあった

 
ドケルバン病は注射や電気で治療しても治らない
この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

 

親指を動かすと手首から親指の付け根にかけてが痛いです。どこに行っても治りません。

Aさん

 

親指って何をするのにも使いますし、辛いですよね・・・

 

そしてみなさん辛いので病院に行かれて、

 

ドケルバン腱鞘炎ですね。親指に注射してみましょうか。

お医者さん

 

となることが多いようです。

 

先生!でも注射も全然効きませんでした。

Aさん

 

そうなんですよね。

「ドケルバン病で親指に注射を打ったけどほとんど効かなかった」

 

という方が結構私のところに来られます。

 

 

注射はなぜ効かないのでしょうか?

 

それはドケルバン病の本当の原因は、親指と手首とは別のところにあるからです。

 

ですので、親指と手首だけを治療しても治りません。

 

私は、親指と手首を直接治療するよりも、親指から少し離れたところの筋膜を調整することで、ドケルバン病を改善することができると考えています。

木城

 

親指から少し離れた筋膜って具体的にどこですか?

Aさん

 

わかりました。

ではその辺りも含めて、ドケルバン病の本当の原因についてこれから1つひとつ書いていきますね。

 

ドケルバン病の一般的な原因

 

症状

①短母指伸筋腱(たんぼししんきんけん)
主に母指を伸ばす働きをする腱の一本です。
②長母指外転筋腱(ちょうぼしがいてんきんけん)
主に母指を広げる働きをする腱の一本です。
③腱鞘(けんしょう)
①と②の腱が通るトンネルです。

引用元:公益社団法人日本整形外科学会 『ドケルバン病』(アクセス2018/3/22)http://www.joa.or.jp/public/sick/condition/de_quervain_disease.html

 

『ドケルバン病』は、別名『ドケルバン腱鞘炎』とも呼ばれるように、腱鞘炎のことです。

 

▲の図を見てもらうとわかるように、3が腱鞘で、ここの下を1短母指伸筋腱たんぼししんきんけん、2長母指外転筋腱ちょうぼしがいてんきんけんが通っています。

ですので、親指や手首をたくさん使うと、ここで炎症が起きて痛みが出ると言われています。

 

なるほどなるほど!じゃあこの2つの筋肉をしっかりマッサージしてほぐしていけばいいんですね!

Aさん

 

残念ながら、そういうわけではありません!

 

それでよくなるようであれば、親指に注射を打つのでもよくなりそうじゃないですか?

 

うーーーん、たしかに・・・

Aさん

 

その2つの筋肉が張っているから炎症が起きる。

 

これは確かにあると思います。

 

でもその2つの筋肉が張ってしまう原因は、実は肘や肩や体の方にあることが多いのです。

 

ドケルバン病の本当の原因

 

さっき出てきた、ドケルバン病の直接の原因になっている2つの筋肉(1短母指伸筋腱たんぼししんきんけん、2長母指外転筋腱ちょうぼしがいてんきんけん

 

引用元:フィットネスのすすめ『長母指伸筋』(アクセス2018/3/22)

http://www.i-l-fitness-jp.com/aboutbody/muscle/detail_074.html

 

この2つの筋肉は▲の図を見ていただけばわかるように、腕の前側に付いているため、肘や肩とはつながっていません。

 

それなのに肘や肩や体の方に原因があるなんておかしいだろ!

専門家のBさん

 

少し体のことに詳しい人や、ネットで色々体に付いて調べられた人ほど、そう思われた方が多いと思います。

 

でも▼の絵をご覧ください。

筋膜

 

このように、筋膜は全身を1つの膜で覆っています。

 

つまり、筋肉は肘や肩とつながっていなくても、筋膜はつながっているのです。

 

ドケルバン病が親指への注射やマッサージで治らないわけ

 

筋肉はつながっていなくても、筋膜は肘や肩ともつながっている。

 

ですので、肘や肩の筋膜が硬くなっていると、そこが親指の筋肉や筋膜を引っ張ってしまいます。

 

ドケルバン病と筋膜

つまりこの場合は、ドケルバン病の本当の原因は肘や肩の筋膜にあるのです。

 

それなのに、痛いのが親指だからといってそこばかりマッサージをしたり、注射を打ったりしてもよくなるわけがありません。

 

そうなんですね!じゃあ私も肘と肩のマッサージをすれば治るってことですね!

Aさん

 

それは違うのです!いま例にだした方がたまたま肘・肩の筋膜だっただけで、Aさんもそうとは限りません。硬くて痛みの原因になっている筋膜は人によって違うんです。

 

ドケルバン病の本当の原因はどこの筋膜にあるのか?

 

ドケルバン病の原因になる筋膜は、人それぞれ違います。

 

なぜなら私たちは1人ひとり、過去にした怪我や病気、過ごしてきた環境、今までしてきたスポーツなどが違うからです。

 

筋膜が硬くなる原因

筋膜が原因だとして、じゃあ筋膜はなんで硬くなるんですか?

Aさん

 

筋膜が硬くなる原因は主に▼の5つがあります。

 

  1. 関節や筋肉・骨・靭帯などを痛めた
  2. 病気や体の不調
  3. 手術
  4. ギブスやテーピングで動かさない期間が続く
  5. 使いすぎ

 

これらの状態が起きるたびに、少しずつ筋膜は硬くなっていきます。

 

ドケルバン病を治すためには筋膜の硬さをどうする必要があるのか?

 

じゃあドケルバン病を治すには、硬くなった筋膜はどうしたらいいんですか?

Aさん

 

私は硬くなった筋膜を調整することで、ドケルバン病を改善することができると考えています。

 

筋膜調整とは

 

筋膜調整ってなんですか?どうやるんですか?

Aさん

 

筋膜調整に関しては、小難しい話になってしまい文字では伝わりずらいので、アニメーション動画を用意しました。

 

▼をご覧ください。

 


このように、わざと炎症反応を起こさせることで、熱を発生させ、硬くなった筋膜(ヒアルロン酸の分子)を溶かしていきます。

 

痛そうですね(笑)これで本当にドケルバン病は治るんですか?

Aさん

 

では実際の改善事例をご紹介しますね。

 

ドケルバン病が注射でも治らず手術をすすめられていたAさんの改善事例

 

病院でドケルバン病と診断された、50代女性の話

 

以下、Aさん談

半年ぐらい前から、親指の付け根と手首の辺りが痛むようになりました。

 

スマホをいじっている時に、痛みのような違和感のような物を感じたのがはじまりです。

 

それから、物を持ち上げたり、ペンを握ったりする時などの日常生活でも、痛みが出るようになりました。

 

それからしばらくして、仕事でパソコンを使う時も痛くなりはじめました。

 

いよいよマズイと思ったので、病院に行ったら『ドケルバン腱鞘炎』だと言われました。

 

そこから注射をうったり電気治療をしたり、2ヶ月ほどしましたが一向に改善されません。

 

知り合いの紹介で、針にも行きましたがダメでした。

 

最近行った医者からは手術も勧められましたが、なるべく手術はしなくても済むなら、そうしたいと思っています。

 

とのことでした。

 

ドケルバン病が注射でも治らず手術をすすめられていたAさんの痛みの状況

Aさんに痛みの状況を伺うと、その場で痛い動きをやって見せてくれました。

 

痛い動きは

  • 親指を曲げた時
  • ペンを握った時
  • 物を持つ時

 

が痛いとのことでした。

 

痛い場所

※写真は私の手です

 

ファンケルシュタインテスト陽性

ドケルバン腱鞘炎という診断がすでに付いていましたが、一応私の方でも確認のため、『ファンケルシュタインテスト』と呼ばれる、ドケルバン病かどうかを調べるテストを実施しました。

 

上記の部位に腫脹や圧痛があり、母指と一緒に手首を小指側に曲げると痛みがいっそう強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト変法)。
正しくは母指を写真のように小指側に牽引したときに痛みが強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト)。

フィンケルシュタインテスト変法フィンケルシュタインテスト変法フィンケルシュタインテストフィンケルシュタインテスト

自分で調べるには手首を直角に曲げ母指を伸ばしたときに疼痛が増強するか否かで判定します(岩原・野末のサイン)。

引用元:公益社団法人 日本手外科学会「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」(アクセス2018/3/23)

http://www.joa.or.jp/public/sick/condition/de_quervain_disease.html

 

すると、やはりこれでも痛みが再現できました。

 

ドケルバン病が注射でも治らず手術をすすめられていたAさんの筋膜の状況

次にAさんの筋膜の硬さを調べていきました。

 

ドケルバン病のAさんの筋膜の硬さ

 

Aさんの筋膜の硬さをチェックすると、親指以外にも肘や肩や体にかなり多くの筋膜の硬さがみられました。

 

ドケルバン病が注射でも治らず手術をすすめられていたAさんに筋膜調整を実施

Aさんに対して、先ほどのチェックで見つかった硬い筋膜を、調整していきました。

 

すると1回目の施術で、痛みの軽減がみられました。

 

具体的には

  • パソコンの仕事が、いつもより明らかに休憩なしで長時間続けられるようになった
  • ペッドボトルなどの軽い物なら持っても大丈夫になった
  • ペンを握って字を書くときの痛みが軽減した(まだ少し痛みが残る)

 

2回目の施術は8日後に実施しました

2回目の施術後も痛みが軽減しました。

ただし、まだ痛みは残ってしまいました。

 

具体的には

  • パソコン作業はほぼ問題なくなった
  • 荷物は重たいもの以外は大丈夫になったが、まだ仕事のカバンを親指に引っ掛けて持ったりすると痛い
  • スマホを長時間いじっていると続けられないほどではないがやや痛い

 

3回目の施術は2週間後

3回目の施術後

  • ほとんど痛みはなくなり、日常生活を送るにはなんの支障もなくなった
  • まだ重いものを持ったり、スマホを長時間していると若干の違和感が出ることがある

 

と、ここで一旦施術終了となりました。

 

個人的には、まだやや違和感が残っているのが悔しいです。

ただ、ひとまず手術しなくても、日常生活を支障なく送ることができるようになったのでよかったです。

 

 

以下、お客様からの喜びの声(原文のまま)

先日はありがとうございました。
おかげさまで、手首の方はとても調子がいいです⤴
まだ若干の違和感を感じることはありますが、日常生活にはほとんど支障ありません。
手術することも考えていたので、ここまで良くなってとっても嬉しいです。
先生のおかげです😊
また何かあったら連絡させてもらいますね!
本当にありがとうございました✨

 

まとめ

 

ドケルバン病は、短母指伸筋腱たんぼししんきんけんと、長母指外転筋腱ちょうぼしがいてんきんが通過する、腱鞘けんしょうと呼ばれるところの炎症です。

 

ただし、だからといってこの短母指伸筋腱たんぼししんきんけんと、長母指外転筋腱ちょうぼしがいてんきんのマッサージをしたり、注射をうったりしてもなかなかよくなりません。

 

なぜならこの短母指伸筋腱たんぼししんきんけんと、長母指外転筋腱ちょうぼしがいてんきんの筋肉が張ってしまう原因は、親指からは少し離れたところの筋膜にあるからです。

 

私のところでは、この本当の原因になっている、親指から少し離れたところにある筋膜を調整します。

 

これにより、ドケルバン病が改善する方を今まで何度も経験してきました。

 

今まで親指や手首のマッサージや注射をしてきたけれども、なかなか痛みが改善しないという方

 

力になれる自信があります。

 

1度ご相談ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
木城拓也
理学療法士の国家資格を保有しています。 2011/4〜2014/ 3まで『医療法人社団慶優会 増本整形外科クリニック』、2014/12〜2017/12まで『医療法人社団明由会 今給黎整形外科クリニック』で理学療法士として勤務していました。 イタリアの医者と理学療法士が考案した『筋膜マニピュレーション』という国際コースを2016年8月に全て修了しています。 2018年10月より『青山筋膜整体 理学BODY』を開業し、筋膜調整により体の痛みで悩んでいる方に施術を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 青山筋膜整体 理学BODY , 2018 All Rights Reserved.